人気ブログランキング |
あの物語をもう一度 「電脳コイル」GYAO!で配信中

 GYAO!で配信中のアニメ「電脳コイル」が最終回を迎えました。初見の時はボロ泣きしてたなぁ…と思い出しながら観たのですが、やっぱりボロ泣きでした。うろ覚えなところもあって、イサコと「4423」の関係、古い空間が何なのか、イマーゴは何なのか、猫目は何を企んでいるのか、ミチコさんは何者なのか…ヤサコはどうやってイサコを助けたのか…物語が複雑で今も理解しきれないところがあるのに、ヤサコと同じように「心の痛み」を感じて、涙腺を攻撃される。最終回までの課程もいい。散りばめられてきた謎がひとつひとつ繋がって、解けていって、そこにイサコの過去や本心、ヤサコのイサコへの想いが浮かび上がってくる。初見時、最終回で電脳霧がすーっと消えていった感じがあると当時のブログに書きましたが、同じ気持ちです。電脳霧が晴れると、ヤサコやイサコの感情が溢れてきて、涙も溢れる。10年以上も前の作品なのに、同じところで泣いて、同じことを思っています。

誰かへつながる細い道

 初見の最終回の後、この記事を書きました。イサコが言っていた、人と人の間には細い道がある、という話。最後まで観て、この記事を読み返して、10年以上経っても私は同じようにその細い道で迷っているなと感じました。

ずっと怖かった
誰かと心が繋がることが怖かった
でも、もう怖くない
見失っても、必ず道はどこかにある

ヤサコ:人は細い道で繋がってる 時々見失うけど

でも、きっと繋がっている
 最終回でのイサコの言葉です。私も、誰かと心が繋がることが怖い、と思うことがあります。誰かと心が繋がって、仲良くなれたら嬉しい。でも、いいことばかりではない。かなしみや苦しみ、痛みがある。うまく伝えることができなかったり、すれ違ったり、誰かのある一面に嫌だなと感じたり…。人間関係での「心の痛み」を感じて、嫌になって、逃げたこともある。上の記事では
「痛いからと言って、誰かとの心の道をつなげることをやめたくはない。この土俵から降りることもない。 」
と書いたけど、土俵から降りたこともある。自分の弱さ、不器用さに酷く悩んだことも何度もある。だから、誰かと心が繋がることが怖い。イサコのように「もう怖くない」と言い切れない。

 ヤサコは優しい子、イサコは勇ましい子と言われ、物語の序盤ではまさにそのあだ名通りの2人だったが、そうじゃなかったんだなと思った。ヤサコはイサコが見抜いたように、優しくすることで心の弱さや偽り、本音を隠している。イサコを救おうとする辺りではとても強い。最終回のヤサコの表情はとても凜としていた。ちなみに、自分の身を危険にさらしても人を助けようとするところ(ヤサコはイサコだけなく、ハラケンも救った)は、おじじ譲りなのかもしれない。最終回のおじじ、いい人だったなぁ。
 イサコはサッチーをも破壊した最強の暗号屋だが、兄に甘えたい気持ちや人と繋がることを怖いと思っていること、心の痛みを怖れていること…そんな弱さを持っている。ヤサコが4423の病室のことを知り、イサコが兄はあっちに連れて行かれたんだと話した時のおどおどした感じ。兄のことなんて誰も信じてくれないと弱気になっている。その弱気を隠すための勇ましさであり、暗号というツールもあったのかなと思う。
 そして、イサコが還ってくる道しるべになったもの、ヤサコがイサコを探しあてることができたもの、それが「心の痛み」だ。

 人間は様々な面を持っている。私は平気そうな顔をして、周囲の人間関係から一歩引いていることがよくある。ちょっとでも誰かと想いがすれ違ったりすると、どうしていいかわからなくなる。でも最近は、すれ違うことがあっても少しずつ修復を試みようとしている。それが合っているのがわからない。でも、今の自分にできることをしている。怖いし、自信はないけれど。

言っただろう、私は友達というものがよくわからないのだ
でも、お前は…そうだな、同じ道を迷って、同じ道を目指した仲間だ
でも、仲間なのは同じ道を目指している時だけだ
私みたいな人間は、いつまでも他人といては自分の道が見えなくなってしまう
また会おう、同じ道を迷った時に
 これも最終回でのイサコの言葉です。今も誰かに繋がる細い道で迷っている私が、再び「電脳コイル」を観られてよかった。同じ道を迷ってばかりな私は年に1回は「電脳コイル」を観た方がいいのか…?
 やはり私は「もう怖くない」と言い切れないし、細い道を迷いつづけるだろう。痛みを感じ続けるだろう。ただ、「痛い」と知っているから、他者の気持ちに寄り添えるのかもしれない。怖さも、同じなのかもしれない。何度も迷っていることも。
 迷いや痛みは消えないけれど、それがコミュニケーションしていく上で大事なことなのかもしれない。それを忘れたら、相手の痛みに対して鈍感になってしまうから。相手が痛みを感じていても、それを無視してしまうから。私は迷いや痛みと共に細い道を歩く。時々見失って、逃げたり、止まったりすると思う。でも、細い道はきっとどこかに繋がっている。それを信じたい。
# by halca-kaukana057 | 2019-12-14 23:36 | Eテレ・NHK教育テレビ
 NHKスペシャルで放送された「ボクの自学ノート 7年間の小さな大冒険」を録画で観ました。
NHKスペシャル:ボクの自学ノート ~7年間の小さな大冒険~
NHKドキュメンタリー:ボクの自学ノート~7年間の小さな大冒険~
 ↑元々はBS1のドキュメンタリーで放送された番組でした。番組未放送のインタビューも。

NスペPlus:読む「ボクの自学ノート」① 地元時計店・吉田社長との7年間の交流
 ↑自学ノートを読めます。

 主人公は梅田明日佳くんという男の子。小学3年生の頃宿題として出された「自学ノート」に、興味を持ったことについて調べ、書き続けている。「自学ノート」が宿題ではなくなった中学生になってからも書き続け、そのことを振り返った作文が「子どもノンフィクション文学賞」大賞を受賞。明日佳くんの「自学ノート」がどんなものなのか、「自学ノート」でどんなことを学んできたのか、「自学ノート」をきっかけに出会った大人たち、「自学ノート」を書き続ける一方で明日佳くんとお母さんは悩むこともあった…。その様を描きます。

 番組を観て、すごいな、明日佳くんはすごいなと思いました。「自学ノート」…私も小学生の頃、宿題で「一人勉強ノート」というのが出ていて、似たようなことをしていました。「一人勉強ノート」は、自分のやりたい勉強をやる、というルールでした。明日佳くんの元同級生が語ったように、普通は計算問題や漢字練習をする。でも私は、国語辞典や百科事典の興味のある項目を書き写していました。そのうち先生から、「そうじゃなくて計算問題や漢字練習をしなさい」と注意されてしまい、私も計算問題や漢字練習をすることに。でも、時々はまた興味を持ったことを書いていました。計算問題や漢字練習がつまらない、あまり気が進まなかったので、逃げるように興味のあることを書いていた、というのが正直なところ。勿論、「一人勉強ノート」が宿題ではなくなった中学以降はやりませんでした。

 明日佳くんの「自学ノート」は私のそんなものとは違う。興味を持ったことがあれば、その場所へ実際に行ってみる。新聞で珍しい時計の展示をしていると知れば、実際にその展示をしている時計店に行ってみる。そして、その社長さんから聞いた話もまとめて、更に詳しくノートに書く。しかもそのノートは人に見せるものという前提で書いている。ノートそのものもとても丁寧だ。書いた後社長さんに見せて、感激した社長さんが明日佳くんと「自学ノート」のことをブログに書けば、そのことも「自学ノート」に書く。明日佳くんの住んでいる周りには博物館や科学館も多かった。手紙を出してから会いに行き、聞いた話を「自学ノート」にまとめてまた見せに行く。こうして明日佳くんは地域の大人と「自学ノート」で繋がっていった。その行動力がすごいと思う。気になったことがあっても、そこまで追究できるか。実際に現場に行って、人に会って、その感想を伝え続けることができるか。しかも、学校の課題ではない。ただ単に、自分が興味を持ったから。明日佳くんは「自学ノート」を趣味だと言っている。学校の勉強とは関係ないと言う。趣味でそこまでできるか。大人になって、学校の勉強から離れ、没頭できる趣味に時間やお金を費やすことを考えれば趣味でそこまでできると思う。でも、明日佳くんは当時中学生だ。学校での勉強がある。高校受験だって控えているし、将来を見据えて大学受験や就職のことを考えている中学生も少なくないだろう。中学生は忙しい。でも、明日佳くんは部活に入らず、「自学ノート」を選んだ。友達と遊ぶことよりも「自学ノート」でしたい学びに楽しみを見いだした。自分だけの学びの世界が、どんどん広がっていく。世界はとても広くて、たくさんの不思議な、面白いことに溢れていて、自分でそこへ近づくことができる。明日佳くんの豊かな感受性と、文章力、丁寧さも力となり、「自学ノート」はどんどん豊かになっていく。

 その一方で、明日佳くんもお母さんも迷いはあった。友達と遊ぶこともほとんどせず、「鎖国のように自分の世界に閉じこもって」いると自己分析している。お母さんも明日佳くんを応援しつつも他の子と違う我が子をどう育てたらいいか悩んでいた。番組を観ていて、私は明日佳くんがよく不登校にならなかったなと思った(不登校であることを否定する、悪いものとするわけではありません)。学校にいるのは最低限。学校が終わればダッシュで家に帰り「自学ノート」に打ち込む。長期休暇は絶好の「自学ノート」に打ち込める期間。その夏休みを短縮する方向性だと報道された際には、それは困ると市長に手紙を書いたほど。明日佳くんは学校の外に自分の世界を持っていた。自分を認めてくれる大人たちが学校の外にいることを知っている。だから、学校にも行き続けることができたのではないかと思う。辛い時間ではあったけれども。

 明日佳くんのお母さんが紹介していた福岡伸一「ルリボシカミキリの青」の一文が沁みた。
そしてそれは静かに君を励まし続ける。
最後の最後まで励まし続ける。


 明日佳くんのような「個性」を、どう考えたらいいだろうか。「個性」を伸ばそうとする教育。一方で、「出る杭は打たれる」突出した個性は煙たがられる。明日佳くんも「自学ノート」はほどほどに、受験勉強を頑張るように先生に言われたそうだ。内申書に「自学ノート」をつけたら、加点になると私は思うのだが…「規格外」「想定外」なのだろう。「時間をかければ良いのはできるけど、社会では効率性が求められる」とも先生は言う。それは正しい、とは思う。でも、それをよしとする「社会」も存在する。先生にはそれを伝えて欲しかった。いや、先生が伝えなくても、明日佳くんはきっと自分で見つけるだろう。
 人それぞれの豊かな「個性」、「多様性」。大事にしようと言っているけれども、それは心からの言葉?建前だけの話?突出している明日佳くんだけじゃない。周りの「ちょっと違う」、周りと「ちょっと違う」を本当の意味で認め合うことについて考えています。

 しかし、手書きで、誰かに読んでもらうことを前提に、丁寧に書いているのはすごいなと思う。明日佳くんがブログをやったら面白いだろうと思ったけど、きっとデジタルでは伝わらない。アナログだからいいのだと思う。私ももっと手書き、アナログも大事にしないとなと思います。毎日日記をつけたりと、何かしらアナログなことはしているのですが、デジタルは便利…こうやってブログを書くのもやっぱりデジタルは便利と思ってしまう。悪いことではないのだけれど。

 人びとがそれぞれ、興味のあることについて調べたり、わかったことを語ったり発信して、読みあえたら楽しいだろうなと思う。ネット上にはそういうのが溢れている。探せば出てくる。
 自分のことを話すと、少し前からこのブログを続けることに楽しさを感じなくなっていた。方向性に疑問を抱くことがあり、しんどいと感じる。にアクセス数も少ない。反応がない(コメント欄を閉じているから当然だけど)。誰が読んでいようと誰も読んでなかったとしても、自分が書いていて楽しいのだからそれでいいと思っているつもりだったが、やはり公開しているからには読んで欲しいと思っている自分に気がついた。「つまらない」のだろうな。この興味を共有できる人がいないのだろうか。複雑な気分。自分の興味のあることについて書いているのは同じだから、明日佳くんの「自学ノート」がこのブログのヒントになればいいとも思っています。


 個性については過去に読んだこの本も参考になります。
「個性」を煽られる子どもたち
# by halca-kaukana057 | 2019-12-09 23:33 | 日常/考えたこと
 今日、12月8日はシベリウスのお誕生日。154回目です。おめでとうございます!また、シベリウスの誕生日を記念して、フィンランドではこの日を「フィンランド音楽の日」としています。

 フィンランド国営放送(YLE)のクラシック専門チャンネル「YLE Klassinen」は今年もフィンランドの作曲家の作品を放送しています。1日中。有名なものからマイナーなものまで。演奏者もフィンランド人ばかり。こういうのを見ると、フィンランドすごいなぁ、と思います。ちなみにおととい12月6日はフィンランド独立記念日。この日もフィンランド作曲家特集をやっていました。

 今年はあまり長い時間聴けずにいます。記録として、シベリウスの交響曲の放送まとめを残しておこうと思います。シベリウスの誕生日なので、交響曲は全曲放送します。今年は「クレルヴォ」は入っていません。

1番:サントゥ=マティアス・ロウヴァリ/エーテボリ交響楽団
2番:レイフ・セーゲルスタム/ヘルシンキ・フィル
3番:エサ=ペッカ・サロネン/フィンランド放送響 (Live)
4番:パーヴォ・ベルグルンド/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 (Live)
5番:パーヴォ・ベルグルンド/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 (Live)
6番:オスモ・ヴァンスカ/ラハティ交響楽団
7番:サカリ・オラモ/フィンランド放送響 (Live)

 以上です。「アムステルダム・コンセルトヘボウ」は番組表の表記に従いました。今年はフィンランド放送響の割合が少ない気がする。ベルグルンド指揮のコンセルトヘボウは、多分毎年出てきていると思う。ベルグルンドの他のオーケストラでのライヴ録音は、YLEにはしっかり残っていそうな気がする。サロネンがフィンランド放送響で3番というのはレア?かなり昔のもの?録音年のアナウンスもありましたが、フィンランド語の数詞は難しい…年号なんて無理…。
 1番は今年出たばっかりの新譜、ロウヴァリ指揮エーテボリ響のもの。CDでも聴きました。そのうち話題にできれば。

 交響曲の他にシベリウスの作品は1作品放送されました。
・ベルシャザールの饗宴(サカリ・オラモ/BBC交響楽団)
 これも今年出た新譜です。はいCDでも聴きました。こちらもそのうち話題にできればな。交響曲の他に1作品だけというのは少ない気がする。2015年の生誕150年、2017年のフィンランド独立100年でたくさん放送したからか?

 番組表は分割されていますが以下をどうぞ(フィンランド現地時間です。フィンランドとの時差は7時間。時間が間に合った方は是非聴いてみて)
7:00~ YLE Klassinen: Suomalaisen musiikin Aamuklassinen.
10:00~ YLE Klassinen: Suomalainen Aamupäivän klassinen.
13:00~ YLE Klassinen: Suomalaisen musiikin Päiväklassinen.
18:00~ YLE Klassinen: Suomalaisen musiikin Iltaklassinen.
23:10~ YLE Klassinen: Suomalaisen musiikin Yöklassinen

 シベリウス以外で気になった作曲家、作品…今年はあまり聴けてないからわからない…。コッコネンやクラミ、マデトヤ、もう少し現代だとラウタヴァーラやサーリアホもまだまだ聴けていない作品があるので聴きたいなぁと思っています。
# by halca-kaukana057 | 2019-12-08 22:37 | 音楽
 11月30日、指揮者のマリス・ヤンソンスさんが亡くなられました。あまりにも突然で、驚きました。ショックです。今もまだ感情をどう表現したらいいかわからずにいます。ただただかなしいです。

 ヤンソンスさんというと、まず出てくるのがショスタコーヴィチ。CDでもライヴでもヤンソンスさんのショスタコーヴィチは楽しみに聴いていました。その他ロシアもの、ドイツもの、レパートリーの幅が広い。私としては、やっぱりシベリウスも外せません。聴いたのはオスロ・フィル時代の録音。

Spotify :Sibelius :Symphonies No.1,2,3,5
Spotify :Sibelius :Symphonies No.2,3,5 etc
 他にフィンランディア、悲しきワルツ、トゥオネラの白鳥、アンダンテ・フェスティーヴォが収録されています。アンダンテ・フェスティーヴォはまだこの曲があまり知られていない時期の録音だったと思います。

 交響曲は1番、2番、3番、5番。シベリウスの交響曲の中ではマイナーな3番も入っているのが嬉しい。どれも重め、暗めの演奏です。特に1番と2番は聴いていて、「北の孤高の巨人」という表現がぴったりだと思った。時々シベリウスはそういう表現をされることがあるが、ヤンソンス盤にぴったりの表現でないかと思う。暗く、凍てつくような感触で、容易く人間を寄せ付けないような。毅然としている。
 管楽器がうまいなぁと思う。それぞれの管楽器がどんなフレーズを奏でているのか、はっきりとわかる。弦もなめらかで、管と弦のバランスがちょうどいい。1番の冒頭のクラリネットソロの音色が印象的。ほの暗い、でも堂々としている。独りで黙って前を見据えているよう。若いシベリウスの様々な感情が聞こえてくる。でもそれは全体的には暗い。
 2番は他の演奏を聴いていると、明と暗が入り混じりながら第4楽章へ進んでいく…感じなのだが、ヤンソンス盤は暗さが強い。でも重くのしかかってくるわけではなく、かといって軽いわけではない。ただ、遠くまでずっと暗さに包まれているような感じだ。第1楽章は弦のささやきが印象的だが、とても静かに、美しい。2番はティンパニを印象的に使っていると感じました。目立つ。いい目印、いいアクセントになっている。

 3番、5番でも暗め。テンポの揺らし方が面白い。どの曲でも、こんな表現があったんだな、こんな聴かせる箇所があったんだなと思う。シベリウスは聴き慣れているはずなのに。聴き慣れているからこそ、新たな発見を見いだしやすいのかも知れない。

 一緒に収録されている悲しきワルツ、トゥオネラの白鳥はまさに追悼にはぴったりで…ぴったりになってしまったのがかなしい。アンダンテ・フェスティーヴォも「フェスティーヴォ」=「祝祭」なのに、どこかもの悲しい。いい演奏だなと思います。

 シベリウス以外のことも書くと、以前、ネットラジオでマーラーの7番を聴いて、いいなと思いました。マーラーの7番はなかなか親しめず、難しく、途中で止めてしまう演奏もありましたが、ヤンソンスさんの演奏は最後まで聴いて、いいなと思えました。

 最後に取り上げたいのが、ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートの名演の数々。ヤンソンスさんのニューイヤーは楽しくて大好きです。お茶目な演出も多く、楽しませてもらいました。笑顔で指揮しているのが忘れられません。
Vienna New Years Concert 2006, Telephon, Eduard Strauss

 2006年の「電話ポルカ」ユーモアたっぷりです。

2012 New Year Concert - Josef Strauss -- Feuerfest (Polka francaise, op. 269)

 2012年の「鍛冶屋のポルカ」ウィーン少年合唱団も共演です。楽しそうに金床を叩くヤンソンスさん。

Mariss Jansons, Wiener Philharmoniker - Radetzky-Marsch, Op. 228

 2016年のラデツキー行進曲。観客の指揮がうまい。

 たくさんの素敵な音楽をありがとうございました。ご冥福をお祈り申し上げます。
# by halca-kaukana057 | 2019-12-04 23:08 | 音楽

もしも、詩があったら

 偶然面白そうだと思った本。



もしも、詩があったら
アーサー・ビナード/光文社、光文社新書/2015

 著者のビナードさんはアメリカ生まれの詩人。1990年に来日。その後、日本語での詩作を続けています。こう言ってしまったら失礼だと思うのだが、この本の日本語はとても上手く、巧みな言葉遣いをしている。外国人が著者であることに驚いた。日本人が何となく当たり前のように使ってしまっている日本語を、英語や欧米文化の視点も交えて丁寧に語っている。この本では英語の詩も日本語の詩も扱っているが、どちらの文学ももっとしっかりと学んでおけばよかったと思う。英語の文法も。構文が少し違うだけで、どう伝わるかの印象も変わってしまう。公共の場での外国人向けの英語表記も、文法としては間違っていないけれどもどう伝わるかを考えていないものだったりするそうだ。そういうことをもっと勉強しておけば、この本をもっと面白く読めると思う。いや、まだ遅くない。この本で勉強すればいい。

 「もし」「if」という言葉について、古今東西の詩を取り上げて考えているのがこの本です。詩はたまに読みます。でも、文学の詩だけでなく、歌の詩だって詩だ。詩、歌だけでなく、シェイクスピアの戯曲や短歌・俳句、落語も出てきます。英語の詩は、ビナードさんの訳が読みやすく、すんなりと心に入ってきました。
 詩は、役に立つのか。そんなことが「あとがき」に書かれています。
そしてそんな「ハウツー本」といちばん馴染まず、その対極にあるのは、詩というやつだ。それは詩が役立たないからではなく、詩は「そもそも『役立つ』ってどういうこと?」と、バカみたいに問いかけてみるからだ。「役立つ知恵って、だれのために役立つの?」とか「そもそもそのメソッドって、より効率よく飛んで火に入る夏の虫になるためじゃないの?」とか、疑問を呈して、人びとの思考停止を突こうとするのが詩。ハウツー本の前提より、もっともっと前へ回りこみ、「そもそもこんなことをやらないほうがいいのでは?」と、詩人は「やり方」のHowを含む「やる理由」のWhyをも見据える。
 思考停止は生活の随所にひそみ、みんなが気づいていないその具現を見つけて指摘するのも詩人の仕事だ。
(230ページ)
 この本には、そんな思考停止を気づかせる詩がいくつもあります。それが、「もし」「if」で表現される。「もし」「if」は、「こうだったらいいのに」というポジティヴな希望や願望の場合もあるし、「こうなってしまったらどうしよう」というネガティヴな不安や怖れの場合もある。また、想像の世界で遊んでみたり、「もし」「if」に問題提起や皮肉を隠す場合もある。「もし」「if」は様々な可能性を広げてくれる。

 でも、私は、「もし」「if」はむしろ思考停止じゃないのかと思ってきた。過ぎ去ってしまった過去に「もし」と言ってみても過去は戻ってこない。歴史に「もし」は禁句だ(ビナードさんの高校時代の歴史の先生と同じ考えかも知れない)。あり得ない未来に「もし」と言っても現実には変わらず虚しいだけだ。「もし」なんていってみても無力だ。

 私が使ってきた「もし」はネガティヴな意味だけだったのかもしれないとこの本を読んで思った。文学の世界には多様な「もし」「if」が溢れている。ラドヤード・キップリングの「もし」はとてもいい作品だと思った。
もし一生ずっと幸せに暮らしたかったら、畑を耕して種を植えるがいい。
(94ページ)
 この「耕して種を植える」のはそのものも意味だけではなく、生活、仕事、人生のあらゆることにおいて通じることだとビナードさんは考察している。いい言葉だなと思う。G.K.チェスタートンの「もし、ある人を叩きつぶそうと思ったら…」の詩は異なる宗教や文化を理解することの意味をストレートに伝えてくる。ジェイムズ・スカイラーの「あいさつ」はセンチメンタルで美しさを感じる。「もし」「if」は様々な感情を、一旦空中に浮かせて見つめ直し、考えてまたキャッチすることを可能にしてくれる。客観視して、自分の手元に戻ってきた時には少し違うものだと認識できる。面白いなと思う。

 日本の歌の詩も出てくるが、吉幾三の「俺ら東京さ行くだ」が出てきて笑ってしまった。そうか、あれも「もし」か。

 「もし」「if」でこんなに語れるなんて。ビナードさんが言葉を、日本語を、身の回りを注意深く見ているからこそ引き出せる話がとても面白かった。ビナードさんの著作は多数。もっと読んでみたいなと思った。


# by halca-kaukana057 | 2019-12-03 22:29 | 本・読書
 アマゾンを見ていたら、この本のシリーズ第3作をおすすめされた。シリーズ第1作は?とあらすじを読んでみたら面白そう。早速第1作を読みました。アマゾンのおすすめも時にはいいものを薦めてくる。


ヴァイオリン職人の探求と推理
ポール・アダム:著、青木悦子:訳/東京創元社、創元推理文庫/2014


 イタリア、クレモナ。初老のジャンニはヴァイオリン職人。ジャンニの幼なじみのヴァイオリン職人のトマソ・ライナルディ、神父のアリーギ、クレモナ警察の刑事のアントニオ・グァスタフェステの4人で弦楽四重奏を結成していた。いつもの練習の後、トマソの妻・クラーラからトマソがまだ帰ってきていないと電話がかかってくる。トマソのことをとても心配しているクラーラ。ジャンニとグァスタフェステはトマソを探しに行く。トマソの工房に行くと、中でトマソが殺されていた。弦楽四重奏の練習の時、何かを探していると言っていたトマソ。クラーラの話では、「救世主(メシア)の姉妹」という幻のヴァイオリンを探していると言っていた。それを探しにイギリスまで行ったという。ジャンニはヴァイオリンの専門家としてグァスタフェステの捜査をサポートすることになる。トマソが行った場所、会った人に会いに行く2人。2人はヴェネツィアのヴァイオリンのコレクター、エンリーコ・フォルラーニにも会うが、彼も自宅で殺され、コレクションのひとつのマッジーニがなくなっていた。ジャンニとグァスタフェステはヴァイオリンの歴史を紐解きながら、トマソが探していたヴァイオリンと犯人を捜す…。


 私はクラシック音楽は好きだが、ヴァイオリンについてはそんなに詳しくない。私はヴァイオリンを弾いたことはないし、触ったこともない。ストラディヴァリウス、グァルネリ、アマティぐらいしか知らないし、その何年に作られた云々…と聞いてもよくわからない。ストラディヴァリウスやグァルネリのどこがどう違っていて、音色にどんな特徴があるのかは知らない。よくヴァイオリンのソリストが使っている楽器についてプロフィールに書かれているが、それを読んでも由緒あるすごい楽器なんだろうな程度にしか思っていない。どうすごいのかはわからない。そんなヴァイオリンに疎い私も、ジャンニの語る偉大なヴァイオリン職人たちのこと、それぞれの特徴と違い、たどってきた歴史を読んで興味を持った。ヴァイオリン奏者たちが名器に憧れ、名器とともに名演が生まれる理由が少しわかったような気がする。

 偉大なヴァイオリン職人たちは、数々の名器を創った。しかし、それらが全て記録され、現代に残っている訳ではない。失われてしまったものもあるし、ちゃんと記録を取っておかなかったせいで行方不明のものもある。貴重なものなのだからしっかり管理しろと言いたいが、長い年月と様々な人に渡っていった途中であやふやになるのは仕方ないのか。更に、創った職人や制作年がわかっていても、それが本物かどうか確かではないことがある。この作品では贋作についても触れている。そのヴァイオリンが本当に本物であるか証明するのは確実ではないことに驚いた。

 また、名器と呼ばれるヴァイオリンも、実際に演奏するには手を加えないとならないことにも驚いた。ヴァイオリン職人はヴァイオリンを創ったり、修理するだけではない。それぞれの名器の個性を知り尽くしていて、そのよさをより発揮するためにはどうしたらいいかを知っている。そのための作業ができる。ヴァイオリン職人は過去と現在をつないで、楽器を活かすことができる。並大抵の仕事ではないのだなと思った。

 トマソの足取りをたどっていく途中で、ジャンニはあるヴァイオリンと出会う。ジャンニのある過去。ヴァイオリンをめぐる業界は一筋縄ではいかない。現代も過去もヴァイオリンのディーラー、コレクターたちは曲者ばかり。ディーラーだけでなく、ヴァイオリンに関わる人たちは個性的な人が多い。それはいい意味の場合もあるし、悪い意味の場合もある。トマソがイギリスに行って、あるものを探すために訪ねたミセス・コフーンはいいキャラしています。

 ジャンニはとても優しくて誠実な紳士。ジャンニよりもずっと若いグァスタフェステもしっかりした刑事。ジャンニはヴァイオリンの専門家でもあるが、人脈がとても広い。仕事だけの付き合いだったとしても、ジャンニは誠実。登場人物は多いですが、その分深みもあって面白い。

 とにかくヴァイオリンにまつわる歴史がとても重く、面白い。これからヴァイオリン作品を聴く時は、もっとヴァイオリンの楽器そのものにも注目して聴かねばなと思う。使っているヴァイオリンの製作者がわかるなら、それにも注目したい。

 昔も今も人々を惑わすヴァイオリンの歴史ある名器。ヴァイオリンそのものが謎が多いのだから、それをミステリーにしたら面白い。「ヴァイオリン職人」シリーズ、続きも楽しみです。


# by halca-kaukana057 | 2019-12-01 23:04 | 本・読書
 今年も無事にテレビで放送されました、BBC Proms (プロムス)、Last Night of the Proms(ラストナイトコンサート)。ロンドンの御本家様です。音声だけでも楽しいけど、映像を観ればもっと楽しい!ロイヤルアルバートホールの熱気や盛り上がりがより強く伝わってくる!今年も楽しみました。感想など。

◇プロムス ラストナイト 公式サイト:BBC Proms: Prom 75: Last Night of the Proms
◇BBC Radio3 ラストナイトのページ:BBC Radio3: BBC Proms 2019: Prom 75: Last Night of the Proms

BBC Proms ( プロムス ) 2019 私選リスト その4 [9月] (随時追記中)

 プログラムは以下。NHKの日本語訳も参考にしています。

 ・ダニエル・キダン Daniel Kidane:目覚め Woke (世界初演)
 ・ファリャ:バレエ組曲「三角帽子」第2組曲(近所の人たち、粉屋の踊り、終幕の踊り)
 ・ローラ・マヴーラ Laura Mvula:月に歌えば Sing to the Moon
 ・マコンキー:誇り高きテムズ
 ・エルガー:ソスピーリ(ため息) op.70
 ・ビゼー:歌劇「カルメン」 より 「恋は野の鳥」(ハバネラ)
 ・サン=サーンス:歌劇「サムソンとデリラ」 より 「あなたの声に私の心も開く」('Mon coeur s'ouvre à ta voix')
 ・ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」 より「むごい運命よ」(O don fatale)
       :歌劇「アイーダ」 より 凱旋行進曲

 ・オッフェンバック:喜歌劇「天国と地獄(地獄のオルフェウス)」序曲
 ・グレインジャー:民主主義の進軍歌
 
 ・ハロルド・アーレン:「オズの魔法使い」 より 「虹の彼方に(Over the Rainbow)」
 ・ガーシュイン:アイ・ガット・リズム(ミュージカル「ガール・クレイジー」より)
 ・ヘンリー・ウッド:イギリスの海の歌による幻想曲
  (小粋なアレトゥーザ/トム・ボウリング/ホーンパイプ/ロンドンデリーの歌/スカイ・ボート・ソング/海辺には/ホーム・スウィート・ホーム/見よ、勇者は帰る)
 ・アーン(サージェント:編曲):ルール・ブリタニア!
 ・エルガー:威風堂々 第1番 ニ長調 「希望と栄光の国(Land of Hope and Glory)」
 ・パリー(エルガー:編曲):エルサレム
 ・ブリテン:編曲:イギリス国歌
 ・スコットランド民謡(Paul Campbell:編曲):Auld Lang Syne

   / ジェイミー・バートン(メゾソプラノ)、BBCシンガーズ、BBCシンフォニーコーラス
   サカリ・オラモ:指揮、BBC交響楽団


 今年の指揮はBBC響首席指揮者のサカリ・オラモ。このラストナイトで40回目のプロムス出演だそうです。調べてみたら、確かにその通り(2018年のファーストナイト前日の「Five Telegrams」プロジェクション・マッピングイベントも含まれています)。初登場は1999年バーミンガム市交響楽団と。その後もバーミンガム市響、時々フィンランド放送響やロイヤル・ストックホルム・フィル、2012年以降は主にBBC響を指揮。2014年には室内楽回でヴァイオリン演奏もありました(ジャニーヌ・ヤンセンと共演)。ラストナイトは4回目。もう常連です。

 声楽ソロはメゾソプラノのジェイミー・バートンさん。満面の笑顔を絶やさない方だと感じました。登場した際、テレビ放送案内のケーティー・ダーハムさんが「ファビュラス(fabulous)」と表現していましたが、ぴったりの言葉です。深みのある歌声に、これはメゾソプラノの醍醐味だと感じました。私自身声楽をやっていて、声域が同じなので、理想のメゾソプラノと思いました。深い低音から、鋭い高音まで幅が広い。歌ったアリアも、「カルメン」のハバネラ、「サムソンとデリラ」のデリラ、「ドン・カルロ」のエボリ公女とタイプの異なる3人の女性。その時々の気ままな恋を楽しむカルメンの奔放さ、デリラの恋の誘惑、エボリ公女の感情むき出しの心の叫び。カルメンも誘惑しているけれども、デリラとはまた違う。「サムソンとデリラ」全曲を聴いたことがないのでこれだけでの感想なのだが、そんなに誘惑という感じがしなかった。でも、こう熱心に語りかけ歌い続けられたら誘われてしまうだろうか。音楽が雄弁で、歌を盛り上げていると感じました。また全曲聴きたいオペラが増えた。「ドン・カルロ」はヴェルディらしいドラマティックな歌。自分の美しさを呪うって…すごいな。
 後半ではミュージカルソングを2曲。元々はミュージカル歌手になりたかったというバートンさん。でもダンスが嫌いでオペラに。ミュージカルも素敵です。「虹の彼方に」は希望を、澄んだ声で伸びやかに。「アイ・ガット・リズム」はラジオで聴いた時も思ったのですがとてもかっこよかった。BBC響もいい演奏でした。金管もドラムもかっこいい。
 声楽ソロのラストナイトでの使命は、「ルール・ブリタニア」を歌うこと。こちらも深く、力強い声で、歌詞にとても合っていました。バイセクシャルのバートンさん、最後にレインボーフラッグを振っていました。歌詞は英国の繁栄ですが、会場では万国旗が振られるし、どんな人…ベテランのプロマー(プロムス常連客)から普段クラシックをあまり聴かない人も皆大歓迎。人種も国籍も性別も関係なし。多様性を認められる場所なんだなと思いました。

 「威風堂々第1番」の後で、テレビ放送案内のケーティー・ダーハムさんが
「万国旗と大合唱と幸せ気分。これぞラストナイト」
とおっしゃっていましたがその通りだなと感じました。


 オラモさんの指揮者スピーチの内容が、まさにラストナイトだなと思いました。ネット社会は物事に集中しづらい、でも人と繋がる機会は増えた。情報も共有できる。ならば、何故プロムスの演奏会に来たのか?ライヴ中継を聴いているのか?
演奏会に出かけ集中して生の演奏を聴くことが
素晴らしい体験だとご存じだからでは?
どの曲も作曲家が何か月もかけて書いたものです。
演奏家たちは人生最良の時を、音楽の勉強に捧げています。
我々の使命はあらゆる世代の人に、生の演奏の喜びを知ってもらうこと。

 第2部の最初の曲「天国と地獄(地獄のオルフェウス)」序曲のフレンチカンカンの部分で、観客は自然と手拍子を始めました。それに気づいたオラモさん、もっと盛り上げるような指揮をしていました(ちなみに少しつま先を上げるステップを踏んでたw)。BBC響の楽団員さんも、笑顔の人も。
 何よりラストナイトには観客が参加する曲が何曲もあります。「イギリスの海の歌による幻想曲」の「トム・ボウリング」の泣き真似や「ホーンパイプ」の手拍子。「ルール・ブリタニア」、「威風堂々第1番(Land of Hope and Glory)」、「エルサレム」「イギリス国歌(God Save The Queen)」「Auld Lang Syne」は一緒に歌う。
 その会場の雰囲気や空気が演奏に影響するということは時折ある。ロックやポップスなら普通だけど、クラシックだと違ってくる。全くないわけではない。演奏者が演奏し、それを聴いた観客の反応(拍手とか)や雰囲気がいい意味で演奏者に伝わり、演奏に反映される。無言だけれども、演奏者と観客がコミュニケーションしている。ライヴなら伝え合えるものがある。
 ラストナイトは無言ではなくダイレクトに声や手拍子などでもっと強く伝え合える。生で聴く音楽がいいなと思う理由を再確認しました。

 もうひとつ、自分のことを話すと、このラストナイトの当日、日本では早朝でしたが、私はこの日友人たちと旅行の予定を入れてしまっていました。普段ならラストナイトは家で生中継を聴いて、一緒に歌っちゃったりするのに…。でも私は、皆が寝静まっている朝早く起きて、布団の中でスマートフォンで生中継を静かに聴いていました。BBC Radio3は放送後30日間オンデマンド配信がある。後日のテレビ放送を観た方がわかりやすい。なのに、何故そこまでして生で聴きたかったのか。離れてはいるけれど、ロイヤル・アルバート・ホールのお客さんたちと同じように、一緒に演奏を聴きたかったから。世界中の人がこの生中継を観たり聴いたりしている。それに参加したかったから。リアルタイムの演奏を聴きたかったから。それが楽しいことだと思っている、知っているから。これも、「素晴らしい体験」なんだと思います。それを叶えてくれるラストナイト。叶えてくれる便利なスマホにも感謝です。

 プログラムの各曲について少し。最初の世界初演、キダン「Woke」は、アフリカ系アメリカ人への差別、社会の不平等を意識する「目覚め」。短い音が連続して、パルスのよう。それが曲になる。霧の中から音がはっきりとしてくるような印象を受けました。古代の楽器という「うなり木」。他にも小さなシンバルを並べたような「クロテイル」はエジプトで生まれた楽器なんだとか。こんな所にもアフリカが。
 「アイーダ」の「凱旋行進曲」の合唱の歌詞はまさにエジプト。今年の合唱もよかった。ヴェルディが使った特殊なチューバ「チンバッソ」。面白いなぁと見ていました。
 アカペラで歌われた、ローラ・マヴーラ「月に歌えば」はとても気に入りました。寂しい、落ち込んだ心に寄り添ってくれる優しい歌詞と歌。語りかけてくるようです。「月に歌えば」はマヴーラさんが歌う原曲があります。
Laura Mvula - Sing To The Moon
◇2013年プロムスバージョン:Laura Mvula: Sing to the Moon - Urban Classic Prom 2013
 ポップだけどしっとりした、素敵な歌です。

 エルガー「ため息(ソスピーリ)」はとても美しかった。この曲は弦楽とハープ、オルガンのための作品。オルガンと言うと、教会で聴くような響きだったり、ラストナイトを盛り上げるのに欠かせない楽器。それとは違う印象。
 「天国と地獄」は結構長い。各パートのソロが活躍する。ヴァイオリンのソロがきれいだったなぁ。フレンチカンカンの部分は、管楽器は大変だし、弦楽器は刻みが多いし、大変なんだなこの曲…。
 グレインジャー「民主主義の進軍歌」は、植民地支配されていたオーストラリアの民主制のための曲…それってイギリスに対抗するという意味じゃないですか。それをイギリスの音楽祭で演奏するのか…。合唱は意味のない言葉。意味がないのに、最後は美しくまとまるのだからすごい。
 
 今年も楽しかったです。最後、「Auld Lang Syne」を歌っていて、今年のプロムスも終わりなのかと寂しい気持ちになりました。また来年!!


 最後、細かすぎて伝わらないことを箇条書き。
・ラストナイトは風船の割れる音を気にしてはいけないと思いました。
・ダーハムさん、今年はバルコニーから。音楽通の皆さんがゲスト。曲解説などのVTRは減りました。
・BBCシンフォニーコーラスのターバンの方。第1部はターバンしてなかった?(ちゃんと確認できてない)第2部はユニオンジャックのターバンしてました。
・フルート首席のコックスさんのお髭が進化しているような。お隣は日本人楽団員の向井知香さん。
・第2部、指揮台が例年通り大変なことにwあのビーチボールはどこから出てきた?初登場のBBC響新副リーダー:Igor Yuzefovich(「イゴール・ユゼフォヴィチ」で合ってるかな?)さんがボールをキック。何だかかっこよかった。
・第2部の、男性陣のカラフルなタイを見るのが楽しみです。ティンパニさんは黄色。後は大体国旗柄。
・ティンパニさんのマレットの数が多い。それぞれ形状が違う。打楽器は奥が深い。
・指揮台にネコのぬいぐるみ。これはネコ好きなバートンさんへのものかな?
・「虹の彼方に」の「悩みなんてレモンのしずくのように消えている」素敵な表現。
・「アイ・ガット・リズム」の歌詞がいいな。こんな気持ちで生きられたら楽、幸せだろうな。
・「イギリスの海の歌による幻想曲」の前、オラモさんのMC.各野外会場へ「Hello!!」と挨拶するのが好きだったのに、今年はない…いや、ラジオ放送を録音したのを聞き直したらありました。何故カットした(BBCが既にカットしているのか、NHKがカットしたのか…?)。盛り上がっている各会場の雰囲気が伝わるシーンなのに。
・「トム・ボウリング」のチェロ首席モンクスさん。今年も泣かす演奏です。
・「ホーンパイプ」のYuzefovichさんのアドリブがいい。毎回リーダーのアドリブは楽しみです。今年はヴァイオリン全員を巻き込んだwそのメロディー、もしかして、「We will rock you」?
・「ホーンパイプ」、ヴァイオリンの皆さんがニヤニヤしてて楽しそうだったw
・今年も「ダニーボーイ(ロンドンデリーの歌)」にうるうるする…。「スカイ・ボート・ソング」は大好きです。
・「ホーム・スウィート・ホーム」、オーボエさん素晴らしいです。その後、「見よ、勇者は帰る」の冒頭でオラモさんがサムアップ。これは誰にあてたものだろう?オーボエさん?ホルンセクション?
・「エルサレム」聴けば聴くほどいい曲です。まだ歌えないので歌えるようになりたい。
・ラグビーW杯で、イギリスの4地域のチームを見て各野外会場のことを連想していました。イングランドの国歌「God Save The Queen」を歌えたのはプロムスのおかげです。
・だからNHKさん、「Auld Lang Syne」と「蛍の光」は違うものって言ってるでしょう。以前は「昔なじみ」のタイトルで訳してくれたのに。
・エンドロールは「1分で振り返るラストナイト」のあの動画。やっぱり編集うまい。
・昨年、来年のラストナイトの時にはイギリスはEU離脱しているんだろうなと書きました。まだ離脱してなかった。離脱そのものも行き先不透明。来年にはどうなっているんでしょう。でも、プロムスはプロムス。プロムスは楽しめるように。


【追記 191213】
 年末年始恒例、プロムス再放送の予定が出ました。
BBC Proms: 2019 Repeats
 「Christmas repeats」をクリック。
 大晦日の年越し前(グリニッジ標準時)にはラストナイトを放送します。毎年思うのだが、年越し直前の「Auld Lang Syne」…紅白かとw
 この再放送も全て、放送後30日間はオンデマンド配信があるので、お正月休みにゆっくりどうぞ。



 Proms公式による、ラストナイトのまとめ。
BBC Proms 2019:What happened at Last Night of the Proms 2019
 ツイッターで映像もツイートされていて、少し観ることができます。この他にもBBC Proms公式アカウントには映像付きのツイートがあるので見てみてください。

 バートンさんの「ルール・ブリタニア」
Rule, Britannia! (excerpt) with Jamie Barton and rainbow flag (BBC Proms 2019)


 1分で振り返る今年のラストナイト。編集上手い。
Best moments from Last Night of the Proms 2019


 ラストナイトの舞台裏写真集。かっこいいなぁ。
BBC Proms 2019:Backstage at the Royal Albert Hall during Last Night of the Proms 2019

 ジェイミー・バートンさんのインタビュー。プロムスのことも書かれています。
Newsweek 日本版:「カルメンはパンセクシュアルだと思う」 バイセクシャルのオペラ歌手ジェイミー・バートンに聞く

 



【過去記事】
・2014年:こんなクラシックコンサート観たことない! 「Proms(プロムス)」ラストナイトコンサート2014
・2015年はNHKが放送しなかったのでなし。
・2016年:一緒に音楽を楽しもう Proms(プロムス)2016 ラスト・ナイト・コンサート
・2017年:クラシック音楽の最前線で BBC Proms(プロムス) ラスト・ナイト 2017 まとめ
・2018年:18年ぶりの最終夜で BBC Proms(プロムス) ラスト・ナイト 2018

・2018年3月のBBC響来日公演:これがプロムスオーケストラ! オラモ & BBC交響楽団 @仙台


# by halca-kaukana057 | 2019-11-28 23:23 | 音楽
 放送が始まって嬉しいです。観ました、「主任警部モース(原題:Inspector Morse)
「主任警部モース」と「刑事モース」 NHKで放送決定

NHK:主任警部モース HDリマスター版

 第1話は「ジェリコ街の女」。1話は原作第1作の「ウッドストック行最終バス」ではないのかと思っていたら、この回はモースと部下の警部ルイスの出会いでもある。
 「モース」は、「刑事モース(原題:Endeavour)」から入ったので、あのモースが年を取ってこうなるのか…と何度も思ってしまった。「主任警部モース」の方が先、元なのですが、若い方を先に観てしまったので仕方ない。原作も「ウッドストック行最終バス」しか読めていない。いつから高級車を乗り回し、女性好きになったのか…。そのあたりは今後若モースで語られていくのかな。
 ただ、変わらないところはあって、やっぱりモースだなと思いました。クラシック音楽好きで、聖歌隊で歌っている。演奏会の時のブラックタイがよく似合う。「規格外」と言われていたが、それは若い頃も年を取ってからも変わらない。アクロバットな推理も。

 その「規格外」と言っていたのは、あのストレンジ。原作を読んだ時に驚きましたが納得もしました。順調に出世して警視正に。上司してました。モースのストレンジへの態度も「上司」という感じだったが、モースでもそこはわきまえているのだろうか。もう一人、マックスという医師。デブリン医師のことです。ファーストネームがマックスだったのね。若モースの時代から変わらない感じでした。老モースの時代でもモースの世界に欠かせないキャラになっていて嬉しい(だから本当は逆なんだが)。

 聖歌隊で一緒に歌っていて、モースが好意を寄せているピアノ教師のアン。そのアンが自殺してしまう。本当に自殺なのか?アンの周囲には怪しい男性が何人も。アンと親しく、事件当日、アンの家を訪れたことなどによってモースも容疑者扱いされてしまう…。登場人物それぞれの動き、絡みが複雑で面白い。犯人も意外なところでわかるのが面白い。

 「主任警部モース」が「刑事モース」と違うところ。それは原作小説があるところ(テレビドラマオリジナルの回もある)。「刑事モース」の原作は「主任警部モース」とも言えるのですが。「ジェリコ街の女」も原作と変えてきているところがあるらしい。原作を読みたい…。ハヤカワさん「ウッドストック」以降も新版を出してください…。

 2月までは老モース、2月からは若モース。春までモースです。


# by halca-kaukana057 | 2019-11-25 23:04 | 興味を持ったものいろいろ

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31