人気ブログランキング |

ドラゴン宇宙船キャプチャ直後のISS

 今日は国際宇宙ステーション(ISS)の可視パスがありました。しかも、ちょうどその時間、アメリカの民間宇宙開発会社・スペースX社の無人補給船「ドラゴン宇宙船(ドラゴンCRS-3)」がISSのロボットアームにキャプチャ(把持)されるところでした。ISSの可視パスの時間を調べて、NASATVでキャプチャの様子を観ていました。NASATVを観るのは久しぶりになってしまったなぁ。

sorae.jp:"脚付き"ファルコン9ロケット、ドラゴン補給船運用3号機の打ち上げに成功
sorae.jp:ファルコン9、着水実験に成功 再使用ロケット実現へ大きな一歩
 ドラゴン宇宙船を打ち上げるファルコン9ロケット。今回のファルコン9では、面白い試みをしていました。ロケットを打ち上げて、燃料が無くなった部分は、通常切り離し海上へ落下させます。今回のファルコン9は、切り離した第1段ロケットのロケットエンジンを再点火させ減速、人工衛星の姿勢制御に使うスラスターをつけて姿勢制御し、着水の際にも再点火して垂直に着水させました。
 これは、今後有人宇宙船を帰還させる時に使う技術。かつてのアポロ宇宙船や、現在のソユーズ宇宙船もパラシュートで降下し、ソユーズ宇宙船は陸上への着陸のため衝撃を和らげるために逆噴射して着陸します。しかし、姿勢制御する装置は無いので、風などの影響で予定のポイントからずれてしまうことも。この今回のファルコン9の再点火・姿勢制御の技術を使えば、ピンポイントに着水することが出来るようになるのです。すごい!スペースX社は次々と面白いことをしています。

 さて、ISSのロボットアームに近づくドラゴン宇宙船。
f0079085_2116333.jpg

 背景の地球の砂漠がきれいです。

 ISSの中、「キューポラ」では…
f0079085_21175116.jpg

 若田光一宇宙飛行士がロボットアームを操作して、キャプチャしようとしています。これまでの飛行では、ロボットアーム操作の見事な腕前で数々のミッションを成功させてきた若田さん。中継を観ながら応援します。

 そして20時15分ごろ
f0079085_21204312.jpg

 キャプチャ!がっちり掴みました!

f0079085_21212721.jpg

 管制とおめでとうを交わし、笑顔のコマンダー若田さん。リチャード・マストラキオ宇宙飛行士とスティーブン・スワンソン宇宙飛行士も。和やかな雰囲気です。


 では、今度は私がISSを観てこよう。最初、JAXAの「きぼう」を見ようサイトの時刻で見ていたのですが、時間になってもISSは見えない。時間間違えたのかな?ドラゴン宇宙船とのランデブーで、時間に変更があったのかも。もうしばらく待ってみようと少し不安になりながら待ってました。

f0079085_21405280.jpg

 見えました。薄雲のせいで明るさが弱まっていますが、はっきりと見えました。いつもは「若田さん~」と手を振りますが、今日はドラゴン宇宙船把持おめでとうございます!とも付け加えておきました。ちょうど日本上空を通過するコースだったのですが、キャプチャ直後で地球を観ている暇は無かっただろうなぁ。

 この後、このロボットアームで掴んだドラゴン宇宙船は、ISSのハッチに結合されます。日本の補給船「こうのとり(HTV)」と同じ方式です。

 この土日は、筑波、調布、角田(宮城)のJAXA施設の特別公開がありました。行かれた方もいらっしゃるかな?私も来年以降行きたいです。
by halca-kaukana057 | 2014-04-20 21:41 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31