人気ブログランキング |

今日の金星&はやぶさネタ

 まず、今日撮った金星。西の空に明るく輝いています。
f0079085_2214329.jpg




 次に、小惑星探査機「はやぶさ」に関する情報が沢山。

・「はやぶさ」のプラモデルが発売されます!
「青島教材文化社」さんから、「はやぶさ」のプラモが出ます。2000円、「はやぶさ」が地球に帰還する6月発売予定です。予約はもう始まっています。

アオシマBLOG:はやぶさは明日予約開始です
アオシマBLOG:はやぶさ予約開始しました。

 プラモデルなぞ作ったことのない私ですが、「はやぶさ」と聞いたからには…作ってみたい。

・「はやぶさ」帰還公式サイトできました
 「はやぶさ」の帰還に向けて、JAXAが公式サイトを作りました。ブログにtwitterもあります。応援メッセージも送れます(画像も可)。


JAXA:はやぶさ、地球へ! 帰還カウントダウン


 で、このサイトには「はやぶさ」関係者のメッセージも掲載されるのですが、トップバッターはプロジェクトマネージャー・川口淳一郎先生。その文章に胸を打たれました。
はやぶさ、地球へ!帰還カウントダウン:関係者からのメッセージ:「はやぶさ」、そうまでして君は。

「はやぶさ」は、本当は帰還を嫌がったのではないか。知ってか、知らずか、「はやぶさ」を待ち受ける運命は、大気再突入で燃え尽きることだ。もちろん、子のカプセルを運び、ともかくも所定のレールに載せた後にはなるのだが。

どうして君はこれほどまでに指令に応えてくれるのか?そんなにまでして。イオンエンジンの運転が再開したとき、そんな気持ちをもってしまった。われわれが、方策を考えあぐねていたならば、それは君を救う道だったかもしれない。使命を全うするのか?それとも、いやいやをしたいのではないのか。「はやぶさ」にはぜひがんばってほしい、と思う反面、その先に待つ運命は避けられないものかと思う。空力的に大気でジャンプする案など、力を得ることもできるのだが、度重ねた検討によっても、熱の壁が先に来てしまい、救えないことはわかっている。

-----

「はやぶさ」が切り離すカプセルは、「はやぶさ」自身の思いを載せて、次の後継機への「たまご」となると考えるべきなのだろう。「はやぶさ」自身もそれを望んでいるのだ。

イオンエンジンによる長期の軌道制御が終了した3月末、君はどうしてそんなにまで、とふたたび思った。けれど、その時、「はやぶさ」の覚悟が何であり、何を望んでいるのかが、わかった気がした。たまごを受け取って孵(かえ)してあげること。それをしなくてはならない。

-----

この6月、「はやぶさ」自身が託したいことをやりとげられるよう運用すること、彼が託すことをかなえてやることが、彼自身にとって最良な道なのだと、ようやく悟れたと思う。
(上記サイトより引用)


 川口先生の「はやぶさ」への想いが伝わってきます。モノ、探査機に情が移る、命を宿すとはこういうことを言うのでしょう。「はやぶさ」が大気圏で燃え尽きてしまうこと、「はやぶさ」が私たちに残してくれるもの…。あの壮絶な運用の中で、川口先生がこんなことを思っていらしたとは。
 いつものように、「はやぶさ」の話は涙無しには読めません。しかも、川口先生のこんな切実な文章を読んでしまったら。でも、今日は涙をこらえました。「はやぶさ」の願いが叶えられるまで、還って来るまで我慢します。

 「はやぶさ」、そして運用チームの皆様、応援しています!

 応援メッセージで画像も送れるとのことですが、「はやぶさ」イラストを送ろうか考え中。ただ、今まで描いたものはちょっと雑なので、帰還直前ver.を描きたいな。

 山崎直子宇宙飛行士搭乗のSTS-131ものんびりとNASATVなどを観て応援中です。


【追記】
 「はやぶさ」帰還公式サイトへのリンクは、トップページのみとのこと。そのため、「関係者からのメッセージ」ページへのリンクを外しました。リンクに関する項目をよく読まずに、リンクしてしまいました。申し訳ありませんでした。

【さらに追記】
 「はやぶさ」公式サイトへのリンク条件が見直されたので、リンクを貼りなおしました。関係者の皆様、ありがとうございます。
by halca-kaukana057 | 2010-04-15 22:40 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31