人気ブログランキング |

フォーレを聴こう その2「ラシーヌ雅歌」

 前回の記事から間が空いてしまいました。その間、色々聴いてました。最近気になっている近代フランスの作曲家、ガブリエル・フォーレの作品を聴こうシリーズ、続きです。
・第1回:フォーレを聴こう その1「シシリエンヌ」

 今回は、合唱曲「ラシーヌ雅歌」(Cantique de Jean Racine)op.11.「ラシーヌ賛歌」「ラシーヌ讃歌」とも表記されます(何故こんなことになったんだ?)。歌詞は、17世紀フランスのジャン・ラシーヌの詩より。キリスト教の聖歌です。
ラシーヌ雅歌
 ↑フランス語歌詞と和訳があります
Cantique de Jean Racine :Fauré with Lyrics ラシーヌ讃歌:フォーレ

 ↑フランス語歌詞付き動画

 フォーレは宗教曲を数多く書いています。代表は「レクイエム」op.48.「ラシーヌ雅歌」もそのひとつ。フォーレが20歳の時(1865年)、音楽学校の卒業作品として書いたもの。演奏時間約5分。フォーレのデビュー作と言ってもいい作品です。これがデビュー作なのか…。

 現在、私がフォーレを聴くきっかけになったのが、この「ラシーヌ雅歌」でした。聴いて一言、「美しい」。オルガン(管弦楽版もある)と、人間の歌声の調和で、こんな美しい音楽になるんだ…。最初は歌詞を知らずに聴いたのですが、それでも厳かな気持ちになります。

 私はクリスチャンではありませんが、寺院仏閣、神社、教会、歴史ある場所、人の手があまり入っていない自然…そんなところを、この曲を聴いていると思い浮かべます。それらは、遠く、自分とは関係ないものではなく、自分の周りのどこかにあって見守ってくれている。場所、というより空気・存在(形がないとしても)なんだろうなぁと思います。

 録音は色々と聴いていますが、オルガン伴奏が多いです。静かに聴き入りたい作品です。
by halca-kaukana057 | 2014-07-03 22:36 | 音楽

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31