人気ブログランキング |

べるばらKids 4

 「ベルサイユのばら」ギャク四コマ漫画「ベルばらKids」4巻です。4巻は今年1月の出版でした。



ベルばらKids 4
池田 理代子/朝日新聞出版/2009


 4巻もギャグ大暴走です。ジェローデルは猫まっしぐら(某キャットフードのCMではありませんw)、ル・ルーも無邪気なマイペースぶりに加え、大人社会をするどく捉えた指摘で笑わせてくれます。アラン他衛兵隊の隊員たちも、オスカルのためなら…手が付けられない。原作でも「Kids」でも、何事にも熱血なアランが好きです。また、4巻ではデュ・バリー夫人、ポリニャック夫人、さらにジャンヌの「ベルばら」3悪女の競演も実現。解説コラムで、3悪女の中で誰が一番極悪か?という話題がありましたが、私もジャンヌに一票。アントワネットら王宮の人間を混乱させ、犯罪計画も緻密。逮捕されてもただでは起きない。しかもあの美貌。悪役…とはいえ、ジャンヌのような人間もいるから、「ベルばら」はますます面白くなったのでしょうね。競演でなくても、「Kids」では3悪女たちが描かれていますが、皆どこか間が抜けている…。特にデュ・バリー夫人。計画性が無さ過ぎる…。

 もうひとつ、4巻の読みどころは池田先生の作品のひとつである「オルフェウスの窓」とのコラボ。「オルフェウス」のキャラクタたちも勿論3頭身です。ドイツのレーゲンスブルクの音楽学校を舞台にし、ロシア革命も描くこの作品。読んでみようと思います。池田先生の他の作品では、2巻とこの4巻で「女帝エカテリーナ」とのコラボも。「エカテリーナ」も面白そうだなぁ。あと、「ベルばら」の続編となる「栄光のナポレオン エロイカ」も。「エロイカ」ではロザリーのその後も描かれているようだし、読みたい漫画が増えた…。

 原作「ベルばら」の悲しさ・シリアスさを笑い飛ばす「Kids」。ロベスピエールとルイ16世が酒を酌み交わす「今日は無礼講」なんて、「Kids」ならではの面白さだと感じる。こんなほのぼのとした風景が、本当にあったらなぁ…と思ってしまう。

 5巻は忘れずにチェックしなくては。
by halca-kaukana057 | 2009-04-09 21:52 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31