人気ブログランキング |

幻の協奏曲

フィンランドの指揮者とオケのコンビ、ヴァンスカ&ラハティ交響楽団のシベリウス・ヴァイオリン協奏曲のCD(BIS、1991)を聴きました。ずっと欲しいと思っていたのです。

 というのは、このCDには現在一般に演奏されている版と、初演後に書き換えられる前の初稿版の演奏が収録されているのです。その初稿版のスコアは門外不出、演奏禁止とされていたのですが、この録音のときだけ使われることが許されたのです。

 もともと難曲といわれている(弦楽器が全くわからない私にはどこがどう難しいのかわからないが)この曲ですが、初稿版にはカデンツァが2つも入っていてかなり難しいとのこと。その2つ目のカデンツァ(第1楽章15分ぐらいで出てくる)がものすごくきれいでした。こんなきれいな曲が聴けるなんて本当に幸せ。いいCDだと実感。オケの演奏にも臨場感があって、音は空を伝わって聞こえるものだということがよくわかりました。小さな音から大きな音まで迫力があります。録音状態がいいんだろうなぁ、きっと。

 このヴァンスカ氏とラハティ交響楽団。シベリウスの他の作品の初稿版も録音しているというからすごい。いい買い物をしました。


trackback for:
「憩いの森:シベリウスの音楽 その10『ヴァイオリン協奏曲』」
フィンランド旅行で偶然知り合ったご婦人が話していたのが、このラハティ響とカヴァコスのことだった。フィンランドの人々も一目置く演奏なのだろう。
by halca-kaukana057 | 2005-09-26 20:40 | 音楽

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー