人気ブログランキング |

見知らぬ世界に想いを馳せる

 正月なんて名ばかりだ。普通の日常と何ら変わりが無い。変わっていることといえば、年賀状が届くこと、図書館は休みであることぐらいだ。それでも、箱根駅伝ぐらいはちょこちょこと観る。順位が何度も入れ替わり、亜細亜大学の優勝で駒澤大学の連覇がストップしたのは観ていてちょっとスカッとした。別に応援している大学もないし嫌いな大学も無いのだが、どんなスポーツでいつも同じところばかりが優勝するのは面白くないと思っている。さまざまなチームの良いところを見たいと思うからだろうか。


 はっきり言って運動は苦手だ。でも、見るのはそれなりに好きだ。先日のフィギュアスケートもしっかりと見てしまった。きっとトリノ五輪もさすがに夜更かしはしないだろうが、スポーツニュースはちゃっかり見てしまうと思う。(ちなみに今から宣言してしまいますが、トリノ五輪では問答無用でフィンランドを応援するつもりです。勿論日本の選手も応援しますけどね。)

 体を限界まで鍛え上げ、今以上のもっと上を目指す選手たち。私には想像の出来ない世界だ。何故そんなに体が動くのか、本当に不思議だ。フィギュアスケートの高速スピンで目が回らないのか。スキージャンプで飛ぶ時は怖くないのか。フルマラソンを走っても、倒れず走り続けることが出来るのは何故か。どんなスポーツでも、そこには私の想像を超えた世界が存在するんだ。

 スポーツだけじゃない。他の分野でも私には見当もつかないものが多く存在する。日常の何処にでも。時折、新しいものに接すると「自分には今以上のことは出来ない、無理だ。」と思う。今日もそんな気持ちになった。新しい世界に踏み込む時の不安。それを感じるのは普通だ。そう言い聞かせる。

 でも、知らなかったことを知るのは楽しい。自分の世界を広げるのは、いい意味でドキドキする。その気持ちを少しでも味わえたならこっちのものだ。辛いこともあるけど、楽しいこともある。それが日常。少しずつ慣れていけば、きっと面白みが分かってくる。前は“長くて巨大で訳が分からないもの”と思ってばかりいた交響曲も、今じゃ奥の深い味わい深いものと思える。時間はかかっても、そう思える日が必ず来るはずだ。
by halca-kaukana057 | 2006-01-03 21:29 | 日常/考えたこと

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31