人気ブログランキング |

日の丸ロケット進化論

 明日は陸域観測技術衛星「だいち2号」の打ち上げ。その前に、この本を。
JAXA:H-IIAロケット24号機による陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)の打上げ時刻及び打上げ時間帯について
 打ち上げはお昼12時5分!


「はやぶさ2」打ち上げをもっと楽しむために 日の丸ロケット進化論 ~分解できる「イプシロン」超精密ペーパークラフト付き~ (ロケットコレクション)
大塚実・大貫剛/マイナビ/2014

 タイトルの通り、日本のロケットの歴史や開発・打ち上げられてきたロケットの数々を紹介し、ロケットの魅力に迫る、ロケット・宇宙開発好きにはたまらない本です。糸川英夫博士のペンシルロケットに始まり、宇宙科学研究所(ISAS)の固体ロケット、旧宇宙開発事業団(NASDA)の液体燃料ロケット、そして現在のH2A,H2B,イプシロンに至るまでを詳しく解説しています。

 宇宙で活躍する人工衛星・探査機などを載せ、宇宙へ向かって飛ぶロケット。人工衛星や探査機などはその後長い運用が始まりますが、ロケットはその打ち上げのためだけのもの。M-Vのようにその衛星・探査機ごとにカスタマイズするロケットもあれば、H2Aのように必要な打ち上げ能力に合わせていくつかの型を持っているものもある。が、宇宙へ到達し、衛星・探査機を切り離せば、ロケットの役目はそこで終わる。そんな儚い面も持っているロケット。打ち上げの時は轟音とともに、力強く飛び立つ。その様は、映像で観ていてもワクワク、ドキドキする。これを生で観たら、大変なことになるんだろうなぁ。ああ、種子島、内之浦に行きたい。

 日本のロケット開発の歴史の紆余曲折、それぞれのロケットのスペック、打ち上げた衛星・探査機から、種子島・内之浦ロケット見学ガイド、ロケットの基礎基本・何故ロケットは飛べるのか、ロケットの構造、近未来のロケットと、ロケットに関するあらゆることを網羅してあります。さらに、この本は昨年初号機が打ち上げられたイプシロンロケットに注目。イプシロン打ち上げレポや、プロジェクトマネージャーの森田泰弘先生のインタビュー。イプシロン&衛星「ひさき」のペーパークラフトまで!森田先生のインタビューで、イプシロンにかける想いも読めます。

 イプシロン&「ひさき」のペーパークラフトは、とても細かいです。本格的です。未だに手をつけられていません…。作れる自信がない。

 ロケットファン、ロケット好きの人にも、去年のイプシロンや、H2A・H2Bで何となくロケットに興味は持っているけどよくわからないという初心者にもこの本をオススメします。基礎基本からマニアなネタまで、ロケットの魅力ぎっしりの本です。

 ロケットの打ち上げには見惚れてしまいますが、この段階でロケットはどんな動きをしているのか、というところにも注目するともっと打ち上げを楽しめます。点火前、打ち上げの様子、補助エンジン(SRB)切り離し、第1段、第2段切り離し。あと、ロケットについているカメラの映像や、ロケットがどのあたりを飛行中なのかのCG。そして衛星の切り離し。管制室の様子にも注目。

 明日の「だいち2号」打ち上げ、成功しますように!
by halca-kaukana057 | 2014-05-23 22:56 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31