人気ブログランキング |

続・「ホームズ」踊る人形暗号の謎

 今日は人形劇ではなく、正典(原作)の「シャーロック・ホームズ」に関する話題です。人形劇「シャーロックホームズ」を観て、「踊る人形」の暗号が違う…?という謎を見つけた話の続きです。
・全てはここから始まった:すれ違う想いの着地点+踊る人形暗号の謎 人形劇「シャーロックホームズ」第13話

 上述記事の画像を見ていただきたいのですが、私が読んでいた正典(河出文庫)と、番組で使われていた暗号のBとVが違う。その後、twitter経由で、新潮文庫では番組と同じ暗号が使われていた、との情報を得ました。ということで、新潮文庫の「シャーロック・ホームズの帰還」の「踊る人形」を読んでみた。
確かに、番組と同じ暗号が使われていました。何と!?本屋さんにはちょうど創元推理文庫もあったので、そちらも確かめてみました。番組と同じ。他の出版社・訳は無かったので、今度は図書館へ。
 まだ調べている途中ですが、2種類の暗号があります。
f0079085_21472917.jpg

バージョンA:河出文庫、偕成社、岩崎書店(旧版)

f0079085_21482820.jpg

バージョンB(番組で使われていた方):新潮文庫、創元推理文庫、講談社青い鳥文庫(旧版)

 このように分かれていました。しかし、「ホームズ」の訳は多数存在します(一体いくつあるんだ?)。これはほんの一握りです。「踊る人形」をお持ちでしたら、どちらの暗号か確かめてみてください。
 あと、映像化作品でもどちらが使われているか。グラナダ版ぐらいしか思いつきませんが…。「SHERLOCK」では出てきてない。どちらにしろ難航しそうです。

 では、何故2種類存在するのか。多分、どこかで図柄が変わってしまったと考えられます。Bは本当によく似ています。でも、いつ、どの本で、何故かはわかりませんでした。図書館にある「シャーロック・ホームズ」の研究書を読んでみても、この「踊る人形」暗号の謎について書いている本を見つけられませんでした。世界中にはたくさんのシャーロキアン(ホームジアン)がいらっしゃるのに…。どこかにはあるはず。日本語訳されてない、日本では入手できない本だったりしたら困るなぁ…。

 今後もこの謎については調査し続けます。…これはもしかして、シャーロキアンへの道か?
by halca-kaukana057 | 2015-01-23 22:02 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31