人気ブログランキング |

群緑の時雨 4【最終巻】

 ようやく感想を書きます。好きな作品の最終巻は、感想を書いてしまうと「本当に」終わってしまう気がしてなかなか書けません…。

群緑の時雨 4
柳沼 行/メディアファクトリー・フラッパーコミックス/2013

 ついに式桜(しきさ)の城に着いた霖太郎たち。湖の真ん中にあり、難攻不落の城と呼ばれ、これまで謎の光によって士々国(ししこく)の者たちは命を落としてきた。どう城を攻めるか作戦を練る。5年もの間城に篭っていることは可能なのか、誰かいるとすればどれだけの者がいるのか…勘解由の助言により、作戦を立てる。そして夜になり、幾手に分かれ、城へ向かって舟を出した。しかし、城の中からの攻撃により、霖太郎、府介、伊都、勘解由の4人だけが城にたどり着いた。そして4人が中で見たものは…


 まさかの展開が待っていました。1巻からミステリアスな存在だった式桜の城の謎も、3巻で府介が「心の中を見せない」のも、全てが解けました。まさかの展開ですが、とてもかなしい、辛い展開です。でも、そんな状況でも、潔く、凛々しく、まっすぐ前を向いている爽やかさ。柳沼先生の物語も絵も、絵の魅せ方も、全てがこの物語を物語っています。セリフも勿論だけど、セリフだけじゃない。ひとコマひとコマの全てで。

 武士としての誇り、生きる志。これらをテーマとしてきたこの物語ですが、「武士の誇り」と一言で言っても様々。霖太郎には霖太郎の「誇り」があり、府介には府介の「誇り」があり、伊都には伊都の「誇り」がある。それは、誰かと共に寄り添い共有できる、一緒に磨き続けられるものでもある一方で、対立しどちらかを排除しなくてはならないものでもある。士々国は式桜を敵として、対立し生き残るために倒してきた。でも、式桜の者にも「誇り」はある。式桜の城の中で出会った者、そして起こった出来事は、まさに「誇り」と「誇り」のぶつかり合い。それは国という枠を越えることもある…。この式桜の城の中での出来事が、衝撃的で、でも、これまでのことに納得がいく。謎が全て解けた。それぞれの「誇り」を、最後まで貫き通す。その志、強く繊細な気持ちに、強く胸を打たれました。1巻から読み返して、これはこういうことだったんだ…と思うと、切なくなります。

 最終話、勘解由さんの謎も解かれます。勘解由さんも謎めいた存在だったが、勘解由さんも「誇り」や「志」を持っていた…いや、霖太郎・府介・伊都の3人の成長と友情を見て、取り戻していった。私がこの物語を読んでいた視点は、勘解由さんに近かったのかもしれない。勘解由さんに伊都が語った決意にも驚いた。

 そして最後…。かなしい、さみしいけれど、やはり前を向いている。心の中の強さ。この爽やかさ…!大きな拍手を送りたいラストです。しかも、「スピカ」へのまさかのつながりが…!?そう来るか…!巧い、にくい演出でした。

 4巻と、短編の作品ですが、読み応えはたっぷり。何度でも読み返したい作品です。柳沼先生、再び素晴らしい作品をありがとうございました!!

・3巻:群緑の時雨 3


 柳沼先生の次の作品が楽しみです。
by halca-kaukana057 | 2013-05-28 21:52 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31