人気ブログランキング |

月と木星と「だいち」

 今日の夕空は思わず見惚れてしまう空でした。月齢2の細い月と木星が寄り添って見えていました。昨日はもっと近づいていたのですが、雨で観られず。今日はきれいに晴れてくれました。

月と木星と「だいち」_f0079085_2253130.jpg

 この細い月。何度観ても、ずっと観ていたいと思います。夕暮れ空のグラデーションもきれいだ。

 そして夜になって、今度は「だいち」(ALOS)可視パスです。以前よく挑戦していた、陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)の可視パス。冬の間は挑戦できませんでした。先日久々に可視パス情報を調べて挑戦。しかし、薄雲でダメでした。
 快晴の今日ならいけるはず。見え始める時間、空を見上げて待ちます。

 しし座の方角から見え始める予定。ぽつんと光の点が見えた、「だいち」だ!と思いきや、すぐに暗くなって見えなくなる。そうだった。「だいち」の可視パスの光度は不安定だった。しばらくして、また明るくなり見え、また見えなくなる。。そして北斗七星の方向で、一等級ぐらいに明るく輝いて、また見えなくなりました。

 久々に「だいち」を観ました。観測は終わっても、まだ「だいち」は地球をまわり、以前と同じように地球を見守っているのかもしれません。
 カメラを向けてみましたが、写ってはいませんでした。残念。明るくなるタイミングにちょうど合えばいいのだが…。難しい。

月と木星と「だいち」_f0079085_231187.jpg

 とりあえず撮影したしし座。西の空に傾きつつある、横倒しの獅子です。下のほうに「獅子の大鎌」が横向きになっています。

【以前の記事】
陸域観測技術衛星「だいち」を観たい!
陸域観測技術衛星「だいち」 ようやく観れた
 昨年夏の可視パス挑戦記事。

「だいち」後継機は「だいち2号」 ミッションマーク選定キャンペーン
 そういえば、このキャンペーンの発表が予定より遅れているのですが、どうなったんだろう?
by halca-kaukana057 | 2013-05-12 23:08 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31