タグ:舘野泉 ( 6 ) タグの人気記事

音楽に向き合う旅路

 最近行ったコンサートのことを。ピアニスト・舘野泉さんのコンサートに行ってきました。舘野さんのコンサートにはこれまで何度か行く機会があり(自分でも信じられない)、その度にその音楽・演奏に魅了されてきました。今回は数年ぶり。コンサートと言っても、息子さんでヴァイオリニストのヤンネ・舘野さんのコンサートのアンコールにサプライズ出演されるという形もあったので、舘野さんのソロをたっぷりと聞けるのは久しぶりでした。
 コンサートには、弟さんでチェリストの舘野英司さんも共演。これも楽しみでした。

【プログラム】
・J.S.バッハ(ブラームス編曲):シャコンヌ
・間宮芳生:風のしるし より第2番・山にいて夜鳴く鳥の声
       5つのフィンランド民謡(ピアノとチェロ) より第3曲・家なきこじき
       風のしるし より第5番・フィンランド民謡によるミニ・シャコンヌ
       5つのフィンランド民謡(ピアノとチェロ) より第4曲・ミッキン・ペッコ(ミキの仔馬)
・吉松隆 :「平清盛」より
       遊びをせんとや
       海鳴
・モンサルヴァジェ:3つの肖像 モンポウ/オスカル・エスプラ/ルービンシュタイン
・coba:東京キャバレー(ピアノとチェロ)

【アンコール】
・スクリャービン:左手のためのノクターン op.9-2
・吉松隆編曲:カッチーニのアヴェ・マリア


 間宮芳生先生の作品は、左手のためのピアノ曲「風のしるし」と、かつて作曲したピアノとチェロのための「5つのフィンランド民謡」から2曲ずつを交互に演奏するというユニークな形。同じ作曲家の作品でも、作曲された年代の違い、編成の違いで雰囲気が少し変わるのだなぁと、面白く聴きました。

 個人的に楽しみにしていたのが、吉松隆先生が音楽担当の大河ドラマ「平清盛」より2曲。ドラマで聴いていた曲を生で聴けるとは嬉しい。「遊びをせんとや~」の最初の響きに「これだ!!」と一気にテンションが上がってしまいました。「海鳴」は、作曲したけどドラマでも未使用、サントラCD(通常盤2枚、コンプリートBOX、舘野さんのピアノ曲だけのアルバム)にも入っていないレア曲。なんとなんと…!!OPテーマ曲を、ピアノソロで演奏してしまったような曲です。「遊びをせんとや~」のメロディーから、OPの”清盛のモチーフ”を変奏しつつ繰り替えす。打ち寄せる波のように、弱くなったり強く激しくなったり。とても難しい曲です。でも舘野さん曰く「とても魅力的な左手のピアノ曲」と。今後もコンサートで演奏されるといいなぁと思う曲でした。

 cobaさんの「東京キャバレー」ですが、本来は5月のコンサートで世界初演されるはずの曲。それが、まさかの演奏…今回のコンサートは嬉しすぎます。世界初演のために、どんな曲かは伏せておきます。CDが出たらまたじっくり聴きたい曲です。

 アンコールは「待ってました!」と心の中で叫んでしまった2曲。スクリャービンのキラキラした高音…何度聴いてもたまりません。ただ、美しい。その言葉に限ります。「カッチーニのアヴェ・マリア」も、聴いていると「平清盛」ドラマでこの曲が使われたシーン(しかも毎回のクライマックスの部分)が頭の中で流れてきて大変なことになりました。アンコールでは目頭を押さえている人も散見。私もでした…。


 今回のコンサートで思ったことは、大きく分けると2つ。まず、左手のピアノ曲は作曲家の個性や作風がストレートに出やすいと感じました。ブラームス編曲のバッハ「シャコンヌ」はまさにピアノのための曲で、ピアノの音色を生かしている。間宮先生の「風のしるし」や、モンサルヴァジェ「3つの肖像」も。一方、吉松先生の曲はピアノソロでもオーケストラを意識していると感じました。というのは、「平清盛」で、オケ版をいつも聴いていたから。ピアノソロでも、あのオケの音・響き・迫力を表現しようとしている。
 左手だけの演奏だと、作曲技法にも工夫が要る。その工夫が、作曲家の作風や個性をストレートに表現しているのかなと感じました。

 思ったことのもうひとつ。
 コンサートとは、音楽家が日々向き合い演奏・練習して歩み続けている音楽の旅路に、ちょっとの間だけ同行させてもらっているようなものかな、と。

 舘野さんは普段はテレビでも観るとおりの温和な方なのですが、ピアノの前では、不屈に、ストイックに、そして真摯に音楽に向き合っている。真剣な表情、そのパワーと情熱、あくなき向上心・探求心。迫力のある低音もずしりと響き、かすかな弱音も、繊細な高音も、美しい響きも突き刺さるような鋭さを持っている。そんな舘野さんの姿、演奏に、叱咤激励、ばしん!と背中と心を叩かれた(いい意味で)ような気持ちになりました。

 これは、しばらくの間ずっと弱気・弱音を吐いてばかりで、言い訳ばかりで、受け身で、縮こまっていて、グダグダな状態の自分にとって、大きな衝撃でした。
 こんなところで倒れている場合じゃないだろう?弱々しいままで終わるのは本望ではないだろう?
 舘野さんの演奏は「左手のピアノ」を超越している…左手だろうが両手だろうが「音楽」であることには変わりは無い。ひとりのピアニストが、渾身の演奏をしている。音楽に真摯に向き合い続け、音楽を求め続けている。今もその旅を続けているんだ。その音楽の旅を、音楽で表現しているように感じました。

 音楽の面でもですが、それだけでなく、日々暮らすこと、仕事すること…生きることそのものに対して弱々しく、後ろ向きな状態の私にとって、いい刺激になりました。

【過去関連記事】
ピアノの可能性 舘野泉コンサートに行ってきた
ヴァイオリンの発見 ヤンネ・舘野コンサートに行ってきた
音楽で語る・振り返る「平清盛」
[PR]
by halca-kaukana057 | 2013-05-02 23:12 | 音楽

ひまわりの海

 以前、ピアニストの舘野泉さんの本を読んで、他の著作も読んでみたいと思っていた。しかし、図書館にはない。少し前に他の本を探しに本屋へ行ったら、この本があった。お目当ての本がなかったので、思い切って買ってきた。


ひまわりの海
舘野 泉/求龍堂/2004

 この本が書かれたのは、脳溢血で倒れ、「左手のピアニスト」として復帰してから少し後。なので倒れる前のことも、倒れてから復帰するまでのことも詳しく書かれています。

 前半は演奏旅行のこと、舘野さんの好きな・親しい作曲家たちのこと。舘野さんは世界中あちらこちらで演奏会を開いたり、招かれたりしていた。その演奏会でのこと、また、旅先での食事や町の様子のことも。舘野さんのことは復帰した後に知り、演奏も聴くようになった(クラシックを本格的に聴くようになったのがその頃だったので)。倒れる前の舘野さんのことは知らなかったのだが、本当にアクティブな方なのだなぁと実感した。アルゼンチンでは、風邪気味なのに、タンゴの本場に来たのにタンゴを聴かずに帰れるか、と、毎日劇場に通う。凄い体力と気力。勿論舘野さんご自身の演奏も気を抜かない。仕事をしつつ、各地での旅を堪能する舘野さん…あらためて凄い方だと感じました。
 また、世界各地だけでなく、日本での演奏会も大切にする。北海道厚沢部町の廃校での演奏会はこぢんまりとしているが、地元の人との交流を大事にしている。演奏旅行は、演奏をしに行くだけじゃない。訪れた町を、地元の文化や音楽、芸術や自然、食を、人との交流を楽しむことでもある。それが演奏する音楽に繋がっていくのかな、と感じました。

 後半は、脳溢血で倒れて、入院、リハビリの日々と、復帰までの道のり。これまで舘野さんの倒れてから復帰までのドキュメンタリーなどは、ほとんど観ていない。なので、詳細な内容は初めて読んだ。身体が思うように動かない・動かせない辛さ。入院生活での不自由さ。これまで思ってきた以上に壮絶、苦しいものだと感じた。私の家族も脳梗塞で倒れ、半身に麻痺が残り不自由な生活を送ることになってしまったが、その入院からリハビリ、症状が安定してからも麻痺の残る身体での生活は辛そうだった。舘野さんはピアニストとしての仕事がある。倒れてすぐの頃は、復帰もすぐできるだろうと楽観的だったものの、ピアノに向かう度に連打など「出来ないこと」を実感する。そして、周りの反応…。右手が使えないなら、ラヴェルの「左手のための協奏曲」を演奏すればいいとの言葉に、反感を覚える。その一方で、温かく励ましてくれる友人・音楽家たちもいた。特に、マリア夫人や長男のヤンネさん他ご家族も、温かく見守ってくれた。そして、雪が融けてゆくように、復帰への道も見え始めた…。両手、左手だけなんて関係ない。音楽ができること、音楽そのものをしている充実感が溢れていて、何も不足を感じない。私が舘野さんの演奏からいつも感じることを、舘野さんご自身も感じている。舘野さんが復帰できて、本当に良かったなぁと思う。復帰がなければ、私が舘野さんの演奏を聴くことは無かったかもしれない。シベリウスに興味を持っているから、シベリウスやグリーグのピアノ演奏にはありつけたかと思うが、その後が続かないだろう。舘野泉という音楽家・人間に出会えて、本当に良かった。本当に嬉しいと感じる本でした。

 今、腕の故障~回復中で、ピアノと付かず離れずの関係にいる私にとっても、舘野さんの言葉は励みになりました。今の私にとって、何を演奏するかが問題なのではない。少しでも音楽に接していること、ピアノに触れて、その音を楽しんでいること、それが大事なんだ、と。
(私のピアノに関することは、別記事で書きます。)

 この本の冒頭では、舘野さんがこよなく愛する南フランスの作曲家・セヴラックについて詳しく書かれています。それで興味を持って、舘野さんのセヴラック作品集を買いました。

ひまわりの海~セヴラック:ピアノ作品集

舘野泉 / ワーナーミュージック・ジャパン


 まだ届いたばかりなので少ししか聴いていませんが、同じフランスでもドビュッシーやラヴェルなどとは異なる。じっくり聴いて、また感想を書けたら。

 あと、フィンランドの作曲家に関しても、これまでシベリウス以外はそんなに多く聴いていなかったのですが、オスカル・メリカントとパルムグレンが気になっている。個々にアルバムがでているので、それもそのうち(すぐには買えないけど)聴きたいな。O.メリカントに関しては、全音から、「子どもの世界から」op.31という舘野さんが解説をつけた楽譜が出ていたのだが、残念なことに絶版。息子のアーッレのために書かれた作品集で、アーッレも作曲家になりました。輸入楽譜でならあるのですが…残念だなぁ。

 ひとりのピアニストから、知らない作曲家のことを知り、興味を持ち、演奏を聴いて…これも音楽の楽しみです。思い切って買ってよかった。舘野さんが撮影したフィンランドや世界各地での写真もあり、どれも美しいです。
 ちなみに、この本、音楽書ではなく、闘病本コーナーにありました。確かに、その通りではある。



・関連記事:左手のコンチェルト 新たな音楽のはじまり
 この「ひまわりの海」に続く、舘野さんのエッセイ。読む順番が逆ですね。

舘野泉:タピオラ幻景
舘野泉:アイノラ抒情曲集
ピアノの可能性 舘野泉コンサートに行ってきた
ヴァイオリンの発見 ヤンネ・舘野コンサートに行ってきた
 舘野さんのCD,コンサートの記事。またコンサートで生演奏を聴けたらいいな。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2010-09-05 23:19 | 本・読書

左手のコンチェルト 新たな音楽のはじまり

 ピアニスト・舘野泉さんのエッセイを以前から読んでみたかったのだが、図書館になく、読む機会がなかなかなかった(図書館頼りで申し訳ない…)。唯一この本が図書館に入っていた。

左手のコンチェルト―新たな音楽のはじまり
舘野 泉/佼成出版社/2008

 この本は、舘野さんが"左手のピアニスト"として復帰し、数多くのコンサートで演奏するようになった後、編集者の柏原怜子さんが舘野さんの生家で聞き書きしたものです。脳溢血で倒れた時のこと、リハビリ中のこと、復帰のきっかけと復帰後のこと、生い立ち、家族のこと…などが語られています。

 以前、復帰後の舘野さんのCDを聴いた時、両手で弾いているか左手だけで弾いているか、そんなことはどうでもいい。ただ美しい音楽を演奏しているピアニストがいる。それだけでいい、と感じた。その理由が、この本を読んで明らかになりました。舘野さんは、ただ音楽が好きで、それを演奏したいと思い続けている。子どもの頃からも、ピアニストとして活躍してからも、そして病気で倒れ、復帰してからも。倒れてリハビリを始めて少ししてからは、左手だけで弾くなんてとんでもない、ラヴェルの「左手のためのピアノ協奏曲」を演奏すればいいと励ましの言葉を何人もの人からかけられたが、とてもそんな気にはなれなかった。それから、長男のヤンネさんがブリッジの左手のためのピアノ曲の楽譜を探してきて、そっと置いていってくれた。何気なく弾いてみたその曲がきっかけで、左手だけの演奏なんて…という思いが吹っ切れた。舘野さん自身、悩み迷っていた。でも、ピアノを弾きたい、諦めたくない。でも…。そんな苦悩を経て、今の舘野さんの演奏がある。CDで聴いて、コンサートに行く機会もあったので聴きに行った。その度に病気なんて、左手だけなんて関係ないと感じた。それは、舘野さんが演奏することに、音楽することに喜びを感じているから。その喜びの音楽を聴くことが出来て、私も嬉しいですし、幸せです。

 舘野さんは今、左手の音楽を「独立した領域(ジャンル)」にしたいとしている。そして「左手の文庫(募金)」を立ち上げ、募金を集め、作曲家たちに左手のための作品を書いてもらっている。実は右手を使えなくなったピアニストもかなりいて、支援したいと考えているのだそうだ。そのために、左手のための作品がさらに必要なのだ、と。舘野さんの演奏で、両手でないとピアノは弾けないという概念は薄れつつあると思う。倒れた後の舘野さんと同じように、左手だけの演奏なんて…と思い悩んでいるピアニストがいる。彼らにも、同じように音楽することの喜びをもう一度味わって欲しい。そして、聴衆にも呼びかけていきたい…そんな舘野さんの想いがどんどん広まっていけばいいと思っています。

 この本全体から、舘野さんの音楽への愛、音楽することの喜びが感じられました。そして、左手のための作品を書いてくれた作曲家たちや、家族、ファンクラブや親しい人々、聴衆への感謝も。もっと舘野さんの演奏を聴いていきたいです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2010-01-16 23:21 | 本・読書

ピアノの可能性 舘野泉コンサートに行ってきた

 このブログで何度も取り上げているピアニスト・舘野泉さんのコンサートに行くことができました。悲願達成です。

プログラムは以下
・J.S.バッハ(ブラームス編曲):シャコンヌニ短調 BWV1004より
・スクリャービン:「左手のための2つの小品 op.9」より 前奏曲/夜想曲
・間宮芳生:風のしるし~オッフェルトリウム
・吉松隆:四つの小さな夢の歌~三手のための(共演:平原あゆみ)
      タピオラ幻景 op.92

 ピアノの鍵盤を正面から見ることが出来る位置に座ったのだが、手の動きに驚いた。鍵盤の低音の端っこから、高音の端っこまで動く動く。しかも左手だけで。テレビで観た時もすごいと思ったのだが、目の前で見るとまた違う。私はこれまで、ピアノ曲を聴く時は音だけに注目しようとしてきた。CDで聴くことが多いのでどうしてもそうなってしまうのだが、音の響きや表現に注目して、それ以外の情報はあまり注目しようとしなかった。でも今回、舘野さんの演奏をこの眼で観て、手・指の動きにも注目してみた。ピアノの真正面ではあったが離れていたので、まじまじと見ることは出来なかったが、出したい音・響き、表現のためには手・指・身体の動きにも注意を払う必要がある。ピアノを演奏することは、スポーツに似ているのかもしれない(だとしたら、運動音痴の私はどうしたら…orz)。ピアノだけのコンサートに行ったのは初めてだったので、まずそういう点に注目。

 もうひとつ驚いた点。ピアノってこんなに音が出る楽器だったんだ…と思い知らされた。CDで聴くのとは違う。優しい弱音から、渾身のフォルテシモまで。音色も、響きも、表現も多彩。「ピアノは小さなオーケストラ」と呼ばれる意味がようやくわかった。これまで、確かにピアノは多彩な音・表現が出来る楽器だと思ってはいても、実際のオーケストラに比べたら全然違うだろうと思ってきた。だから、自分でピアノは演奏するけど、ピアノよりもオーケストラの演奏を聴いている方が好きだったし、交響曲・管弦楽曲の方が好きだ。でも、それは私がピアノの可能性を知らなかったから、そう思ったのだろう。舘野さんの演奏は、ピアノの可能性を最大限に引き出していると感じた。スクリャービンの「夜想曲」のキラキラした高音。高音がキラキラするって、こういうことを言うんだ…これも今回思い知ったことのひとつ。一方、吉松隆の作品は低音が印象的に響く。ピアノっていい楽器だなと、心から思う。


 アンコールは3曲。
・カッチーニ(吉松隆編曲):アヴェ・マリア
・カスキ:激流 op.48-1(演奏:平原あゆみ)
・吉松隆:子守歌~三手のための(共演:平原あゆみ)

 「アイノラ抒情曲集」で三手連弾を共演された、お弟子さんの平原あゆみさんもアンコールをソロで演奏してくださいました。と言うよりは、舘野さんに半強制的に「何か弾きなさいよ」と(笑)。演奏したのが、フィンランドの作曲家、ヘイノ・カスキの「激流(Pankakoski)」。この曲を選曲し、生で聴けるとは思わなかった。かなり前に「夏至の夜にメリカント」(2006.6.21)の記事で紹介した舘野さんのCDで聴いて、気に入った曲。生で聴いてますます気に入った。しばらくフィンランドの作曲家の作品から離れていたので、聴きなおそうと思っている。



 CDで聴いていいなと思っていた曲・演奏の響きが目の前で、今ここの空気を伝わって響き届いてくることに感動した。自分の音楽・ピアノに対する無知、経験のなさ、未熟さも思い知りましたが、それだけいい勉強になった。舘野さんのコンサートにはいつか行きたいと以前から思っていたので、その願いを達成できたことと、舘野さんのコンサートでこんな勉強もこんな勉強も出来てよかったと思う。そして、憧れていた音色に生で触れることが出来たのも。行って本当に良かった。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2008-04-28 22:40 | 音楽

舘野泉:アイノラ抒情曲集

 以前「タピオラ幻景」で聴いた舘野泉さんが弾く、吉松隆氏の左手のためのピアノ曲集。「タピオラ~」が結構気に入ったので、先日出た新曲も聴いてみました。


アイノラ抒情曲集
舘野泉 with平原あゆみ/吉松隆/エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

 「アイノラ」はシベリウスが住んだ家のこと。シベリウス・フィンランドつながりの2人なので、またもやこんなタイトルになってしまいました。「タピオラ~」と同じく、不思議な響きのする7曲。吉松氏の音楽って、響きが印象的で、どこか寂しげ。静けさはアイノラの風景そのもの。

 今回のCDの作品は、全て吉松氏による作編曲。舘野さんのお弟子さん・平原あゆみさんとの三手連弾も何曲か。その中の、「4つの小さな夢の歌」第1曲「春:5月の夢の歌」は一番のお気に入り。今の季節にぴったりな優しい、朗らかでのびやかな曲。時間を止めて聞き入っていたい、そんな曲。

 「ゴーシュ舞曲集」はこれまでの雰囲気がガラリと変わる、ノリノリな曲ばかり。以前このCDに関しての情報を知った時(「秋のフィンランド本まつり「音遊人」2006年10月号」)、「ゴーシュ」とは宮澤賢治の「セロ弾きのゴーシュ」だと思っていたが違うのだそうだ。元々、左手のことをフランス語で「ゴーシュ(Gauche)」と言うのだそうだ。そう言えば、その宮澤賢治は「ヘタクソな」という意味で「ゴーシュ」と名づけたんだっけか。(……曲の話は何処に行った)

 「3つの聖歌」は、シューベルト、カッチーニの「アヴェ・マリア」と、シベリウスの「フィンランディア賛歌」を左手のために編曲したもの。左手でフィンランディア賛歌。実はこれが一番聴きたかった。シンプルな、あの有名なメロディーから始まって、どんどん音が重なり、響きが深く重くなってゆく。2つの「アヴェ・マリア」と共に祈りをささげたい気分になってくる。

 前回と同じく、左手で弾いているかどうかなんてどうでもいい、こういう曲があって、ひとりの人間が演奏している。それだけでいい。再びそんなことを思ってしまった一枚。

 ちなみに「左手のための」と言っても、所々右手も使って録音したのだそうです。それから、先日の「ピアノ好きのねえさんに100の質問」の、55問目「ジャケットが気に入っているCD」でこのCDを選びました。表ではなく、内側。アイノラの写真がたまらんです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-05-19 21:24 | 音楽

舘野泉:タピオラ幻景

 この前夏至の日に舘野泉さん演奏のメリカントのピアノ曲を紹介したが、今や舘野さんと言えば「左手のピアニスト」。今までその左手の演奏を聴いた事がなかったので、このCDを聴いてみた。



タピオラ幻景 -左手のためのピアノ作品集2
舘野泉 吉松隆 タカーチュ / エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

 CDタイトルとなっている「タピオラ幻景」。綺麗…というのが第一印象。「タピオラ」つまりフィンランドの「カレワラ」に出てくる森の神・タピオの領地=森。そのタピオの森をイメージした5つの曲の美しさと不思議な寂しさ。そして、とても左手だけで弾いているとは思えない。いや、左手か両手かそんなことはどうでも良くなってしまった。こういう音楽があって、一人の人間が弾いている。それだけでいい。

 この「タピオラ幻景」を作曲した吉松隆という作曲家、かなり変わっている。シベリウスの第6交響曲を聴いて「こんな曲を作りたい」と作曲家を志した。でも、音大に進んだわけじゃなくほぼ独学で作曲を学び、オーケストラ曲「朱鷺に寄せる哀歌」でデビュー。作曲はパソコンソフトを使っているというあたりも変わっている。著書も多く、イラストは吉松氏本人が描いている(そのヘボ可愛いイラストが好きだったりする)。シベリウス・フィンランドつながりで舘野さんと親交が深く、北欧を思わせる左手のピアノ曲を作曲して欲しいと頼まれたのだそうだ。

 2曲目の「森のジーク」が特に気に入った。3曲目「水のパヴァーヌ」だけはNHK教育「福祉ネットワーク」に舘野さんが出演された時に弾いていた曲。鍵盤の全域を使うので、左手があっちこっちに動く。時々聞こえる低音がいい。

 それにしても全曲を通して不思議な暗さが漂っている。しばらく聴き倒します。

trackback for:「一年365枚:吉松隆 タピオラ幻景/舘野泉(p)」
トラックバックをいただきました。本当に詳しいです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-08-13 21:54 | 音楽


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

超巨大ブラックホールに迫る ..
at 2017-09-18 23:48
西洋文化に触れた驚き 「遥か..
at 2017-09-03 23:01
BBC Proms(プロムス..
at 2017-09-02 17:07
土星堪能星見 + 今日は伝統..
at 2017-08-28 21:58
BBC Proms(プロムス..
at 2017-08-18 23:48
惨敗。 ペルセウス座流星群2..
at 2017-08-14 21:43
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-31 22:32
BBC Proms(プロムス..
at 2017-07-14 23:08
青い海の宇宙港 春夏篇 秋冬篇
at 2017-07-10 22:58
夏のペンギン切手&特印
at 2017-07-05 21:07

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索