人気ブログランキング |

試練のピアノリハビリ

 腕のリハビリはかなり進みました。もうすぐ医師からリハビリ完了と告げられると思います。リハビリのおかげで腕の動きが自由になり、かなり楽になりました。動きが制限されていることは、身体的にも精神的にも辛いです。

 一方、ピアノのリハビリは進んでいません。左手は相変わらず、ドレミファ…の音階と、ハノン1番を少しで精一杯。右手も、ひたすらハノンと、ソナチネ7・4番右手だけ。先日書いたとおり、音色に注意して、また、指の動きにも注意して練習していますが…あまり集中できず、30分ほどで終わってしまいます。

 ピアノ関係のブログを読むことや、演奏動画を観るのも辛いと、まだ感じます。ずっと愛読しているブログさんや、大好きなピアニストの演奏ならまだ大丈夫。しかし、ひたすら技を、表現を、己を鍛え突き進むピアノブロガーさんたちの文章や、心から楽しんでいる演奏動画を観るのは辛いです。

 そんな重い気持ちを引きずりながら、自分のピアノ記事を再読してみる。昨年末、来年(今年)の目標としてこんなことを書いていた。
どんな時も…他者の進度の速さや挑戦意欲の高さ、練習している作品の難易度に圧倒されて自分を見失ってしまいそうになる時も、なかなか進展がなく焦る時も。周囲がどうあろうと、自分自身がスランプに陥っていても、「こんな音を奏でたい」「この解釈が伝わるような演奏をしたい」という灯台のような目標を持っていたい。どんな状況でも、私は私の目指す音楽へ向かいたい。勿論、視野を狭めたり、考え方を偏らせないように気を付けて。これが来年の目標です。
どんな時も、自分の音楽を(2009.12.31)

 今まさに、周りの状況に圧倒され自分を見失っている。本当に見失ってしまうところだった。

 今は遠回りをしている状態。でも、「「こんな音を奏でたい」「この解釈が伝わるような演奏をしたい」という灯台のような目標」は持ち続けていたい。たとえ退屈にも思えるリハビリハノンでも、右手だけのソナチネでも。私はただ単に「ピアノが弾きたい」のではない。音楽を楽しみたい。何百年も前の天才たちが創り、今も奏で続けられている作品を楽しみたい。ただメロディーに心をゆだねるだけでもいい。できるならアナリーゼや楽曲・楽譜に秘められたその作品の魅力の決め手となるもの、作曲家がその作品を創った背景なども調べて、もっと楽しみたい。ピアノを演奏する時、楽譜を読み込んだりすることはそれの訓練・手助けになると思う。しかし、それが全てではない。音楽をもっと楽しみたい…ピアノを「弾く」ことだけが、私の音楽の全てではない。

 今は、私にとって、音楽の神様から与えられた試練の時なのかもしれない。自分を見失わず、劣等感に押しつぶされないように、自分を保つことができるようになるかどうか。周りと比較せず、自分の課題に取り組めるか。

 ピアノリハビリは、腕のリハビリよりも辛いと覚悟しています。何より、今年演奏しようと決めていたシベリウス「樅の木」が弾けそうもないことは、辛いです。腕の治療は今回の手術とリハビリで終わりではないので、今年いっぱいピアノリハビリもかかるのではないかとも覚悟しています。でも、このリハビリが何を意味するのか、何のためなのか。問いながら、自分の音色を聞いていこうと思います。

 それ以上に、今は色々な作品を聴いて、楽しもうと思います。禅問答で、厳しい修行ばかりでは身が、腕が、心が持たない。様々な音に触れ、耳を育てる。今できることのひとつだと思います。クラシックだけでなく、他のジャンルも。とにかく、色々聴いて楽しみたい。それだけなんです。

 ちなみに、明日23日は、ヴィルヘルム・ケンプの命日なのだそうです。ケンプの演奏は大好きです。偉大なピアニストを偲んで、明日はケンプの音楽に浸ろうと思います。(他にも音楽関係の予定は一応あります)
by halca-kaukana057 | 2010-05-22 22:57 | 奏でること・うたうこと

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)