人気ブログランキング |

[6.13はやぶさ帰還]おかえりなさい、はやぶさ!

 日付が14日になりました。長い6月13日が終わりました。小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)は、無事オーストラリア・ウーメラ砂漠へカプセルを投下。「はやぶさ」本体は大気圏で燃え尽きました。

JAXA:小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)の大気圏突入について

<6月13日 22時57分(日本時間)発信>地上からカプセルの発光(火球)を確認しました。これにより、カプセルが大気圏に再突入したことを確認しました。
twitter:はやぶさ帰還ブログ

みんな、ただいま!!
twitter:はやぶさ帰還ブログ


 お帰りなさい!!

ustream:HAYABUSA re-entry
 はやぶさの、大気圏突入時の映像です。3分あたりで、閃光が。これが「はやぶさ」の最期、凱旋飛行です。あまりのまばゆい輝きが、眼に焼きついています。なんて美しい。数々の困難を乗り越え、7年もの長旅を終え、そして数々の功績を遺した「はやぶさ」。その最後の雄姿。言葉が出ません。

YouTubeにも。NASAによる撮影です。

 バラバラになって燃え尽きる「はやぶさ」本体…哀しいけれど、とても美しいです。

 各新聞社の記者さんたちによる、素晴らしい画像もあがっています。
読売新聞:星空を進む「はやぶさ」。天の川(左)の中にある南十字星の上で消えた=尾崎孝撮影
朝日新聞:南天の天の川の前を右下から上方へ横切った「はやぶさ」と回収カプセル
毎日新聞:小惑星探査機「はやぶさ」 地球へ帰還
 どれも「プロの犯行」としか言いようの無い、美しい画像です。

 「はやぶさ」からの最後の画像も届きました。
はやぶさラストショット (c)jaxa
 最後の最後まで…。

 さらに、カプセルももう見つかったようです。早いよ!順調に回収作業も進んでいて、喜ばしい限りです。
<6月14日 00時05分(日本時間)発信>ヘリコプターでカプセル本体を捜索した結果、WPA内において、目視により確認しました。
twitter:はやぶさ帰還ブログ


 これで、「はやぶさ」は月以外の天体へ飛行し、離着陸を成功させ、地球に帰還した、世界初の探査機となりました。これまで、どの国の宇宙機関も成し遂げたことのない快挙です。おめでとうございます!!宇宙探査の歴史が塗り替えられた瞬間を見ることが出来て、本当に嬉しいです。「はやぶさ」の閃光を見た瞬間、胸が熱くなりました。そして、窓から空を見上げ、「おかえりなさい。お疲れ様。沢山の感動を、見たことのない宇宙の姿を見せてくれて、イトカワへ私の名前を連れて行ってくれて、本当にありがとう」そうつぶやきました。感無量です。

 twitterでは、22時51分に南の空に向かって乾杯しようという企画が持ち上がり、私も参加しました。ウーメラということで、ウメ…梅酒でwいや、梅酒が好きだからですw

 「はやぶさ」は帰って来ました。でも、まだ、ミッションは終わっていません。カプセルを回収して、日本に持ち帰り、その中身を解析する。もし、イトカワのサンプルが入っていたら…それで太陽系が出来た頃のことをもっと詳しく研究できる。「はやぶさ」の成し遂げたこと、遺したものは、将来へ繋がってゆきます。また、イトカワとは違うタイプの小惑星へ向かう計画の後継機「はやぶさ2」(仮)も、予算をつけて、打ち上げ、探査を継続していくことも、「はやぶさ」の遺してくれたものを将来へ繋げる、大事な大事なことです。どうか、予算がつきますように…!(詳しくはサイドバーの「はやぶさ2」実現を応援しようバナーをクリックしてください。)

 さらに詳しい情報は、また朝になってからにします。

 最後にもう一度。
 はやぶさ、お帰りなさい!運用チームの皆様、本当にお疲れ様でした!!
by halca-kaukana057 | 2010-06-14 01:09 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31