タグ:音楽考 ( 19 ) タグの人気記事

耳の渚

 読むクラシック音楽もいいものです。クラシック音楽エッセイを読みました。

耳の渚
池辺晋一郎/中央公論新社/2015

 かつての「N響アワー」、クラシック音楽ダジャレでお馴染みの作曲家・池辺晋一郎先生によるエッセイです。読売新聞夕刊に月一で掲載していたものをまとめた本です。2000年に始めて、2015年の分まで収録。15年。15年でクラシック音楽界も随分と変わりました。その変化も思い出しながら読みました。

 聴いた音楽のこと、知り合った音楽家とのこと、作曲・作曲作品の演奏会でのこと、日本国内や海外のクラシック音楽事情、観た舞台や映画のこと…話題は多岐にわたります。でも、どれも音楽と繋がっている。音楽は様々なもの、この世にあるあらゆるものと繋がっている。それを実感します。

 また、音楽の懐の広さも実感します。朝比奈隆先生が「楽譜に忠実に」指揮することを信条としておられたのに、実際の演奏では楽譜と違う演奏をしていたことに関して、楽譜というものがどんなものか、そして音楽は生もの(なまもの・いきもの)なんだなと思う。「楽譜は絶対の答えではない」。浜松国際ピアノコンクールを聴いた話でも、そんな楽譜をどれだけ読み込んで演奏に反映できるか。
楽譜という不完全なものを超えて、そこに自分の音楽を確立させ、説得力ある主張を貫徹させる(233ページ)

クラシック音楽というと、何かと堅苦しいイメージがあるが、このあたりを読むと、やわらかく懐の広く深いものなのだなと思う。「音楽の父」と呼ばれるJ.S.バッハも、"神格化"されて迷惑だったのではないか、とも。オペラも大きなものだけでなく、小さな「人民のオペラ=フォルクスオパー」をやりたい、と。池辺先生の代名詞「N響アワー」についても語られていて、クラシック音楽はこうあるべき、コンサートには音楽だけがあるべき、という概念を捨て、アットホームな雰囲気を目指した。
棚の上に鎮座している「音楽」をこたつに持ち込んでしまえ。(173ページ)
現役の作曲家の先生がおっしゃるのだから心強い。

 海外のクラシック音楽事情では、ベネズエラのエル・システマとグスターボ・ドゥダメル、フィンランドの指揮者・作曲家、シベリウス音楽院やフィンランドのオーケストラの取り組みも紹介されている。フィンランドクラシック好きとして嬉しい(シベリウスがフィンランドから年金を貰って、晩年作曲をしなかった…と書かれていたのは残念。自己批判が強くなり過ぎて書けなくなってしまった)。そのフィンランドで演奏会を聴きに行った時のエピソードも興味深い。客席には様々な人がいるが、皆聴くことに集中している。「集中の相乗」「芸術の享受」「同じ時、同じ場所に居る者の連帯」(151ページ)…フィンランドの聴衆の音楽の受け止め方が、フィンランドのクラシック界の盛況に繋がっているのかもしれない。

 池辺先生の作曲の話も面白い。同時進行で作品を仕上げるのがいいのかどうなのか。エジプトのオーケストラのために作曲した話。オペラ「鹿鳴館」の作曲。「鹿鳴館」は作曲者の手を離れ、意図を超えて成長しているというのも面白い。作曲家ならではの視点。大河ドラマでも音楽を手がけていた池辺先生。ドラマの音楽の話、そして「音楽にも注目して欲しい」と。大河ドラマの音楽は私もとても重要だと思っています。また池辺先生が音楽担当にならないだろうか。なって欲しい。

 音楽を様々な方向から楽しめるエッセイです。最後に、エッセイではダジャレはあまり出さないのかな…(寂しい)。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-03-25 22:23 | 本・読書

表現することが「わからない」

 昨年書いたこの記事のこと…答えを書こうと思ったのですが、一度書いたものを消してしまいました。消えたのではなく、消した。自分の心の中にあるものを、言葉にするのを躊躇ってしまいます。
2015 よいお年を、また明日
人前では辛くても隠そう、明るく振る舞おうとしていました。それが出来ない場合は、自分の殻に引きこもる。ネットでは、いつどこにどんな「地雷」があるかわからない、どこからどんなものが飛んでくるかわからない…。それらをひとつひとつ真正面から受け止めてしまって、ひとりで傷ついて…。テレビもネットも携帯もシャットアウトしていることも少なくなかった(中略)
 ブログに書くことも減りました。観たもの聴いたもの読んだもの、思ったこと感じたこと考えたこと。それらをアウトプットするよりも、自分の中だけで完結していいや、別に公にしなくてもいいや、と書かないことも多くありました。ここに書くという意味。


 過去記事を読み返して、似たような思いのものがあったので再掲します。
読解大会、もしくは読解合戦
「優劣」はどこから来る?

 また、音楽を聴いても、感想がうまく出てきません。大好きな作品、例えばシベリウスの交響曲でも、「やっぱり好きだな~」で終わってしまう。そして、芸術作品の「優劣」とは何だろう…わからない。どちらも言葉に出来ずに終わってしまっています。

 以前、こんなことがありました。とある演奏が酷評されていました。「ダメ」「下手」「解釈が違う」「残念だった」…海外でのレビューで、翻訳ソフトなどを使って読んでみた。酷評しこき下ろす、というよりも、こんなもんじゃないだろう?もっとやれるだろう?期待してるから残念だった!という叱咤激励のように読めました…私の外国語読解力が合っていれば。もしかしたら酷評しこき下ろす内容だったかもしれません…。

 しかし、その演奏を私はどう受け止めていいかわかりませんでした。その演奏された作品をあまり聴いたことがないから。どんな演奏が、どんな解釈が「標準」なのか。そのレビューにあるとおり「そうかもしれない…」と思ったが、それはそのレビューを読んだから。読んでいなかったら、または、自分がその作品に関する知識や他の演奏をたくさん聴いていたら、私自身がその演奏にどう思ったか、変わってくると思います。それが出来なくて悔しい。とても悔しいです。

 自分自身の演奏、声楽、歌に関しても、冷静に、客観的に、何が足りないか、どこを直していったらいいか、わからずにいます。発表会の演奏は、動画撮影に失敗してしまった…。毎回のレッスンでの先生の指摘・アドバイスも、その言う通りに歌えているのか、わからない時があります。音楽を言葉で表現するのは本当に難しい…。一対一のレッスンでも難しいのだから、文章にするのはもっと難しい。

 それでも、思ったことを言葉にしよう。どうせ素人なんだし、開き直ってしまえ。いや、素人と自分をいつまでも「甘やかす」ようなことはしてはいけない。自分なりに、わからないことは調べるなり何なり勉強して、表現や語彙も増やして、思ったことを書きたい。そのための力をつけていこう。霧の中にいるような状況ですが、それしかないのかな、と思います。

 何も書かなくなったらどうなるだろう。そんなことも考えることがあります。このブログをやめたら?ツイッターも。表現することをやめたら?ただ、本を読んで、音楽を聴いて、声楽・歌を歌って。ブログを書く時間を他の時間に回せる。更新頻度とか、そんなことを考えなくてもいい。時には、それでもいいかもしれません。

 年始から、こんな記事になってしまいました。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-01-05 22:11 | 日常/考えたこと

続・伴奏じゃない、ともに奏でること

 久しぶりに声楽レッスンで思ったこと、気づいたこと、感じたことを。

 以前書いたこの記事:伴奏じゃない、ともに奏でること
 この記事ではチェロとピアノ、「チェロソナタ」だけど、ピアノが伴奏だけになっていないことについて書きました。

 コンコーネ50番練習曲も、イタリア歌曲集でも、最近のレッスンでピアノと「一緒に歌う」ことを意識させられています。コンコーネ50番練習曲は全部で50曲あるのですが(ピアノのツェルニー100番・30番練習曲でも、ブルクミュラー25の練習曲でも、タイトルに曲数が出ていますね)、中盤に差し掛かってきました。だんだん難しくなってきています。音の跳躍やリズムも複雑。シンコペーションが苦手だったことを思い知った曲もありました。コンコーネは何が苦手なのかをあぶりだしてくれるいい曲集です(コンコーネ好きですよ~)。

 今取り組んでいる曲に共通していることは、ピアノ伴奏がない箇所が課題だということ。イタリア歌曲集の中でも、他のシューベルトやシューマンなどのドイツリート(先生の許可が下りません…)、様々な歌曲では、伴奏のメロディーと歌のメロディーが一致しない曲が多い。ピアノは休符・お休みしていたり、和音は一応歌のメロディーに合っているのだけどピアノも複雑な演奏をしていたり…。歌曲もオーケストラの協奏曲のような部分があるのだなと感じます。
 ピアノ伴奏がない箇所では、音が取りにくい。音は合っている(ドならド)けど、微妙なピッチが合っていない・揺らいでいることがよくあり、指摘されます。これまで音楽の演奏はピアノだけやってきて、ピアノはドの鍵盤を押せばドの音が出る。ひとつのピッチのドしか出ない。でも、ヴァイオリンなどの弦楽器なら、同じドでもピッチを微妙に変えられる。ドにも範囲がある。声楽も同じように、ドにも範囲があり、微妙に揺らいでいる。この揺らぎは音が不安定になるので、安定したピッチの音を出すことが求められる。ピアノ伴奏がドを出していれば、歌うほうもドの声を出しやすい。でも、苦手な音域…私の場合高い音域や跳躍する音になると、ピッチが揺らいでしまいがち。そこに伴奏がないと思い切り外してしまうこともある。自分では準備をして、「いくぞ」と心の中で思いながら臨むのですが…外してしまうと「ああ、うまく出なかった…」残念です…。

 ピアノ伴奏がない、つまり、歌手の歌のみせどころ。聴かせどころ。強調するところ。自分の声だけで、どう演出するか。どう響かせるか。課題です。
 反対に、前奏や間奏、メロディーの合間などのピアノだけの箇所も、歌っている側はお休みしているだけでない。そこもその音楽、作品。特にメロディーのちょっとした合間は大事にしたいと思っています。
 また、前の記事でも書いた通り、ピアノ伴奏も弾けなくても読めないとダメだなと実感しています。歌のリズムが難しい場合、ピアノ伴奏にヒントがあることが多い。ピアノ伴奏と歌がどう絡んでいるのかも、その曲を読み込み、どう歌うかを決めるポイントになる。ピアノをひとりで弾いてきたのとは違う感覚です。似ているけど、ちょっと違う。

 ピアノはただの伴奏じゃない。歌も伴奏に頼ってばかりでもダメ。そんな課題に今ぶち当たっています。

 あと、声楽に関して思ったことを箇条書きで。
・歌っている時、歌いながら指揮のようなことをしたくなりますwリズムが難しい曲は手で脚を軽く叩きながらリズムを取っていることも多いのですが、声の強弱や質感、雰囲気など、オーケストラの指揮者のように指揮を自分自身にしたくなります。楽譜にも書いているのですが、指揮のようなことをしたほうがわかりやすいかな、と。実際やってみるとハマる。ピアノだと両手がふさがっていたのでそんなことは出来ませんでしたが、声楽なら手は空いています。声楽をはじめて、ピアノだけではわからないことが色々と見えてきました。勿論、家での練習だけで、レッスンではやりませんw無意識に小さく振ってしまうことはあります。あと、オペラのように簡単な振り…手の動き程度のことも入れてしまうこともあります。声楽はより身体でも表現する音楽ですね。

・最近、声楽付きの交響曲や管弦楽曲を聴くことが多いです。声楽付きの交響曲…シベリウスの「クレルヴォ」交響曲(交響曲に入るのか、入らないのか、と論議はありますが)、「ルオンノタール」、マーラーの交響曲第2番や第3番(今まで敬遠してきたのですが、聴くといつの間にか楽しんでいて、聴けるようになってきました!)、グリーグの「ペール・ギュント」の「ソルヴェイグの歌」などなど。声楽付きの古楽、モーツァルトやフォーレ他の「レクイエム」のような宗教曲も。オペラ、オペラアリア抜粋とはまた違う、歌の可能性を感じます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-10-15 23:26 | 奏でること・うたうこと

母国語の歌ほど難しい

 最近の声楽レッスンから。これまで、「イタリア歌曲集」1巻(全音の)からイタリア語の歌曲を歌ってきましたが、現在は日本語の歌…誰もが知っている唱歌を歌っています。声楽を選んだ理由のひとつが、NHK教育(Eテレ)「クインテット」で絶妙なアレンジと抒情的・楽しそうな歌声の童謡・唱歌を聴いて、アリアさんやシャープ君のように歌えたらな、という動機でした(とは言え、私の声域はアリアさんのような高さはない。シャープ君より少し高めか?)。今、私が歌っている歌は、「クインテット」では歌われたものではなかったのですが…(ドラマパートの冒頭でさらっと演奏はされました。それで惹かれたという…一体どういう動機だw)

 レッスン前に一人で練習して、レッスンに臨んだら…直されまくりでした。
 まず、発音。母国語だから簡単と思いきや、普通に話す発音と声楽的歌い方の発音は微妙に違う。しかも、これまでイタリア語の歌を歌ってきて、レッスンでも毎回コンコーネ50番練習曲をイタリア語発音の音名(ドレミ)で歌っているので、発音がイタリア語とごっちゃになっているところもあります(滝汗)。歌になると日本語なのに聞き取れない、ということがありますが、明瞭に、でも曲の流れや雰囲気を壊さない歌い方で日本語の歌詞を歌う。出来ているはずのことをまず直されて、驚きました。

 次に、歌詞と曲の流れ。歌詞の言葉の意味、単語のつながり、詩として強調するところ、つなげるところはどこか…。これも当たり前のようですが、何箇所も指摘されてしまいました。
 歌として歌う前に、詩として読み解く。どこがひとまとまりで、強調すべきところはどこか。込められた情景や想いをイメージする、「深読み」する。

 そして、曲が付いて、その曲のメロディーや和音、音のつながりが、詩とどう呼応しているのか。楽譜にブレス(息継ぎ)が合っても、全てのブレスをただ切ればよいのではなく、詩の流れから響かせたまま繋げるところもある。詩の流れがひとまとまりのところはブレスも無く一息で。なかなか苦しい…やったことは無いのですが肺活量勝負の管楽器と同じだなぁ、と感じました。

 ただ美しく歌うだけではだめ、というのも実感しました。
 思えば「クインテット」でも、そんなところに惹かれたのだった。美しく歌うことよりも、詩と曲から何を伝えようとしているのか、歌に込められたものが音楽だけでなくイメージや雰囲気、絵として伝わってくる、そんな歌に惹かれたのでした。
 「クインテット」ではしゃべらなかったアキラさん・宮川彬良さんが、他の番組やコンサートで、詩から情景を読み解き、曲がその詩の魅力や伝えたいことをどう表現しているのか解説「深読み」していましたが、レッスン後、まさにそれだと思いました。

 イタリア歌曲では発音と、激しい感情をたっぷりと表現する歌詞、歌詞は激しくても曲は穏やかだったりする不思議な美しさに難しさを感じていました。が、歌い続けていると慣れてきて、普段なら絶対言わない(言えない)ようなことも外国語だし、情感たっぷりに歌っています。
 一方の日本語、母国語の歌。古語もあるので、勉強する必要はある。だが、何を歌っているのかはわかる。わかるからこそ、ではそれを伝える歌い方とはどんな歌い方だろうか?と考える。より繊細な技術(発声、ブレスなど)も表現も要求される。最初は自分から、「次はこれを歌いたいです」と持って行った曲だったのが、まさかこんなに難しいとは!でも、やはり母国語の歌は歌いたかったので、練習します。



*****
 最後に、声楽関係で最近思ったこと。私は、まだまだオペラという芸術、表現をわかっていない。慣れていない、親しめていない。歌曲や、オペラアリアを単独で歌う・聴くことで精一杯だと感じています。本当に難しい。交響曲(年代・時代や作曲家、作品にもよりますが)よりもずっと難しい。あと、オペラの物語に親しめないのもあるのだろうな…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-02-09 21:19 | 奏でること・うたうこと

伴奏じゃない、ともに奏でること

 先日、チェロとピアノの小規模なリサイタルに行ってきました。その時思ったことを。

 プログラムはチェロソナタが3作品。「チェロソナタ」というからには、主役はチェロでピアノは伴奏。でも、この時の演奏では、「ピアノは伴奏」なんて言えない、と感じました。ピアノもソロの部分もあり、主張し、チェロを引っ張り、会話し、競い合う。ピアノにも魅せられました。普通、このような演奏会ではピアノのふたは閉じているのですが、ピアノソロのリサイタルと同じようにふたは開いていました。チェロの演奏がピアノに負けていない、とても力強いのにやわらかく、奥深い音色でした。

 特に素晴らしいなと思ったのが、ベートーヴェンのチェロソナタニ長調Op.102-2。協奏、競演、共奏…そんな言葉が浮かびました。3楽章のピアノのメロディーをチェロが追うのが面白い。引き立て合い、競い合っている。ピアニストさんがチェリストさんの動きをよく見ていて、呼吸もぴったり。いい演奏を聴けました。

 ピアノを演奏していた頃は、伴奏もメロディーも全てひとりで演奏していました。楽譜を読み込み、ここがメロディーパートで伴奏も内声と低音に分かれて…。きっとメロディーはこの楽器、伴奏はこの楽器なのかなと想像したり。でも、それを実際にピアノで、ひとりで演奏で表現するのはとても難しいことでした。

 今は声楽で、歌と伴奏ではっきり分かれています。そのピアノ伴奏を、私はどの程度と思ってきただろう?リサイタルの後、レッスンや練習のことを考えました。ただ歌を支えるものとしか思っていなかっただろうか。ピアノ伴奏もひとつのパート。合唱のピアノ伴奏は、歌の声部の他に存在するもうひとつのパートと捉えてきました。声楽、ソロだって同じ。歌だけが主役じゃない。ピアノ伴奏を聴いていて、純粋にいいピアノだなと感じます。この低音があるから歌が引き立つ、歌と競うような魅せ場がある、前奏や間奏はピアノの独壇場。これまで、自分が歌うことで必死でしたが、自分が歌うためにはもっとピアノをよく聴いて、ピアノの楽譜も弾けなくても読むぐらいはして、ピアノと一緒に奏でるように歌いたいと、このリサイタルを聴いて思いました。

 ひとりで演奏していたのではわからないことに出会えました。

・関連過去記事:音楽を共有すること
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-01-27 22:10 | 奏でること・うたうこと

音楽を共有すること

 このカテゴリで書くのは1年以上ぶりです。しかも、カテゴリ名が変わりました。変えました。その経緯などを、これから書こうと思います。

 まず、ピアノを弾くことから、ずっと離れています。たまに、ブルクミュラー25やシューマン「見知らぬ国々」などを軽くさらう程度。後述するソナチネアルバムや、シューマン、シベリウスの他に、弾いてみたいと思う曲が何曲か合って、黙々と練習していたこともありました。が、続かず、未完成のままです。練習がだんだん退屈に思えてくる…。かつての、楽譜と鍵盤に食い入るように練習して演奏いていたあの熱心さ、情熱はどこへ行ってしまったのだろう…。

 思えば、転機となったのが、腕の手術と、ブルクミュラー25を終えてソナチネに入ったこと。腕の手術を受け、しばらくピアノを弾けず、練習から離れたこと。ブルクミュラーとは性格も形式も異なるソナチネアルバムを始めたはいいが、最初のクレメンティ7番から壁にぶち当たってしまった。簡単そうに見えるのに弾けない。どう弾いたらいいのかわからない。次にクーラウ4番に進み、クレメンティ7番よりは親しみやすいなと感じたのですが、やはりソナチネは何か違う。ならば大好きなシューマン「ユーゲントアルバム」…シューマン先生、難しいです。指遣いや響かせ方が単純じゃない。ずっと弾きたい憧れの曲である、シベリウス「樅の木」…まだ手が届きません。こうして、どんどんピアノから遠ざかっていきました。

 でも、ピアノからこのまま遠ざかる、離れる、さよならするのもかなしい。部屋には子どもの頃から弾いてきたピアノがある。弾かないままなのも勿体無い、かわいそう。そう思って、ピアノに向かうのですが、演奏しようと思って楽譜を開いても、何も出て来ず、そのまま蓋を閉めてしまうことばかりでした。

 でも、音楽は好きだ。クラシックからポップスまで。それは変わりませんでした。昨年あたりから、これまで長い、何を歌っているのかわからない、物語に馴染めない…と敬遠してきたオペラも聴き始め、今年は声楽全般強化年になりました(続行中)。さらに、以前は苦手意識のあったフランス近代ものも、フォーレをはじめとして聴いています。フォーレでも、「レクイエム」や宗教曲、歌曲と声楽曲を中心に聴いています。

 去年あたりから、ピアノのレッスンを受けてみようかと考えていました。子どもの頃は大手の教室に通っていた。教室・先生選びや体験レッスンを受ける時のことを、ピアノレッスンを受けているネットで知り合った方々に質問し、アドバイスをいただきました。しかし、ピアノ教室は大手から個人まで結構ある。体験レッスンを申し込むのもなかなか勇気が出ず…結局受けずにそのまま昨年が過ぎてしまいました(アドバイスしてくださった皆様、ありがとうございます。そして、ごめんなさい)

 そして今年に入ってから、ピアノが難しいなら、今まで興味はあったけどやったことのないものを一からやってみたらどうだろう。逆に、ピアノをやっている人は多いから、ピアノよりも別なものをやりたい(天邪鬼)。そう思って、何をやりたいか…と出てきたのが、うたうこと。オペラや声楽曲を聴いて、同じ人間なのに、どうやったらあんな声を響かせられるのだろう?自分の身体そのものが楽器になるって、どういうことだろう。歌うのは元々好きです。運転中に好きな音楽を聴いて、合わせて歌うことも多いですし(でも安全運転で)、カラオケも好きです(ただしひとりカラオケ・ヒトカラ。なかなか友達と都合が合わない、そして歌う歌がマイナーな曲が多い…)。ポップスもいいけど、マイクなしで大きなホールに声を響かせる声楽に興味がありました。合唱も興味があったのですが、一からボイストレーニングも受けてみたい。音楽の基礎となるソルフェージュにもなるだろう。声楽の教室は少なく選択肢がほとんど無かったので、すぐに決まりました。体験レッスンでも、この先生の元でレッスンを受けてみたい、と思えました。

 というわけで、今は声楽をやっています。練習曲のコンコーネ50番と、イタリア歌曲集をメインに歌っています。声の大きさには自信がありましたが、「大きな声」と「響く声」は全く違うことに、発声を一からやってみて気付きました。息の吸い方、吐き方、響かせ方、姿勢、使う筋肉、口の開け方、発声する際のイメージ。声のトーン、ピッチ、表情。まだはじめて1年経っておらず、うまくいかず戸惑うことも少なくありません。最初の頃は、高音はよくひっくり返るし、かすれる、安定しない。ピアノはその鍵盤を押せばその音が出る。声楽は、弦楽器と同じでその音は出せていても、ピッチという触れ幅がある。ピッチが少し違うだけで、全くその歌の表情が変わってしまう。ずっとピアノだけやって来たので、難しいけれどもとても新鮮でした。今は、イタリア歌曲集(全音の第1巻)を歌っています。ヘンデルの「Ombra mai fu(オンブラ・マイ・フ/なつかしい木陰)」など。イタリア語の発音もまだまだこれからです。イタリアものはこれまでほとんど聴いてこなかったので、最初はその明るさが眩し過ぎて慣れませんでしたが、探すとイタリア歌曲やオペラアリア、イタリア民謡にも様々な曲があることを知って、面白いなと思っています。
 でも、いつかはやりたいドイツリート。そして北欧もの。やっぱり北の音楽に惹かれますw

 発表会もあり、1曲歌う機会がありました。ピアノ演奏ではないけれど、人前で演奏するのは何年ぶりだろう…。発表会まで、細かい修正が続きました。そして、声楽はピアノ以上に体調に気をつけなければならない。風邪を引くなんて言語道断。自分の身体が楽器になるということは、体調そのものが演奏にあらわれてしまうことなんだと実感しました。
 発表会は、高音が少々かすれたところがありつつも、無事に歌いきることができました。曲に合わせた歌い方も出来たと思っています。そして、他の方々の演奏を聴くのも楽しかった。普段は個人レッスンなので、会ったことのない方ばかり。曲も違えば、声域も違う。声質も違う。同じピアノでも、弾く人によって音色は変わりますが、声楽はその人の声が楽器になる。人それぞれ声域も声質も異なる。その幅広さと深さが楽しかった。クラシックだけで無く、ポップスを歌う人、合唱もあり、また、ピアノや他の楽器もあり、自分が歌う以上に、聴くのが楽しかった発表会でした。

 その発表会の後、私が発表会で歌った歌を、他の生徒さんが歌いたい!と歌っている、と先生から聞きました。私も、他の生徒さんの歌もいいな、いつか歌いたいな、と思っていました。また、先生と先生の音楽仲間さんたちのコンサートを聴く機会もあり、憧れの歌も聴け、モチベーションが上がりました。

 以前、ピアノを一人で弾いていた頃。とにかく弾きたい一心で、レッスンに通えなくてもいい、誰も聴いてなくてもいい。そうして一言で言うと「独学」を選び、自分と楽曲・楽譜・作曲家の一対一で向き合いながら演奏するので十分だと思っていました。その分、自分の演奏には極限まで客観的に向き合う。わからないことがあったら「適当」で終わらせない。それで、ひとりで練習・演奏しても、カバーできると思っていました。

 その一方で、レッスンや練習オフ会などを心の奥で本当に羨ましいと思っていました。今でも、羨ましいと思っています。そんな環境が、直々に会って演奏し合える仲間が近くにいるのが羨ましい。演奏する曲も皆レベルが高くて、よく自分を見失っていました。過去の記事に、そんな自分を見失い、立ち上がり、また迷い…の過程が記されています。そんな過去の自分は、随分と意地を張っていました。置かれている環境…ひとりで演奏するしかない状態だったから、それでもやるんだ!、と強く思わないとすぐ折れてしまうから。熱心だったけど、腕の手術で少し離れた時期もあり、ソナチネに入って勝手が変わり、壁にぶち当たったところで折れた。

 今、ようやく、意地張っていた、頑なになっていた自分に気付きました。確かに、確固たる意志を持っていないと保てない状況だったけど…。他者を羨ましいと思いつつも、拒否している部分もありました。レッスンを受けている人には、仲間にいつも囲まれている人には、この私の置かれている状況、孤独なんてわからない。理解されてたまるか。私はひとりでも、ひとりだからこそ、自分に向き合って演奏するんだ。でもその演奏は、行き場がありませんでした。ブログに練習記録や録音をアップしても、そこが着地点ではありませんでした。

 今は、誰かと共有する音楽もいいなと思っています。一人で演奏したり、演奏会やCDを聴くのも、もちろんいい。ソロで演奏する時も、誰かと合わせる時も、聴く人がいる時も、音楽は特定の人がいるいないに関わらず、誰かに向けて演奏している。声楽は、基本的に伴奏がいないと歌えない。伴奏も共有。共有して、先生や聴いている人たちの反応を受け取って、音楽はまた深く広くなるのかな、と声楽レッスンや発表会などを通じて、思えるようになって来ました。特に、歌は、外国語であっても、雰囲気で伝わるものがある。発表会前、どうしたら、どう歌ったら、聴く人にこの歌に込められているものを伝えられるだろう。勿論、基礎基本の発声も大事。でも、歌の意味を頭に入れて表現を考えることで、発声も変わってくる。おのずとついて来る。先生にそうアドバイスされ、考えながら練習していました。

 先日感想を書いた「BBCプロムス ラスト・ナイト・コンサート2014」。指揮のサカリ・オラモのスピーチに、こんな内容のものがありました。
音楽は(中略)聴く者にとっては世界共通の言語です。
(中略)
物事を見る目を養い、人の心を癒します。
音楽は驚くほどの速さで人に伝わり、心の奥底にある感情に訴えかけます。
だから私たちは、こうして集まるのです。

 音楽は、共有してもっと楽しくなる。その時しか奏でられない、聴けない(録音録画しても、その時の空気感や熱気、雰囲気までは完全に伝えきれない)音楽を、共有したい。自分が演奏して聴いた人は違うことを思うかもしれない。その逆もある。それでもいい。その異なる想いも共有したい。

 ピアノは、今は声楽の練習の際に音を取る時に使っています。「演奏する」というものではありません(ごめんよ)。今は、声楽だけで精一杯なので、とにかく歌います。でも、発表会でピアノも聴いていいなと思ったので、またピアノを弾くこともあると思います。今度ピアノを弾く時は、意地を張らないように。

 声楽のレッスン記録は基本的に書きません。練習中の曲についても書きません。後でさらりと書くかもしれません。ただ、レッスンで学んだ面白いことや、何か気がついたら書きます。

 これが、今の私の奏でている音楽です。こうやって書くこともまた、共有ですね。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-12-22 23:41 | 奏でること・うたうこと

地域の楽団を応援して伸ばす

 音楽、演奏会について、最近思ったことを。

 先日の「題名のない音楽会」は、2週に渡っての大阪市音楽団特集。この春、大阪市から独立し(3年間は市から独立のための補助は受けています)、以前から共演してきた宮川彬良さんを音楽監督に迎え、新しいスタートを切りました。
 2012年には、東京公演に行って生の演奏を聴いてくることができました。また、独立に関して、以前このブログで記事を書き言及しました。
・2012年東京公演・コンサートレポ:その1(第1部) / その2(第2部) / その3(アンコール・終演後・感想雑感)
 
↓独立とその支援に対しての私の意見記事
大阪市音楽団存続問題と「文化の空白」+存続支援運動に対して思うこと
大阪市音楽団存続問題に思うこと 続編
吹奏楽の強み 続々・大阪市音楽団存続問題に思うこと
 ↑この記事以後、静観し記事は書いていませんが、応援はしていました。

 「題名」では第1週は「出直しまっせ!」とタイトルに入れるほどの攻めの姿勢。勿論演奏は素晴らしかった。第2週は「市音の4つのS」と題して、市音の魅力を演奏で伝える形に。第1週では音楽監督である宮川彬良さんの指揮・編曲でしたが、第2週では指揮は吹奏楽ではお馴染みの丸谷明夫先生の指揮で、地元大阪の吹奏楽の名門校・淀川工科高校吹奏楽部との共演。最後は、髙谷光信さん指揮で、吹奏楽の名曲「指輪物語」(デ・メイ作曲)を。幅広く市音の魅力と精力的な活動が伝わってくる番組内容と、演奏で楽しみました。
 ここで、第2週で紹介されたのが、市音は地域に根ざした演奏活動を積極的にしていること。以前も書きましたが、無料・ワンコインコンサートや、学校での演奏会、吹奏楽部への指導などをしている。淀高も市音の指導で、力をつけてきた。淀高と市音の共演は圧巻でした。曲もカーペンターズの名曲のメドレーでとても楽しかった。

 もうひとつ、先日日曜のNHKEテレ「クラシック音楽館」。twitterでの実況も楽しく盛り上がるので、毎週楽しみにしています。いつもはNHK交響楽団の定期公演なのですが、先日日曜の放送は九州交響楽団の定期演奏会より。九州交響楽団は、九州で唯一のプロオーケストラ。しかし、先述した市音もそうですし、他の地域のプロオケもですが、財政難、演奏会に訪れる人が少なく苦しい状況…。それでも、九州響はボランティアスタッフや地域の人々の支援・応援で、地域に根ざした演奏活動をしてきた。今回、「クラシック音楽館」で全国放送されることをとても喜んでいるそうです。
 プログラムは、シューマンのピアノ協奏曲に、ブルックナーの交響曲第1番。ブルックナーの1番…あまり演奏されない曲です。お客さんを呼び込むなら、有名曲の方が呼びやすい。でも、こちらも攻めの姿勢の九州響。私はまだブルックナーはあまり親しめていないのですが、4番や9番は好きですし、重厚なオーケストラの音色、ブルックナーらしい荘厳さは1番からあったのだなぁ、と楽しめました。ちなみに、ブルックナーは交響曲0番も作曲しています…まだ聴いたことはありません…。

 この2つの番組を観て聴いて思ったのが、地域にプロの楽団があるのが羨ましい、と。もし住んでいる地域にプロの楽団があるならば、一度演奏会に足を運んで、その演奏を聴いてみて欲しい。もし気に入ったら、贔屓にして聴きに行く、定期会員になるなどして、応援してあげて欲しい、と。

 以前、市音存続問題について記事を書いた時に、もし無くなったら「文化の空白地帯」が生まれる、と書いた。クラシックなんて、吹奏楽なんて別に聴かないし、関係ないと思う人も少なくないと思う。でも、見えないところで、地域の芸術文化活動を支えている。学校や福祉施設などでの演奏会、音楽系の部活での指導。その地域での式典での演奏…知らないところで、実は耳にしていたことも少なくないかもしれない。

 先日、私も自分の地域のアマチュア楽団の演奏会に行ってきた。数年前から毎年行っている。普段馴染みのない曲も多く取り上げてくれて、こんな楽しい曲があるんだ、と演奏で教えてもらえる。アマチュアなので、仕事や学業などの合間に練習をしている。でも、毎年演奏会を開いて、地域の学校や施設に演奏会にも出かけている。演奏活動はプロと変わりない。演奏している姿が楽しそうで、また来年も来よう、と演奏会終了後に思う。毎年のように。何か気がついたことがあればアンケート用紙に書く。アマチュアでもレベルアップして欲しい。もっと音楽に惹き込んでくれる演奏を聴きたい。聴衆、ファンの存在が、その楽団を成長させると私は思う。マイナーな曲に挑戦する九州響のように。

 もう一度書きます。もし住んでいる地域にプロの楽団(オーケストラ、吹奏楽、オペラ団体)があるなら、一度演奏会に足を運んでみて欲しい。クラシックや吹奏楽曲なんて敷居が高そう…と思っても、親しみやすい有名曲を集めた親しみやすい演奏会もあるので、チェックしてみてください。そして、聴いてみて、気に入ったら、出来る範囲で構わないので聴いて応援してあげてください。コンサートを聴きにいくのが、一番の応援です。
 プロだけじゃなく、アマチュアでも同じです。

 また、団員さんやソリストさん、オペラ団体なら歌手で、気に入った演奏家がいたら、有名無名に関わらず応援してあげてください。あまり有名じゃない人、若手なら尚更、特に。有名な人、「○○コンクール優勝」などで特に売り出されている人は目立ちますが、有名じゃない、脇役でも「この人の演奏、いいな、好きだな!」と感じたらまた聴きに行ってみてください。感想はアンケートに書いたり、ブログやツイッター、FBなどでどんどん書いていいと思います。本人や関係者に読まれたら恥ずかしい…いえ、喜ぶと思います。たとえ厳しい意見だったとしても。

 楽団も、演奏家も、伸びてゆく過程を聞き続けてゆけたら…それはとても幸せなことだと思います。

 地域に根ざした楽団は、その地域にとっての財産だと思っています。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-11-26 22:17 | 音楽

音楽・舞台芸術をのこすこと

 昨日のNHK教育(Eテレ)「クラシック音楽館」は凄かった。
NHK交響楽団:第1780回 定期公演 Bプログラム(2014年4月23日/サントリーホール)
R.シュトラウス:祝典前奏曲 作品61
R.シュトラウス:紀元2600年祝典曲 作品84
R.シュトラウス:バレエ音楽「ヨセフの伝説」作品63
指揮:ネーメ・ヤルヴィ/NHK交響楽団


 先日生誕150年のお誕生日を迎えた、アニバーサリーイヤーのリヒャルト・シュトラウスだけを取り上げたプログラム。しかも、滅多に演奏されない曲ばかり。先日も記事に書いたとおり、これまで私はR.シュトラウスにはそんなに馴染みがない。ネーメ・ヤルヴィと言えば、シベリウスやグリーグをはじめとする北欧ものを真っ先に思い浮かべる。エーテボリ響とのシベリウスの交響曲・管弦楽曲集も愛聴している。と言うわけで、そんなパパヤルヴィのR.シュトラウス、しかも聴いたことがないマイナー曲とあって、観る・聴くのを楽しみにしていました。

 観て、たまげました。編成がとんでもなく大きい!!サントリーホールの舞台に、人がいっぱい。1曲目「祝典前奏曲」はパイプオルガンで派手にかっこよく始まる。ハープ4台、トロンボーン8本、チューバ2本…なんですかこれは!!更に、日本から依頼されて書いたという「紀元2600年祝典曲」では、お寺のお堂にある鐘が楽器になっている。こんな楽器になるとは思いもしなかった…。初演では、鐘(除夜の鐘でゴーンと鳴る大きい方?)が14個(!!?)も使われ、音程の合う鐘を探してくるのが大変だったそう…。今回だって、大きさは違えど音程の合う鐘を探してくるのは大変だったと思う。バレエ音楽「ヨセフの伝説」も、バレエ音楽とは思えない大編成。金管がバンバン鳴る豪華な演奏。これに、どんな踊りをつけるのだろう。どんなバレエになるんだろう。第一、こんな大編成がオケピットに入るのか?相当の大劇場じゃないと上演できないぞ?でも、観てみたいなぁ。音楽も、どんな踊りか想像つかなかったので、今年はアニバーサリーイヤーだし、どこかのバレエ団で上演してみてほしいなぁ。そんなことを思いながら聴いていました。

 あと、こんななかなか演奏されないマイナー曲を演奏したパパヤルヴィとN響とN響のスタッフの方々にも大きな拍手。N響は、時々演奏頻度の少ない曲を定期公演で演奏します。例えば、オルフ「カトゥリ・カルミナ」。歌詞が話題になった作品ですが、歌詞のネタ的意味ではなくて、その編成と演奏頻度。同じオルフの作品でも「カルミナ・ブラーナ」は有名だけど、「カトゥリ・カルミナ」の演奏は4台のピアノと打楽器というとても変わった編成。2人の独唱と合唱も、ちょっとしたオペラのようで面白かった。
 それから、私が行こうとして行けなかった(まだ言う)2月のオール・シベリウス・プログラムも、1曲目で「アンダンテ・フェスティーヴォ」。アンコールなどで演奏するオーケストラも少しずつ増えてきているみたいだが、まだそんなに知られていない、シベリウスの美しさがぎゅっと詰まった作品。後半も、普段は「トゥオネラの白鳥」ばかりが演奏される交響詩「四つの伝説」を全曲。CDでは全曲演奏のものを持っているけど、演奏会で全曲演奏するのはなかなかない。
 そんな演奏頻度の少ない曲を演奏し、しかもFMラジオの生中継でも、後日のテレビでも、全て放送できてしまうN響。N響の大きな強みです。どんどんマイナー曲を取り上げてほしいと思っています。

 演奏頻度の少ないマイナー曲。なかなか演奏が難しい大編成の作品。元々はバレエや劇のための音楽だった作品。音楽…舞台芸術をのこしてゆく、演奏・上演し続けることがいかに難しいか(音楽も舞台で演奏されるものと考えれば舞台芸術だと思う。室内楽やピアノやヴァイオリンなどの器楽曲、歌曲などの小さな編成の作品は別だろうか…?今回は別とします)。バレエ音楽、劇付随音楽も、後に作曲者が組曲にして、組曲ばかりが演奏されることも少なくありません。序曲や間奏曲だけがのこっている作品も。音楽だけでものこっていることは、貴重なのかもしれない。でも、時々珍しい原曲のCDを見つけて聴いてみたら、組曲では割愛されてしまった曲、歌や合唱に、こっちのほうが面白い!こういうバレエ・劇なんだ!と思う。先日、ハイライト版のCDを聴いてもよくわからず、生のオペラを観て「こういうお話でこういう歌だったんだ!!」とオペラの魅力を実感した「カルメン」のように。「カルメン」も組曲化されてましたね。
 逆に、組曲から入って、まずは音楽に親しむという方法もある。両方からアプローチ出来るんだよなぁ。それもひとつの方法。いいところ。
 でも、それでも、音楽と舞台芸術が融合しているのを観たいと思います。作品にもよりますが、オペラはまだいい方か?

 演奏頻度の少ない曲でも、演奏され続ければ徐々に知られ、広まり、じわじわとファンを集める曲になってゆくかもしれない。クラシック音楽にも”流行”はある。映画やドラマ、小説などで取り上げられたことがきっかけで、それまでそんなに注目されていなかった曲が一気に注目されることもある。演奏頻度が少ないからと言って、マニア向けとも限らない。逆に、何の予備知識がないからこそ、まっさらな状態で楽しめる。普段クラシックに馴染みのない人にとっては、大編成のオーケストラは迫力満点で、ロックのように聴こえ、新鮮に感じられるかもしれない(私もそう。大編成ものはそんなに聴かないので)。

 それから、現代作品。以前読んだベートーヴェンの四コマ漫画「運命と呼ばないで」で、ベートーヴェンの時代は音楽の転換期に合った。宮廷音楽家はリストラされ、音楽は貴族だけのものではなくなり、一般市民もピアノを習いはじめる。ベートーヴェンの音楽は、その時代の”現代音楽”だった。これまで、残ってきた作品はどのように演奏され続けてのこってきたのだろう。一方で、どれだけの作品が”消えて”いってしまったのだろう。今生まれている作品も、100年後にはどのくらい、残っているのだろうか。クラシックだけじゃなく、全ての音楽で。

 音楽、舞台芸術をのこす、演奏し続ける。そして私達聴衆も聴き続ける。両者がいなければ、成り立たない。のこすことが目的ではない、音楽を、舞台芸術をたのしむことが一番。でも、面白い作品なら、100年後も楽しめるようにしたい。出来るなら、音楽だけでなく、ひとつの舞台芸術作品として。そんなことを思った昨日の「クラシック音楽館」でした。

【過去関連記事】
R.シュトラウス生誕150年とばら
オペラ事始 その2 ビゼー「カルメン」(ハイライト)
オペラ事始 その4 生のオペラを観に行こう
運命と呼ばないで ベートーヴェン4コマ劇場
・2月のN響オール・シベリウスを聴きに行こうとしたが…:大雪の東京へ
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-06-16 22:16 | 音楽

「優劣」はどこから来る?

 ふと目にした言葉に、射抜かれた気持ちになることはよくある。そんなこと考えてもどうしようもないのに、考えてしまうことがある。

 今日目にしたのは、”芸術の「優劣」”について。
 音楽(作品・演奏)でも、美術でも、演劇…「芸術」というものの「優劣」ってどう決めるんだろう?「芸術」を書くと高尚なものをイメージしてしまうけど、文学やサブカルチャーも含まれるだろう。
 「優劣」をどう判断、どう評価するのだろう?
 コンクールで優勝とか、大絶賛の演奏とか、その基準はなんなのだろう?

 あまり考える範囲を広げると、その風呂敷をたためなくなってしまうので、今回は音楽の演奏で考えてみる。
私は、プロだろうが、アマチュアだろうが、演奏会でお金を取っていようが無料だろうが、大規模だろうが小規模だろうが、「コンサート」と呼ばれるものだろうが「発表会」と呼ばれるものだろうが、そんなことは関係ないと思っている。どんな立場であっても、どんな場であっても、演奏することはその時限り。その作品・作曲家、聴衆のため、そしてその作品を練習し”研究”してきた自分のひとつの通過点(ゴール・答えとは限らない)として、自分自身への挑戦として、その時限りの演奏をする。自分自身、人前で演奏する機会は少ないけれども、そう私は考えている。聴衆の立場にいる時も。聴衆の立場にいる時は、「今、演奏者は何を考えてこの演奏をしているのだろうか?」と考える。

 「うまい」「へた」は、あると思う。これまで、コンサートに行って、途中で帰りたいと思うほどの演奏にめぐり合ったこともあった。ミスが多かった、響いてこない、残念だったなぁ…と思うことはあった。
 それが、「優劣」なのだろうか。いや…まだ結論じゃない。 

 今思い返すと、何が、「残念だった」のだろうか。何を「残念だ」と思ったのだろう?技巧や表現のことだろうか。それとも、個々人の「好み」だろうか。その演奏・表現・解釈が自分と相性が合わなかっただけだろうか。

 好きな作品であればあるほど、自分が演奏できなくても「理想」のようなものを持っている。あの指揮者の、あのオケの、あの演奏家の、あの演奏。「理想」…「お手本」と言えるかもしれない。それが「優劣」や「残念」かどうかを評価するポイントになる。それは、評価、批評するため…?
 いや、私は、批評するために、音楽を演奏を聴いているんじゃない。これだけははっきりと言える。

 繊細でうっとりとするような演奏もあれば、荒削りでも未知の世界につれて行ってくれるような、スリリングなドキドキする演奏もある。ミスはあるけれども、そのミスを打ち消してしまうようなインパクトの強いものをもった演奏もある。「CDで聴いたのと全然違う!」という生で聴くからこその演奏もある。聴いた後、それまでの価値観が崩れノックアウトされて、帰宅後疲労困憊で寝るしかない演奏もある。どんな演奏がいいか、その作品、場、機会、演奏者…全く変わってくる。だから、音楽は面白い。

 考えていて、私は演奏者視点と聴衆視点、どちらも持ちたいと思った。欲張りなような気がするけれど、それが私にとって、音楽(芸術)に触れる際の感性を磨くことになると思っている。

 この二者は、きっと、すれ違う、一致しない、温度差ががある。理想とするもの、目指すものが異なる。一致した時、会場はステージ上も客席も物凄い熱気に包まれるのだろう。
 演奏家が、聴衆に「ウケる」ようなものばかりをやるのはどうかと思う。聴衆も「あの作品を演奏して欲しい」「この人ならこんな演奏をしてくれるはず!」と期待する。期待に応えてくれるのは嬉しいけど、媚びているような気もする。評価を気にしすぎて自滅してほしくもない。
 聴衆も、何でもベタ褒めは出来ない。「あの人の演奏だから、間違いない」なんて妄信(盲信)は避けたい。感じたこと…ポジティヴでもネガティヴでも、どんなことでも言うことは言っていいと思う。ただ、批判だけしたくもない。そして、それが先述した「優劣」とはという問い、技巧や表現のことなのか、個々人の「好み」、その演奏・表現・解釈が自分と相性が合わなかっただけなのか…客観なのか、主観なのか。これらを混同させたままで「批評」するのは、私はしたくない。その感じたことの源を自覚しておきたいと思う。

 演奏会に行けば、配布されるプログラムにアンケート用紙が入っていることがよくある(無い場合もあるけど…できる限り、主催者はアンケート用紙を用意して欲しいと思っている。声を伝える、一番しやすい方法だから)。最近はツイッターなどで、公式アカウント宛に直接感想ツイートすることもできるし、直接じゃなくても公式・中の人は検索して見ているかもしれない。
 少し前から面白いなと思っているのが、名古屋フィルハーモニー交響楽団。公式アカウントでは、コンサートのリハの様子から詳しくツイートして、コンサートが終われば、専用ハッシュタグを作って、「感想をツイートしてください」と呼びかける。感想と言っても、「大絶賛から厳しい批評まで何でもどうぞ」と言っているのだから凄い。
名古屋フィルハーモニー交響楽団:オフィシャルページ
Twitter:名古屋フィルハーモニー交響楽団
◇感想ハッシュタグをまとめたもの一例:togetter:名フィル第411回定期演奏会(2014年3月14日(金)・15日(土))感想まとめ #名フィル411
 ↑このまとめはコンサートに行ったファン・定期会員によるもの。公式公認。ファン・定期会員とオケ公式が、いい関係にあるんだなと感じられます。これを読んでいて、名フィルを聴きに行きたくなりました。

 音楽・演奏(芸術そのほか)の「優劣」とは何だろう。「うまい」「へた」の基準は何だろう、どこから来るのだろう、何に所以するものなのだろう?この記事に書いただけじゃわからない。世界的な大指揮者、大演奏家でもわからないことかもしれない。ただ、演奏を聴いた時、演奏している時の思ったこと、考えたこと、感じたことが、何に由来しているのか。主観・客観・経験・理想…どこから来たものなのか、それは考えて端っこだけでも掴んでおきたい。そして、それを表現する言葉は磨いておきたい。アンケートなどで伝えるためにも。素敵な、好きな演奏だと思ったら、まだまだ伸びると思うことがあったら伝えたい。

 要するに、「うまい」「へた」「優劣」の単語だけ、その基準だけで終わらせることはしたくない。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-03-16 22:10 | 日常/考えたこと

作品と人とエピソード・物語

 今朝、起きて携帯でニュースをチェックして驚いた。佐村河内守氏のニュース。ゴーストライターが作曲していた、という。世間では様々な反応があり、沢山の、様々な意見や批判が飛び交っている。私も朝からもやもや、ぐるぐると考えています。明日には、そのゴーストライターだった新垣隆氏の会見が行われるそうだ。その会見の内容で、また色々と考えてしまうだろう。明日、その会見の内容を知る前に、自分の中で「更新」されてしまう前に、今思っていること、考えていることを書きとめておきたい。

 この記事で私は誰かを批判するつもりは無い。両氏も、佐村河内氏のことを伝えたメディアも。ただ、私の中で、私自身に対して、ぐるぐると渦巻いているモヤモヤを、自分にとっての問題として、書き留めておきたいのです。

 「交響曲第1番<HIROSHIMA>」は、Eテレ(NHK教育)で全曲放送されたのを聴いて、そのあとCDで聴いた。日本人作曲家のクラシック音楽の現代作品、しかも交響曲という堅物が話題になっている。何だそれ。私の行動圏内のCD売り場では片隅に追いやられているクラシック音楽。しかも交響曲で、現代作品が。ちょっと信じられない。一体どんな曲なんだろう?メディアで取り上げられる度に気になって、丁度いいタイミングで全曲放送があり、CDも聴いてみた。現代作品の交響曲…いわゆる前衛的な作風の曲は得意ではないので身構えていたが、全く違った。メディアでは全聾ということでベートーヴェンを引き合いにしていたけど、雰囲気は後期ロマン派。暗・闇に浮かび上がる明の音がいいなと思った。暗・闇の部分は、私には結構重めで辛いなとは思った。

 ただ、この「交響曲第1番」を聴いた時、私は佐村河内氏のドキュメントを観た後。全聾で、体調不良にも悩まされ続けている状態で作曲活動をしている。作曲の背景も知っていた。ドキュメントで観た内容は頭の中にあって、少なからずその影響はあったことは否定できない。

 私は、音楽そのものではなく、人・人の物語をみて・聴いていなかったか。
 誰かが何か作品を生みだし、つくる。
 それを私は、その作品そのものをみて(聴いて)いるのか、それとも作品をつくった人をみているのか。
 作品や人の背景にあるもの、エピソードや物語に引っ張られていないか。

 twitterでも話題になっていることでしたが、そんなことを、朝からずっと考えていました。自分の問題として。

 ベートーヴェンは、耳が聴こえなくなっても作曲し、その代表曲が「交響曲第9番」、いわゆる「第九」。第九は大好きな作品で、12月になれば何だかんだ言って聴きたくなる。大晦日のN響の第九は欠かせない。その一方で、まだ耳が聴こえていた頃の作品、若い頃の作品も、やっぱり好きだ。今この記事を書く前に、NHKFMで「ピアノ協奏曲第1番」を放送していて聴いた。ピアノ協奏曲でも第1番を聴くのは実は初めて。3番が特に好き、次に4番も好きなのだが、1番もいいなと思った。若々しい、明るくエネルギッシュなベートーヴェン。
 ベートーヴェンが”第九”などの後期作品を生み出したのに、耳が聴こえなくなったことは関係がある、影響があるかもしれない。苦悩から歓喜へ。そのエピソードがあっても”第九”は素晴らしい作品だと思うし、エピソード無しでもやっぱり感動すると思う。苦悩しながら理想の音を探して、これだと見つけた歓喜のメロディーをオーケストラだけでなく、4パートのソリストと合唱付きで高らかに歌う。歌が入るとテンションが上がる。この”歓喜の歌”の歌詞や日本語訳を知っているかどうかでも、また違ってくると思う。知らなくてもあの熱気だけで伝わるものはあるし、歌詞やその意味を知れば「そうだったんだ」と思うことも多くなる。

 他の作曲家・作品でも、様々なエピソード・物語がある。国、時代、作曲の背景や、作曲家の人間関係、置かれていた状況など、背景を語ろうとすれば次々と出てくる。
 私の好きな作曲家で語れば、シューマンにとって妻・クララは音楽作品においても無くてはならない存在だし、シベリウスがフィンランドの作曲家と聞けば、フィンランドの自然や四季、特に厳しい冬やその冬から春の訪れ、森と湖をイメージする。交響詩「フィンランディア」もロシアから独立しようとするフィンランド独立運動が深く関係している。

 または、演奏家の場合。ハンディがあっても演奏活動を続けている演奏家や、賞をとって有名になる演奏家も少なくない。例えば、ピアニストの舘野泉さん。脳出血で倒れ半身不随になり、復帰後は左手だけで演奏する「左手のピアニスト」として有名だ。舘野さんのことを知ったのも、その復帰後、左手の演奏がメディアに取り上げられていたことがきっかけだった。ただ、CDでも、コンサートで生の演奏を聴いた時も、これは左手だけだろうが両手だろうが関係ない。ひとりのピアニスト・人間が、美しい音楽を奏でている。そう思った。その後、倒れる前のCDも結構聴いた。どちらも素敵で、好きな演奏だ。

 その一方で、ハンディがある、有名な賞をとった、ということを意識し過ぎてしまって聴こうとしない演奏家もいる。多くの人が飛びついているのを静観したいだけなのか、流行に乗っているようで気恥ずかしいだけなのか…。多分後者だと思う。

 こんな風に、作品にも、作曲家や演奏家にも、エピソード・物語がついてまわる。どこかに人・人の物語をみていることは、否定できない。音楽だけを純粋に聴く、ということは出来るのか。今回のケースのような強めのものもあるし、国や時代・時代背景のような音楽史の基礎知識のものも、背景としてエピソード・物語になる。何の知識も情報も無しに、偶然聴いて気になった…そんな状況でないと、純粋に音楽だけ聴くなんて無理だ。非常に難しい。後から作曲者を調べて、それがまた背景・エピソードになるわけだし…。

 作品や人についてまわるエピソード・物語が悪いのか…そうとも限らない。エピソード・物語がきっかけで興味を持った、聴いてみて好きになった、もっと聴きたいと聴くようになった。そんなこともよくある。そんなことの方が多い。

 今度、旅先で古くからの友人と会う予定なのだが、その時、その会う場所の近くで、クラシックのコンサートがあるのを知った。私の好きな曲ばかりで、しかも私の行動圏内ではなかなか聴く機会がない曲ばかり。せっかくだから聴きに行きたい。友人たちにも声をかけたのだが、友人の中にクラシック好きな人はおらず。コンサートに私が行くことは了承を得たのだが、このままだとひとりで行くことになりそうだ。コンサートに行く時は大体ひとり。せっかく友人と会っている間なのだから、一緒に聴きたい。と言うことで、魅力をプレゼンしてみたのだが、残念なことに反応は皆無。超有名作曲家・超有名曲や、エピソード・物語・訴えるものの強い曲ならな…とも思った。決して魅力のない曲ではないのに。超有名曲ではないけど、魅力を語ろうとすればどんどん語れる。しかし、クラシック初心者にいきなり熱弁しても引かれるだけなので、そこまでは出来なかった。

 わかりやすく強いエピソードや物語があれば、それまで興味を示さなかったようなことにも興味を持つかもしれない。人それぞれではある、どんなに語っても何の効果も無い場合もあるけれども。

 エピソードや物語は、関係あってもいいけど、無くてもいい。これが今現在の私の考えていることだ。エピソードや物語があるから、その作品やその人のつくるものは素晴らしい…という見方はおかしいなと思う。あってもいいし、無くてもいい。どちらでも聴ける、聴いていいなと思えるなら。

 ただ、その背景・エピソードや物語によってつくられる人物像から、その人の作品・言ってること・やることだから心動かされているということも、ある。これも否定できない。
 いくら好きな人でも、言っていることで時々、いやこれには納得できないと思うことはある。この作品はちょっとわからない、ピンと来ない。そう思ったら、それは大事にしたいと思う。「その人だから」という考え方にも引っ張られないように。

 音楽に限らず、文学でも芸術でも文化でも、学問・学術研究でも、これからオリンピックも始まればスポーツも、作品(研究内容・試合内容・結果)やその人の背景、エピソードや物語が語られるだろう。つい先日も、学術研究でそんなことがあったのを思い出す。その時は、ニュースそのものをちゃんと見ておらず、研究内容も詳しいことはわからず、そんな状況でも報道批判だけがどんどん流れてきて、何が何だか、参ってしまった。それがようやく落ち着いてきた頃に今度は…。
 今回は参ってはいないけれども、思うことは色々あります。ゴーストライターがいると判明した後の報道や人々の反応に思うことはあります。でも、今は私が考えたことだけ書きました。

 カテゴリは音楽のはずですが、音楽に限らないので考えたことカテゴリにしました。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-02-05 23:04 | 日常/考えたこと


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る






日々のログ:今、ここ、想うこと
または:Twilog

はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測準備中!

最新の記事

メロディ・フェア
at 2017-05-17 22:51
日本・デンマーク国交樹立15..
at 2017-05-12 22:18
流れ行く者 守り人短編集 /..
at 2017-05-09 22:51
北国の春 2017
at 2017-05-04 21:21
日本とデンマークの150年切..
at 2017-05-02 21:54
理化学研究所創立100年記念..
at 2017-04-26 22:11
「星の物語」切手 第5集 押..
at 2017-03-11 21:47
星の案内人 4 [完結]
at 2017-03-07 22:30
最後は南天 「星の物語」切手..
at 2017-03-04 22:44
2017:あけましておめでと..
at 2017-01-05 21:45

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

検索