タグ:須賀敦子 ( 5 ) タグの人気記事

地図のない道

 本は読んでいるのですが、感想を書かないまま、どんどん溜まってしまった。どんな本だったか、どこに惹かれたのか、それを再確認するためにも、感想を書くのは必要かなと思う。少しずつ読んでいる須賀敦子さんのエッセイを。



地図のない道
須賀敦子 / 新潮社、新潮文庫 / 2002年 (単行本は1999年)



 イタリアの友人から、ある本を贈られた。その著者の作品が好きで読んでいたので送ってくれたらしい。その本は、ローマのゲットからユダヤ人がナチスに連行された事件について書かれた本だった。須賀さんは、かねてからローマやヴェネツィアにあるゲットに興味を持っていた。かつてローマのゲットの地区を訪れ、そのレストランで食事をしたこと。ヴェネツィアのゲットへ行ったこと。ユダヤ人の血を引く友人のことも思い出す。


 須賀さんの本を読んでいると、いつも、知らないこと、普通の旅行ガイドブックや他の旅行記では知ることのできないことを知って驚く。明るい面よりも暗い面、目立たない面。そんな世界を見せてくれる。そんな世界も存在し、そこに人々が生き、暮らし続けているということを。
 ユダヤ人とヨーロッパ。ヨーロッパの歴史を語る上で、避けては通れない、今も続いている歴史だ。元日の「ウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサート」の前に特集番組があったが、そこでもユダヤ人とナチスのユダヤ人迫害について語られていた。ナチスが支配していた時代、ウィーン・フィルもナチスの支配下にあった。ユダヤ人や、ユダヤ人の家族を持つ楽団員を追放し、ユダヤ人は殺され、ユダヤ人の家族を持つ楽団員は亡命した。戦後、ウィーン・フィルに戻りたくても拒否された。今は華やかに新年を祝うニューイヤー・コンサートだが、暗い歴史も持っている。
 ゲットは15、16世紀、つくられ、高い塀で囲まれた地区にユダヤ人が閉じ込められることになったが、それ以前、紀元前からもユダヤ人はある地区に固まって暮らすようになったのだという。
 ヴェネツィアのゲットの博物館、島と橋。ヴェネツィアにあるゲットやユダヤ人に関する場所を辿る。そんな旅の間に語られるのが、須賀さんが出会ったユダヤの血を引く人たちだった。戦時中は辛い目に遭ったが、戦後は彼らはそれぞれ、暮らしていた。ユダヤ人でも、キリスト教徒だったという人々も少なくない。彼らの案内で教会へ行ったり、子どもが生まれて、洗礼や命名に立ち会ったり。彼らは彼らなりに、イタリアのキリスト教文化に適応して暮らしていた。そういう歴史の表舞台に出てこない人々の暮らしは、実に清々しい。

 「ザッテレの河岸で」では、もうひとつのヴェネツィアの隠れた歴史が語られる。「Rio degli incurabili」(リオ・デリ・インクラビリ)…治療のあてのない人々のちいさな水路、という意味だ。それを見つけた須賀さんは気になり、その由来を調べ始める。
 ヨーロッパの国々での、「病院」についての考え方も始めて知った。考えてみれば、確かにそういえばそうだと思う。裕福な人々は、病気になると自宅で治療を受ける。貧しい人々は病院に送られる。入院する=病院に連れて行かれる、という強いネガティヴなイメージを持っている。
 ある日、須賀さんは「コルティジャーネ」についての展覧会を観る。「コルティジャーネ」は高い教養を持ち、歌や楽器にも長けている娼婦のことを言う。貧しい階級の出身というわけではなく、経済的にも余裕のある階級の出身の者が多く、一般的な娼婦とは違うイメージだ。この後、ヴェネツィアを訪れた須賀さんは、コルティジャーネと「incurabili」の関係を知る。彼女たちがどう生きたのか。華やかで豊かな生活は、危険と隣り合わせだった。そして行き着く先。高い教養を持ち、文化面でも豊かな女性たちの最期を思うと心が苦しくなる。それでも、彼女たちは自分に誇りを持って生きていたのだろうか。

 須賀さんの本には、どんな環境、境遇でも懸命に、清々しく生きている人たちが登場し、感銘を受ける。たとえ貧しい暮らしでも、苦難に満ちた人生でも。イタリア各地の街も、様々な面を見せる。それが、世界なのだと教えてくれる。美しく、敬虔な世界だ。

[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-01-06 22:29 | 本・読書

トリエステの坂道

 積読消化中。久々に須賀敦子さんの本を。


トリエステの坂道
須賀敦子/新潮社・新潮文庫/1995

 イタリアの北東、アドリア海に面した国境の町・トリエステ。著者は詩人・ウンベルト・サバの暮らした街を歩く。中世以来オーストリア領となり、ドイツ語文化圏に属している。が、使われている言語はイタリア語の方言。第一次大戦後、1919年にイタリアの領土になった。ウィーンなどの北の国々と、イタリアと…トリエステの人々は複雑な二重性を持ち、イタリアにありながら異国を生き続けていた。そんな街は、イタリア人の夫・ペッピーノやその兄弟、家族、親戚、ミラノの人々を思い出させた。


 須賀さんが語るイタリアは、私が以前まで抱いていたような、地中海の明るい、陽気な、賑やかな地だけではないことを、著作を読む度に実感する。この「トリエステの坂道」は特にそうだ。

 トリエステは、二重性を持った町。イタリアとスロベニアの国境にあり、かつてはオーストリア領。でも、トリエステの人々はイタリアに属することを望み、言語もトリエステの方言。その後解放運動を経て、イタリアの領土になったが、それまでのオーストリアの文化は街から消えなかった。「一枚岩的な文化」ではない街。それは須賀さんにとってはトリエステだけではなかった。かつて、亡き夫のペッピーノと暮らしたミラノの街もまた、「一枚岩な文化」ではない人々が暮らしていた。ミラノも分かれている街だった。イタリア人ではない人。鉄道員住宅の人々。夫の兄弟や母親、彼らの家族、親戚たち。貧困、病気…様々な生き方の、境遇の人々がいた。

 世の中、世界、世間は「一枚岩な文化」ではない。ひとつの国、ひとつの街・地域でもそうだし、ひとつの家族でもそう感じる。家族でも、生き方が全然異なることがある。ペッピーノの兄弟もそうだった。弟のアルドは、ペッピーノとは違う性格だった。そのひとり息子のカルロも。この「トリエステの坂道」には、アルド一家について書かれているところがいくつかある。アルドの妻シルヴァーナは国境の「山の村」出身。ここにもまた「一枚岩の文化」ではない、二重性がある。アルドがシルヴァーナと結婚し、カルロが生まれ、カルロの成長が語られ…それは一筋縄でうまくいくものではなかった。ある家族におちる陰影。この深い陰影を、須賀さんの冷静かつあたたかな文章で読んでいると、生きるということの深さを思い知る。

 「ふるえる手」では、カラヴァッジョの絵「マッテオの召出し」についても語られる。影で絵を描いたカラヴァッジョ。この「トリエステの坂道」も、影で描かれているように感じる。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2016-07-12 22:51 | 本・読書

ヴェネツィアの宿

 久々に須賀敦子さんの本を読みました。


ヴェネツィアの宿
須賀敦子/文藝春秋・文春文庫/1998(単行本は1993)

 戦争末期・終戦後の頃、イタリアに留学した頃、父と母と、父の愛人のこと、ミラノで結婚した頃のこと…須賀さんの様々な年代の思い出を語る12編のエッセイ。

 立秋も過ぎ、当地は一気に秋めいてきた。まだ夏だけれども、陽の照り方、空の色や雲、風の温度や触感、日の短さ、暮れゆく空…秋の気配を感じる。真夏のギラギラした太陽の下、強烈に明るい雰囲気から、陰りを感じる季節へ。読んでいたら、そんな夏から秋へ移り変わる頃の陰りを思い浮かべた。

 須賀さんが留学し、住んだイタリアやフランスは、南の国のイメージがある。日本のような酷暑ではないけれども、カラッと暑くて、太陽の光が降り注ぎ、明るく、人々も陽気で、街も賑やか。でも、須賀さんが描くイタリアやフランスの情景は、そんなカラッとした陽気なものではない。その光の陰にある、人々の憂鬱や心の奥底が際立っている。周りが明るくポジティヴな印象が強いから、暗いネガティヴな様が浮かび上がりやすいのだろうか。

 今年は戦後70年。戦時中、終戦後に関するエッセイもある。「寄宿学校」は終戦後のカトリック学校の学校生活や寄宿舎でのことが書かれている。戦後の混乱の中、外国人のシスターたちはどんな想いでいたのだろう、と思う。学校での学業や生活は楽ではなかった。その「寄宿学校」の最後が印象的だった。

 以前読んだ「コルシア書店の仲間たち」に関するエッセイもあります。夫のぺッピーノとの話は、何度読んでもつらい。

 様々な人と出会い、別れ。その時、様々なことを思うけれども、はかなく過ぎ去ってしまう。短い夏のような、切なくなる本です。

 ところで、須賀敦子さんの本を読もうと思ったら、河出文庫から全集が出ているじゃないですか。全集でそろえるか、それぞれのを買うか…迷います。全集だと分厚くて持ち歩きにくいのが難点…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2015-08-09 23:17 | 本・読書

コルシア書店の仲間たち

 今年読んだ本は、今年中に感想を書いておきたい。しばらく前に読んだのですが、感想を書くとなると難しい、文章にしにくいと思ってしまうのは何なのだろう?読んでいて、とても惹かれた本なのに。
・読んでいた頃の過去記事:活字に飢える(2012.6.4)
 体調不良、精神状態不安定だった頃だ…。

コルシア書店の仲間たち
須賀敦子/文藝春秋・文春文庫/1995(単行本は1992年)

 1960年代須賀さんが若い頃、イタリアへ留学し、ミラノで「コルシア・デイ・セルヴィ書店」という小さな書店に出入りするようになる。カトリック神父のダヴィデ・マリア・トゥロルド神父が中心となり、理想の共同体をつくろうと政治的な活動も行う若い人々が書店に集っていた。そんなコルシア書店に通い、集う仲間たちのことを綴ったエッセイです。

 イタリア、と聞くと、地中海の明るい日差しが降り注ぐ海と街、朗らかで陽気な人々、彩りよく美味しいイタリア料理やワインをイメージする。しかし、この本で描かれているイタリア・ミラノは、そんなイメージとは異なる。須賀さんが描くミラノは、淡く、どこか暗く、「モノクローム」もしくは「セピア色」という言葉が似合う。銀板写真のようなイメージもある。

 しかし、描かれている人々は個性的で、活き活きとしている。彼らが生き、暮らす周囲は鮮やかだ。一癖あるけれども、愛おしい人々。夫となるペッピーノをはじめ、読んでいてその人たちへの愛情が伝わってきた。

 それと同時に、イタリアやヨーロッパの歴史も語られる。第1次世界大戦、ナチスとユダヤ人、第2次世界大戦…。戦争は過去のものではない、人々が生きることを脅かした身近なもの、自分たちに繋がるものと書かれている。歴史の教科書やドキュメンタリーとは違う、リアルさを感じた。

 どの章も印象的なのだが、「銀の夜」のダヴィデの詩に惹かれる。「街」で描かれるミラノの2面性。「大通りの夢芝居」のミケーレはどうなったのだろうと気になってしまう。先述したナチスとユダヤ人の「家族」。「小さい妹」のガッティと共に描かれるミラノの風景。夜、アイスクリーム屋へ向かう道の描写に惹かれる。そして日本に帰ってからの「ダヴィデに」。

 コルシア書店はなくなってしまい、集っていた人々も離れ離れになってしまう。夫・ペッピーノも他界してしまう。同じ場に集っていて、ひとつのものを目指している仲間たち。でも、その心の中が全く一緒とは限らない。私もそんな経験は何度もある。その度にかなしい、残念だけれども、これは当然のことなんだ、私と他者は「別人」なのだから、と言い聞かせる。でも、完全に「別人」でもない。「孤独」とは。最後の232ページを読んで、また最初から読むと、描かれている人々がますます愛おしく感じる。

 文章を味わい、描かれている情景や人々を味わう。いとおしむ。優しく抱きしめたくなる。最初に書いたとおり、「モノクローム」な味わいもありますが、そんな雰囲気もまた愛おしい。何度でも読み返したい本です。

 須賀さんの本は、これからも読みたい。読みます。既に積読になってます。
・前回読んだ須賀さんの本:遠い朝の本たち
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-12-18 22:58 | 本・読書

遠い朝の本たち

 少し前に、お勧めしていただき、須賀敦子さんのことを知りました。はい、恥ずかしいことに名前も知らず…。では著書を読んでみようと本屋を探したら、この本に出会いました。文庫はそれまで触れたことの無い方の作品でも、気軽に読んでみようかなと思えます。


遠い朝の本たち
須賀敦子/筑摩書房・ちくま文庫/2001

 この本は、須賀さんの著作の中でも晩年のものだそうだ。須賀さんは子どもの頃から本をたくさん読んできた。その読んだ本と、その本にまつわる思い出や、人との関わりが綴られています。戦前の頃の小学生時代から、海外へ目を向け始めた大学時代、それ以降の長い期間にわたって、読んだ本と様々なエピソードが語られます。今も読み継がれている名作から、古い本らしく私には初耳である本まで、幅広く。

 子どもの頃、私も休み時間になると図書室に行って、読みたい本を探した。名作から、題名が思い出せない作品まで。だが、その頃読んだ本のことをどれほど覚えているだろうか。その本を読んだ時、自分はいくつで、どんな暮らしをして、どんなことを考えていただろうか。その本に関わるエピソードは何かあっただろうか。そして、その本と出会って、自分はどう変わり、どう生きていただろうか。自分に問うてみるが、あまり思い出せない。それを、はっきりと覚えていて、生き生きと、でも洞窟を水が流れてゆくように静かに、落ち着きのある文章で描いている。本当に本が好きで、本とともに生きて、暮らしてきた須賀さん。本が人生と切り離せない存在だったのだろうなと感じました。(私はまだまだ甘ちゃんでしたと実感)

 本の内容も語られるが、主に語られるのはその本を読んだいきさつや、その本を読んでいた頃の生活、思い。家族や友達との関わり。本を読んで、読んだ時の思いとともにその舞台となった場所を訪れることも。本がきっかけとなって、思い出が豊かに語られてゆく。また、読んだ当時はよくわからなくて、時間を経て、大人になってからその意味に気づくこともある。だからこそ、本との出会いは面白いし、かけがえが無い。

 サン・テグジュペリ「星の王子さま」「人間の土地」「夜間飛行」や、アン・リンドバーグ(飛行家・チャールズ・リンドバーグの妻)「海からの贈物」は、私も以前読んではいたが、あまりじっくりと読んでいなかった。もう一度、向き合いたいと思う。サン・テグジュペリ「戦う操縦士」も読んだことは無いが気になる。

 最初からじっくりと読んで、終章で「あれ?」「ああ…!」と思う。そして、また最初から読みたくなり、もう一度読んでしまいました。本を読んで、本とともに生きることで、人生はより鮮やかに彩られる。今読んでいる本たちも大事にしたい。心の中にじんわりと湧き上がってきた思いを抱きしめたいと思う本です。


 さて、須賀敦子さんの著作はたくさんあるのですが、先日、新潮文庫からこんな新刊が。

須賀敦子を読む (新潮文庫)

湯川 豊 / 新潮社


 須賀敦子さんの著作ガイドになるかな、と思って買ってみた。実際は、一度読んだ方向けの本らしい…。とにかく、読んでみようか(年明けになるだろうが…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2011-12-16 23:25 | 本・読書


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る



はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測中!

最新の記事

ムーミン切手再び +特印 (..
at 2018-01-17 22:01
カリスマ解説員の楽しい星空入門
at 2018-01-16 22:18
イギリスだより カレル・チャ..
at 2018-01-10 22:26
ムーミン切手再び +特印 (..
at 2018-01-10 21:16
地図のない道
at 2018-01-06 22:29
「しきさい」(GCOM-C)..
at 2017-12-24 22:43
クラシック音楽の最前線で B..
at 2017-12-23 23:26
[フィンランド独立100年記..
at 2017-12-20 22:51
切手で絵本の世界
at 2017-12-20 21:55
金井さんのISS長期滞在スタート
at 2017-12-19 22:10

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索