人気ブログランキング |

[コミック版]数学ガール 上

 結城浩さんの数学小説「数学ガール」に興味がある。しかし、数ページ読んで挫折してしまった。数式がさっぱりわからない。高校の数学?ほとんど忘れた…。そんな時、この小説が「ふたつのスピカ」も連載している月刊漫画誌「コミックフラッパー」でコミカライズされて連載されていることを知った。漫画なら…。そんな希望を持って、手に取った漫画です。

数学ガール 上
結城 浩:原作/日坂 水柯:作画/メディアファクトリー・MFコミックス/2008

 高校生で数学が好きな"僕"は、数学に非常に詳しく、数学をこよなく愛するミルカさんに憧れている。"僕"とミルカさんは毎日放課後、図書室で数学の問題を解き合う。一方、"僕"は後輩テトラちゃんに数学を教えている。"僕"を慕うテトラちゃん。ミルカさんは"僕"をどう思っているんだろう?テトラちゃんが"僕"に伝えたいことは何なのだろう?ほのかな想いと、数式と論理がめぐる。



 漫画だと親しみを持って読めます。絵の力ってすごい。

 私は数学がとにかく苦手だった。小学校の算数から苦手だった。"数"というものに興味が持てなかったのだ。それでも、数学の授業はあるしテストもあるし、受験でも出てくるし(文系だったのでセンターのみではあったが)、避けては通れない。勉強はしてみる。問題の解き方はわかってくる。でも、テストの結果はいつもよくない。科学(このブログの通り特に地学・天文・宇宙)には興味があったので、理系に進みたいとも思ったが、数学がこれじゃあ…と諦めてしまった(理系クラスでは地学の授業が受けられなかったという理由もあるが)。大学に入ってからは、必要以上の数学はやらなかった。今は数学とは無縁の生活。でも、数学に興味を持って、数学が得意な人ってすごいな。自分とは全然違う思考の持ち主なんだろうなと思っている。近づけない。でも、近づきたい。そんな存在。だから小説「数学ガール」を読んでみたいと思ったし、挫折した時も自分にはやっぱり数学というものは無理なのかと落ち込んでしまった。そりゃあ、誰にだって苦手なもの、なかなか理解できないものはあるけれど…。


 この本を読んで、初めて知ったことがある。数々の数式とその考え方もだが、"数"に想いをこめてメッセージを私たちに送っている人もいる、ということだ。
数学の本には 数式がたくさん出てくるよね
その数式は 全て誰かが自分の考えを伝えるために書いたものなんだ
数式の向こう側に必ずいる 僕達にメッセージを送っている書き手が―――
数式には その書き手達の想いがこもっている
その想いを受け取りたくて 僕は日々数式と向き合ってる
せっかく数学に興味が出てきたんなら
その想いを君にも受け取って貰えたら嬉しい
(125~126ページより)

 私が文章や漫画、動画やアニメ、音楽や絵画、ダンスやスポーツなどを通して書き手・作り手の想いを考えたり、感じたりするように、数や数式に想いをこめる人もいたんだ。無味乾燥に見える数や数式にも、人によって書き方がある。この作品の中で、「数学は言葉を厳密に使う」と出てきたが、何故その言葉を使って問題を出したのか、何故その問題を取り上げたのか、何故その数式に取り組もうとしたのか。そして、何を伝えたかったのか。数学でもそれを表現することが出来る。すごいなと思った。「すごい」なんて、陳腐な言葉だけど、本当にすごいと思った。

 私にとって、テトラちゃんが数学を学んでいく過程はためになります。私もテトラちゃんになったつもりで、先輩"僕"の数学の話を聞いて、そうなのかとゆっくり噛み砕いていく。一方、数学が好き、得意な人はミルカさんの話に惹かれるんだろうな。原作小説に「数式の意味がよくわからないときには数式をながめるだけにして、まずは物語を追って下さい。」と書いてあるとおり、私はまだ眺めるだけだけど…。このタイプの違う2人の女の子を、"僕"を中心に対称の位置に置いてお話を進めるのがうまいと感じた。

 さて、ω(オメガ)のワルツのようにくるくるとめぐる3人の関係。ミルカさんと"僕"の関係は。そしてテトラちゃんは…続きが気になります!下巻も楽しみにしてます。物語と一緒に、数学ももっと楽しめるようになりたいな。

 コミックを全部読んだら、今度こそ原作に再挑戦しよう。
数学ガール
結城 浩/ソフトバンククリエイティブ/2007
by halca-kaukana057 | 2009-01-13 22:04 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31