人気ブログランキング |

marimekko 60周年記念公式ムック

 昨年春、marimekko(マリメッコ)の公式ムックが出ましたが、今年も出ました。しかも今年は60周年のアニバーサリーイヤー。と言うことで、今年も公式ムックが出ました!


marimekko HAPPY 60th ANNIVERSARY! (e-MOOK)

宝島社


 青い「UNIKKO(ウニッコ)」柄が目印です。

 1951年、アルミ・ラティアにより設立されたテキスタイル・ブランド。それから60年、マリメッコのテキスタイル製品は母国フィンランドのみならず、世界中で愛されてきました。ムックでは、この60年、マリメッコが生み出してきた名デザインの数々、「UNIKKO」他数多くのデザインでマリメッコを支えてきたマイヤ・イソラの作品、娘のクリスティーナさんのインタビュー、マリメッコ製品と共に暮らすフィンランドの人々のお部屋拝見など、観ているだけでも楽しい内容になっています。

 これまでのマリメッコのテキスタイル・デザインの数々を観ていて、どれも大胆でカラフルだと思う。それをうまく使いこなしているフィンランドの人々のセンスに脱帽します。60年で生活に浸透したデザイン。まだ1世紀も経っていない。それだけフィンランドの人々にとって、世界中の人々にとってマリメッコは魅力的だったと実感する。一見大胆だけど、使っているうちに違うよさが見えてくるのかもしれない。60年は、長いのか、短いのか…ちょっと考え込んでしまいました。

 付録は表紙と同じ、青いUNIKKOのトートバッグです。

f0079085_2273611.jpg

 結構大きめなので使いやすいです。この色のUNIKKOは初めて見ました。なので、斬新に感じます。

f0079085_2274059.jpg

 昨年のトートと並べてみた。やっぱりマリメッコといえば、ウニッコだなぁ。と思いつつも…実際自分で持って歩くとなると、ちょっと勇気が要る。この色使い。でも、持ち歩いていると、楽しくなってきます。マリメッコが60年間目指してきた、そしてこれからも目指すであろうデザインは、使って楽しくなるデザインなのだろう、と思いました。

 巻末にはワンピースの型紙も。この型紙を使って、マリメッコの好きなテキスタイル生地でオリジナルワンピースを作れるようになっているのです。問題は…テキスタイル生地を自分で調達しなければならない。日本の地方でも、もっと気軽に手に入れられればいいのにな。

【過去関連記事】
marimekko公式ムック発売
フィンランドのサーモンスープ「Lohikeitto」を作ってみた
 ↑ムック内にはフィンランド料理のコーナーもあり、このサーモンスープも出てきます。レシピは大体同じです。
by halca-kaukana057 | 2011-05-04 22:16 | フィンランド・Suomi/北欧

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30