人気ブログランキング |

青べか物語

 山本周五郎の現代小説です。小説というよりは民俗誌といったほうがいいかもしれません。でも、小説の分類なのですが。

 根戸川の下流にあるうらぶれた漁師町、浦粕を訪れた作家志望の「私」は、ボロ船「青べか」を買わされてしまう。それでも、景色が気に入り住み着き、やがて「私」は「蒸気河岸の先生」と呼ばれるようになる。その「私」の目を通して、漁師町の日常を描いたのがこの作品。

 独特の言い回しがあって読みづらいところはありました。一番気に入ったのが「芦の中の一夜」の章。船長の昔話が切なかったです。漁師たち街人が生き生きしていて、読んでいると元気をもらえそうな感じがしました。意外なラストも面白いです。
by halca-kaukana057 | 2005-03-12 19:41 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31