人気ブログランキング |

北国の春2013 その5 シベリウス「5つの小品(樹の組曲)」op.75の如く

 春というよりも、もう初夏です。でも、まだ5月…5月最後ということで。晴れた日は、緑の多いところへ。

f0079085_21381162.jpg

f0079085_21381919.jpg

 まだ咲いている八重桜が。やわらかくふんわりとした花がきれいです。

f0079085_21382875.jpg

 ナナカマドの白い花。何度も書いてますが、フィンランド語だと「ピヒラヤ(pihlaja)」。シベリウスのピアノ曲集「5つの小品」op.75(「樹の組曲」)の第1曲「ピヒラヤの花咲く時」を思い浮かべます。フィンランドの街角や森にも、この白い花が咲いているのだろうな。シベリウスもそれを見ていたのだろうな。

f0079085_21383297.jpg

f0079085_21383483.jpg

 ナナカマドの花が咲く時期、一緒に咲くのがライラック(リラ)。紫でも、濃さが違うのもあります。この花も大好きな花。
 ちなみに、シベリウスのop.75は全部で5曲(ピヒラヤの花咲く時、孤独な松の木、はこやなぎ(ポプラ)、白樺、樅の木)ですが、なんと6曲目があったそうで、しかもタイトルは「ライラック」だったのだそうです…!
HMV:シベリウス・エディション VOL.10~ピアノ曲第2集~日本語解説付(5CD)
 聴いてみたい…! でも、何故その6曲目は削除されてしまったのだろう…?

f0079085_21393239.jpg

 菜の花と白樺。菜の花の黄色、空の青、白樺の幹の白と葉の緑…色鮮やかです。…ここにもシベリウスの作品が!シベリウスop.75に関係のある花や樹に囲まれてます。

 こんな風景を観ながら、のんびりとボーっとする時間…やっぱり幸せだなぁと感じます。この時間だけだったとしても。
・参考過去記事:北国の春2013 その4・番外編 美しい5月に


*シベリウスの「ライラック」ですが、調べてみたら、後に管弦楽組曲「3つの小品」op.96より第1曲「抒情的ワルツ(Valse lyrique)」op.96aとなった模様。
by halca-kaukana057 | 2013-05-31 22:43 | 日常/考えたこと

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31