人気ブログランキング |

「ふたつのスピカ」最終巻に寄せて

 最終巻となる「ふたつのスピカ」16巻を読みました。本屋で手にとって、表紙と帯を見てこみあげてくるものがありました。ああ、長い長い物語が、ずっと読み続けてきた物語が、ついに終わるのだ、と。読み始めて、覚悟はしていましたが、ありとあらゆるシーンで涙が出てきた。最終話は掲載紙「コミックフラッパー」を本屋で見つけて(普段その本屋にはフラッパーは置いていなかった。これまでフラッパーを買ったことはなかったが、せっかくなので買っておいた)買って読んでいたので結末はわかっていたのですが、16巻を通して読むとここが終着点なのだという実感がわいて、また涙。

 いつものように感想を書きたいのですが、感動と「スピカ」に対する9年分の想いがごちゃまぜになって、適当な言葉が出てきません。何度も読んで、落ち着いたら書こうと思います。

 9年前、雑誌「ダ・ヴィンチ」で1巻が小さく紹介されているのを読んだのがこの作品と出会ったきっかけだった。宇宙好きとして、「宇宙飛行士を目指す女の子の物語」という内容に興味を持った。表紙絵もいいし、絵柄も気に入った。で、読んでみたら…SFのはずなのにどこか懐かしい雰囲気、温かい物語とアスミやライオンさんたちの言葉に、心をわしづかみにされました。アスミが宇宙学校へ入ってからも、共感するシーンや言葉が多かった。自分自身、初期のマリカのように人と関わるのをあまり好まないところがあった(マリカほど過激ではないが)。そのマリカが、アスミたちとの関わりを経て、自分の抱えているものや過去を受け入れ前に進もうとする姿に、何度心打たれ勇気をもらえたことか。


 本当にいい作品に出会えて、完結まで見届けることができて良かったと思う。感動をありがとう。

 詳しい感想は、また後日あらためて書きます。今日はここまで。

f0079085_20372256.jpg

 なんとなく、星座関係の本と一緒に記念撮影してみたくなった。
by halca-kaukana057 | 2009-10-24 20:39 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31