プチプチアニメもスピンオフ! +「リトル・チャロ2」予告

 今週の教育テレビです。

【おかあさんといっしょ】
 今週もOPトークが面白かった件。火曜は温泉。だいすけお兄さんの「お肌がツルツル」に吹いたwお肌のことを気にするのは、お姉さんだけではありません。お兄さんもお肌を気にするんです。
 水曜はダンボールでボクシング人形を作る「ボックスボクサー」。たくみお姉さんがボクサーになって挑みます。グローブで連続パンチをくらわせるたくみお姉さん、カッコイイ!そのたくみお姉さんのパンチで、眉毛のたわしが取れてしまった…。ストレス発散用に欲しいな…。

【プチプチアニメ】
 久々に「プチプチアニメ」を取り上げます。現在水曜に放送中の「ビップとバップ」。名探偵ビップと相棒のカエル・バップ。怪盗ピカロが事件を起こし、ビップとバップが立ち向かう…という5分アニメ。ピカロの被害に遭ったヒロインを助ける…なんてロマンスもあり、ドタバタあり、5分間目いっぱい楽しめます。
 その「ビップとバップ」が、今週は脇役の警部・アンパンが主人公。「鬼警部・アンパン」。スピンオフ作品ですか!こういう発想は大好きです。
 ピカロの起こす事件を追う警察の警部・アンパン。その名の通りアンパンが好物で、捜査の時もいつもアンパンを食べている。これまでそんなにアンパン氏のことを見ていなかったから知らなかった(名前すら知らなかった)。アンパンで事件を解決してしまったり、新たな事件に巻き込まれたり…。"鬼警部"とタイトルにありますが、鬼のような怖さはありません。むしろほのぼの。事件を起こしてしまった容疑者にも、厳しいけれども時に優しく穏やかに一緒にアンパンを食べる感じなんだろうな。いいじゃないかスピンオフ!もっとやれw
 24日にまたアンパンの回があるようです。

 ところで、16日(23日再放送)は、「ロボットパルタ」の新作が来るらしい。それは楽しみだ!「ロボットパルタ」は「ニャッキ!」と同じく長寿ミニアニメ。新作とは嬉しいなぁ。

NHKアニメワールド:プチプチアニメ


【リトル・チャロ】
 これも教育テレビなのでここに。再放送はいよいよクライマックスへ。シリウスとキャサリンの絆、いいなぁ。

 木曜、来年度からの新シリーズ「リトル・チャロ2」についての予告がありました。チャロの新しい冒険が始まります。ストーリーは完全なファンタジーに。チャロの首輪に付けられるあるモノが、あまりにもファンタジー的な設定で驚いた。赤い星は取っちゃったのね…。
 またしても翔太と離れ離れのチャロ。物語の舞台の設定だけを考えると、英語の必要があるのだろうか…。翔太まで英語を自然に話していた。今度の舞台は架空の世界だけど、共通言語は英語とか…?(無理やりすぎる)第1シリーズがニューヨークなら、次は別の都市にすればよかったのではないかなどと思ってしまう。
 不安に思う点、疑問に思う点はあるが、まずは第1週を観るべし。3月29日、23:00~23:10放送月~木で10分ずつの放送なのでご注意を。月~木曜の各曜日を入門者・初級者・中級者・上級者向けとレベル別にし、毎日見ればレベルアップできるような構成になっているらしいです。これはまた斬新な放送の仕方。アニメパートは5分のままで、あとの5分で解説。ひとつのアニメを4つの異なる視点・語学でのレベルで観ることが出来るのは面白いかも。ここは期待します。

 あと、予告を観て気づいたことが2つ。まず、翔太の顔が公開されます。第1シリーズでは髪に隠れて見えなかった。翔太はこういう表情の男の子だったのか。
 もうひとつ、アニメの動きが第1シリーズと違う。第1シリーズは絵本・紙芝居…フラッシュアニメのような平坦な描き方だった。それが、第2シリーズでは走っているチャロを、視点をぐるっと360度回転させるようにして描いているシーンもあり、立体的。第1シリーズがクレヨンや筆で描いたような絵だったのが、第2シリーズはCGらしい画に。第1シリーズの独特の描き方が好きだったのだが、アニメーション製作スタッフが変わったのだろうか。それとも、舞台を変えたので演出も変えたのかな?スタッフについても情報を…。

 第2シリーズがはじまったら、「リトル・チャロ」タグも「リトル・チャロ2」に変えるか、どうしようか…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2010-02-12 22:21 | Eテレ・NHK教育テレビ

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30