人気ブログランキング |

幸田文 どうぶつ帖

 以前も読んだ、平凡社から出ている幸田文さんのエッセイ選集を。久しぶりです。

幸田文 旅の手帖
幸田文 季節の手帖

幸田文 どうぶつ帖
幸田 文 / 平凡社

 幸田文さんは、動物が好きだった。何頭・何匹もの犬や猫を飼い、動物園に行くのも好きだった。そんな文さんが、飼っていた犬や猫のこと、動物園の動物たちを描いたエッセイを集めています。エッセイだけでなく、犬との日々を描いた「町の犬」、猫との日々を描く「あじの目だま」の小説2作も収録しています。

 動物、とりわけ犬と猫のことを書いているエッセイを集めたこの本。私も動物は大好きだ。犬も猫も、鳥も、なかなか行く機会はないけど動物園も好きだ。子どもの頃はセキセイインコと金魚を飼っていた。昆虫ではあるが、アゲハチョウを幼虫から成虫まで観察しつつ育てたこともある。動物たちのくりくりとした瞳、何かをじっと見つめる視線、愛くるしい仕草、様々な鳴き声…こう思うと、何も飼っていない今がちょっと寂しい。

 でも、動物、とりわけ犬や猫は「ペット」とされてきたが、彼らはれっきとした生き物であり、生命である。食べ、排泄もし、子孫も残す。飼っていた犬や猫のことを、愛情に溢れた文章で書きつつも、文さんは生き物であることを忘れさせない。決して、人間の「ペット」ではない。そんな想いも感じられました。文さんは動物そのものが大好きなのだなぁ、と。

 犬であれ猫であれ、飼っていると別れの時、死別の時が必ず訪れます。その描写も、心をわしづかみにされました。こちらは人間、あちらは犬・猫と同じ生き物でも種類が違う。でも、一緒に暮らし、毎日・生活を共にしていれば家族であり、パートナーだ(「ペット」は人間のためのもの、というイメージがある)。特に猫の「ふたつボン」での別れは、なんとも悲しい。最後の力を振り絞って家に帰ろうとした…この猫も「家族」だったんだ、と。

 どうぶつのエッセイということで、愛くるしい様が描かれているのかと思いきや、結構重めの内容もありました。でも、「深刻」「陰鬱」と思わせない文さんの文章。やっぱり文さんは動物が好きで、愛情を注いでいたのだろうと感じました。
by halca-kaukana057 | 2012-08-17 22:33 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31