人気ブログランキング |

太陽光フル活用! IKAROS,まだまだ挑戦中

 先の記事では、じめーっとしてしまったので、景気のいいお話を。宇宙ヨット・イカロス君がまたやってくれました!

JAXA:小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS(イカロス)」の姿勢制御デバイス(液晶デバイス)による姿勢制御成功について

毎日新聞:イカロス:太陽光圧だけで姿勢制御成功
47NEWS:「イカロス」が太陽光で姿勢制御 宇宙ヨット、世界初
時事ドットコム:液晶装置で帆の向き制御=世界初、宇宙ヨット「イカロス」-将来の発電衛星に応用も
日本経済新聞:宇宙ヨット「イカロス」 燃料なしで方向転換へ一歩 帆の角度ずらすのに成功、JAXA発表


 これまで、人工衛星や探査機の姿勢を制御するには、小型のエンジンを各所に取り付け、その噴射で制御していました。探査機の場合だと、メインエンジンとの燃料が異なることも(「はやぶさ」の場合、メインエンジンはイオンエンジンで、キセノンガスを使用。姿勢制御には化学エンジンで、ヒドラジンという燃料を使用。ヒドラジンはロケット打ち上げでもよく使用されますが、猛毒です)。「IKAROS」にも姿勢制御用の化学エンジンが搭載されていますが、今回はそれを使わず、広げた帆(セイル)に付いている液晶デバイスで姿勢制御をしました。燃料は勿論使いません。使ったのは、太陽光(圧)。

 液晶デバイスは、電源を入れると太陽光を鏡で反射するような働きをします。電源を切ると、反射が弱くなります。これを利用して、帆の液晶デバイスを部分ごとに電源を入れたり切ったりして、思い通りの方向へ帆を向けることに成功しました!勿論世界初!!おめでとうございます!

 液晶デバイスでの姿勢制御は、JAXAが独自に開発した技術。これがあれば、姿勢制御用の化学スラスタもいらない。燃料を積む必要がなくなった分、観測機器を多く積むことも出来るし、何より太陽光が届く場所ならどこへでも、どこまでも飛ばすことが出来る。SFの世界が、太陽系大航海時代が、またグッと近づきました。凄いよ!!
 液晶デバイスについては、こちらのページにある「DCAM1」でのイカロス自分撮り画像をどうぞ。
~翼を広げて~ IKAROS(イカロス)専門チャンネル:分離カメラ1撮像画像の追加公開


 さて、twitterでも絶好調の「イカロス君」。

  • 14:13  今度はそれで僕の姿勢を変えられることが確認できたよ!!

  •  喜んでいます。おめでとう!

  • 23:12  僕もチーズケーキ食べたかったなー 誰かココまで持ってきてくれないかなぁ>http://www.isas.jaxa.jp/home/IKAROS-blog/

  •  と思ったら、イカロスブログの内容に反応。余裕ですね~。

  • 10:37  (ニューヨークチーズケーキ食べれなくてくやしいから無茶振りー  いま飛行機に乗ってるさわださんがブログで月曜に自己紹介してくれるよ!  ふふふ...にゃむ) 


 頭にきたので無茶振り!!これで3回目です…。恐ろしい子…!
by halca-kaukana057 | 2010-07-24 23:35 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31