わかったようでわからなかった古楽器の世界

 かなり前に録画して、そのまま放置していたNHK「名曲探偵アマデウス」の「バッハ:組曲第3番ニ長調」の回をようやく観ました。

NHK:クラシックミステリー 名曲探偵アマデウス:事件ファイル#56 バッハ「組曲第3番ニ長調」

 「組曲第3番ニ長調」というと何の作品だっけ?と一瞬思ってしまいますが、第2曲目は「G線上のアリア」として編曲されたあの曲といえば、メロディーが浮かんでくる人が多いかも(私もでした)。番組では亡き妻への想いと再婚で揺れる男性が、亡き妻がこの作品を通して何を伝えたかったのか…というドラマを軸に、この作品を紐解いてゆきます。「G線上のアリア」として有名な第2曲・アリアは弦楽だけの穏やかなメロディーが奏でられますが、作品全体はニ長調の華やかで祝祭的な雰囲気に溢れている。第2曲のアリアも、第1ヴァイオリンの穏やかな旋律を支えるチェロ・コントラバス・チェンバロの”通奏低音”、第2ヴァイオリンとヴィオラがそれぞれ奏でる別の旋律。別の旋律なのに組み合わせると調和する。”対位法”を得意とし、駆使したJ.S.バッハ作品の魅力が語られます。対位法ってそういうことか。「バッハ ピアノ小品集」などでこれまでJ.S.バッハの作品にピアノ演奏でも触れてきましたが、対位法、ポリフォニーが具体的にどういうことかよく理解できていなかった。ただ、古典以降の右手は旋律で左手は伴奏…とは違う。これだけはわかっていたが、それとJ.S.バッハやバロック期の作曲家たちの作品の違いを具体的に説明できなかった。ようやく、少しだけど、理解しました。今後、バッハの作品を聴いたり演奏したりする時に、楽譜をじっくりと読んでみます。

 もうひとつ興味を持ったのが、古楽器。バッハの時代の楽器を再現し、その楽器で演奏している。CDで聴いて音には親しんでいたけれど、実際どんな形の楽器なのか、現代の楽器とどう違うのか、これも詳しくは知らなかった(チェンバロを除く)。トランペットにはピストンがなく、シンプルな構造。でも、演奏するのは難しい。ティンパニにも古楽器があったことは初耳だった。今のティンパニより小さく、マレットもドラムのスティックみたいに布などが巻かれていない。どちらも、響き・音の反響は少ないけど、ストレートな、はっきりとした音がする。その音色を聴くと、現代のトランペットでバロック作品を演奏したら全然違うものに聞こえるだろうなと思う。何気なく聴いていた古楽器での演奏の音色も、今度は注意深く聴いてみよう。CDだと演奏風景が見えないからなぁ…。古楽器での演奏会に、行けたら行ってみたいなと感じました。生の音・演奏はまた違うと思うので。演奏風景も観たい。

 バッハの作品をピアノで演奏する時も、他の楽器を合わせたらどうなるかを想像してみよう。タッチの弾き分けには注意して。そんなことも思いました。


 家に管弦楽組曲全曲がちょうどあったので、聴いたのはこれ。

バッハ:管弦楽組曲(全曲)

トン・コープマン(指揮&チェンバロ)/アムステルダム・バロック・オーケストラ/BMG JAPAN


 古楽器での演奏です。トン・コープマンはオルガンの名手として知られていますが、チェンバロも演奏します。コープマンのバッハ・オルガン作品も大好きです。


 で、ちょうど17日日曜日(16日深夜)午前2時45分からNHK総合で再放送があります。見逃した方は観てみてね。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2010-10-15 22:42 | 音楽


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る


ブログランキングならblogram


はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測中!

最新の記事

これがフィンランドの香り? ..
at 2018-06-23 21:07
わたしを離さないで
at 2018-06-16 22:04
6月の宵の三日月と金星
at 2018-06-16 21:04
金井さん帰還、「はやぶさ2」..
at 2018-06-08 21:53
まだまだ、シベリウス クレル..
at 2018-05-22 22:53
神さまたちの遊ぶ庭
at 2018-05-17 23:08
私にとって、「感想」を表現す..
at 2018-05-13 23:00
【重要なお知らせ】エキサイト..
at 2018-05-10 22:48
北国の春 2018
at 2018-05-10 22:17
羊と鋼の森
at 2018-05-03 23:23

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索