人気ブログランキング |

アイソンの消えた空に

 11月29日のアイソン彗星近日点通過について、記事にしようと思っていたのですが情報が錯綜して追いきれず、更に私も昨日は出かけていてチェックできず、今ごろになってようやく状況をつかめてきました。

SOHO Hotshots
 NASAとESAの太陽観測衛星「SOHO」の最新情報サイト。「Latest images from LASCO C3 and C2」をそれぞれクリックすると、最新の観測画像が見られます。
Astronomy Picture of the Day (APOD):2013 November 30:Surprising Comet ISON
 観測画像を繋げて動画にしてあります。

 現在の画像を見ると、もう彗星のダストも無くなってしまっています。近日点も無事通過して、大彗星に大化けして、見事な尾の姿を今度こそ見る!と思っていたのですが…。残念です。

国立天文台:アイソン彗星
 日本語での最新情報はここで。

 しかし、彗星が近日点通過で崩壊してゆく様を観測できるのも、珍しいこと。彗星の研究をしている天文学者にとっては、絶好の機会でもあります。自分の眼で見るチャンスは無くなっちゃったけど、アイソン彗星が残してくれた貴重な観測データで、彗星や太陽系の謎に迫り、また新たな謎が生まれる。そんなチャンスが出てきた。もう見えないけど、確かにそこにあったであろうアイソン彗星に、ありがとうとさよならを伝えたい…なんてちょっと感傷的なことを思ってしまいました。

f0079085_173225.jpg

 そのアイソン彗星が近日点通過をした11月29日の夜に撮影した、オリオン座とシリウスです。雪が降っていたのですが、この時は晴れて、見事な姿を見せてくれました。
 ふたご座には木星もいて、望遠鏡で見れば4つのガリレオ衛星や縞模様も楽しめます。明るいので、ただでさえ明るく煌びやかな冬の星空がますます賑やかになりました。
 12月に入り、もうそろそろふたご座流星群の季節です。流星群の中でも、私はふたご群が好きです。冬の凍りついた空、煌びやかな冬の星座の中を流れる流星。まさにキーンと高い音が聞こえそうな(実際は聞こえませんよ)。
 アイソン彗星はもう観測できなくなっちゃったけど、宇宙にはまだまだ見るものがたくさんあります。彗星も、ラブジョイ彗星は観測できます。初心者も肉眼ですぐわかる(慣れた人ならわかるらしい)ほどではないけれど、明るい彗星です。
アストロアーツ:ラブジョイ彗星が肉眼等級に
アストロアーツ:2013年12月 ラブジョイ彗星が明け方の空に見える
Togetter:倉敷科学センターの中の人によるアイソン彗星の観察のポイント
Togetter:@C6H5NH2 さんの「アイソン彗星・明るさの読み解き方」
togetter:アイソン彗星を見るための心得
 アイソン彗星と書いてますが、ラブジョイ彗星や他の彗星の観測でも通じるところがあるので、参考資料にどうぞ。「肉眼彗星」って何?「彗星ってどう見えるの?」「どうやって見つけたらいいの?」そんな疑問の答えが書いてます。

 さぁ、晴れた夜は寒さ対策をバッチリして、星空を見上げましょうか。宇宙は、いつも、頭の上に。
by halca-kaukana057 | 2013-12-01 17:44 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31