人気ブログランキング |

Sweep!! 1

 入院中に読んだ本の感想を書いていきます。この冬のオリンピックでカーリングに魅せられてしまったわけですが、そんなカーリングを描いた漫画や小説がちらほらと出ています。まずは漫画から。


Sweep!! 1
小橋ちず/幻冬舎・バーズコミックス/2010

 今はさびれた温泉街・見並町。風呂屋の娘である女子高生・里子は、そんなのどかな町でのんびりと暮らしている。ある日、犬の散歩中に里子は偶然にも温泉を掘り当ててしまう。その温泉は、何かと対立している隣町との境にあり、どちらのものか勝負で決めることになってしまった。その勝負が、「カーリング」。カーリングが何かも知らずに、里子は勝負を引き受けることに…。


 のどかな町で、「~じゃのう」と方言で話し、風呂の床磨きと囲碁が得意な里子が、地味なのにとても魅力的。ほのぼのおっとり可愛いと言ったらいいか。そんな里子が、友達のまつり、あゆと共に隣町とのカーリング勝負を引き受けてくれと頼まれてしまう。しかも、その「カーリング」を、ある違うものと誤解して引き受けてしまうのだが、これがまた里子のほのぼのおっとり、更に何にでも抵抗なく接してしまう柔軟な性格が活きる。里子のこの何に対しても壁を作らず、柔軟で素直な性格に惹かれた。無駄に焦らず、マイペースで、「待つ時」と「行動する時」をしっかりと判断できる。私は、つい見た目や世間の評判で判断したり、更に自分のメンツを保つような行動をとったりすることがある。人や世の中の流れに合わせようとして、焦って行動して失敗する。里子にはそんな姿勢が全く感じられない。こういう子、いいなと心から思いました。

 この漫画では、カーリングが何なのか、どんなルールなのか、初歩から易しく解説してあります。テレビでカーリングの試合を見ると、氷の上をスーッと滑り、かつスウィープは力強く、ショットはしなやか…と動きは簡単そうで難しい。そんな動きの「難しさ」も描かれています。ただし、里子は除く…。里子、地味なようで結構すごいです…。

 そんな里子たちに、「カーリング」とは何なのかを教え、そして4人目のメンバーとなる英子。心を閉ざしがちな美人。英子も里子と、そしてカーリングで変わりつつある。カーリングで4人がどう成長していくのか、楽しみです。

 読みきり番外編「HOME STAY」も、里子の魅力に惹かれる作品。焦らない、待つ時は待とう。肩の力を抜いて、どうしようもない時は流れに身を任せてみよう。動く時、動かす時、自分の力で変える時はきっと来るから…。入院中に読んでいて、励まされました。今も励まされます。

 2巻から本格的にカーリングの練習が始まるのかな?スポ根漫画というわけではないようですが、どう描かれてゆくのか。楽しみです。
by halca-kaukana057 | 2010-04-16 22:35 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31