人気ブログランキング |

【6.6 金星太陽面通過】最初から白旗?

 今日は金星太陽面通過。今日を逃したら105年後…。とは言え、仕事だし、機材といえば日食メガネとコンパクトデジカメぐらい。観望できるのは、仕事に行く前の7時台と、休憩時間の13時台。しかも、天気は曇り雨。これはいくらなんでも無理だろう。観れたらラッキー、勝てる自信は無い…そんな気持ちで今日を迎えました。

 さて、7時台。ニュースでも取り上げている。西日本は晴れていて、太陽の前を横切ろうとする金星の姿を生中継している。私の地域は、雨は降ってはいない。雲も多いが、時々雲間に太陽が。少しだけだけど観てみよう。勝つ自信はありませんでしたが、日食メガネとカメラのフィルターはちゃんと用意していました。望遠鏡もあるけど、太陽観測のための準備はしていないので使えず。…出勤前、忙しくて使う時間が無い!

 日食メガネで太陽を観る…。左端にちょこんと見える、はず…。しかし、さっぱりわからない。横切る雲も邪魔。視力には自信があるのだが、黒い点…?見当たらない。わからない。確認できない。やっぱり日食メガネだけでは無理なのかなぁ…と思いつつ、一応画像も撮ってみる。あとで確認したが、それらしきものは映っているけど、あまりにもひどい画像なので載せません…。

 その後出勤。仕事していたら、どんどん雲は厚くなり、雨が。昼休みにもう一度…太陽は雨雲の向こうでした。

 帰宅してから、ニュースやネットを見ると、日食メガネでも見えた、との声が結構ある。えええ…。雲のせいか、私の観測の仕方が悪かったのか。どうもコツがあるらしいです。しょんぼり。次は105年後…天国から見えるだろうか。観てやる。あとは、孫にでも託そう。

 しかし、金星の太陽面通過、なんて、これまで天文ファンぐらいしか注目してこなかった天文現象。それが、テレビや新聞で大々的に取り上げ、生中継もしている。凄い時代になったというか、何だかんだ言って宙を観るのが好き、宙を観たいと思っている人は多いのかもしれない。そうだったら嬉しいな、と思ういち天文ファンでした。

国立天文台:国立天文台が撮影した金星の太陽面通過
 ↑国立天文台による、素晴らしい画像で楽しむことにする。
JAXA:宇宙科学研究所・ISAS:「ひので」から見た金星の太陽面通過
 太陽観測衛星「ひので」も宇宙から観測。金星が太陽の内側に入る際、金星の大気で太陽光が屈折し、金星の縁が光って確認できる現象もとらえています。さすがです。
by halca-kaukana057 | 2012-06-06 21:58 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31