人気ブログランキング |

【2015.4.4 皆既月食】たった12分の皆既月食 準備編

 まだ先だまだ先だと思っていたらもう今週土曜に迫ってきました。4月4日の皆既月食。いつものように準備編を。

アストロアーツ:【特集】2015年4月4日 皆既月食:月食を見よう
国立天文台:
皆既月食 2015年4月4日

 ↑アストロアーツ、国立天文台の皆既月食解説サイト

国立天文台:皆既月食を観察しよう 2015
 ↑こちらは観察キャンペーンサイト。皆既月食中の月の色を観察して報告します。

JAXA 宇宙教育センター: 「みんなで皆既月食を観察しよう」キャンペーン 2015
 ↑月食の仕組みがわかりやすいです。月食観察スケッチシートや解説プリントのダウンロード、月食画像募集も。


 皆既月食は、太陽-地球-月が一直線に並び、月が地球の影に覆われ、月が暗くなる現象。満月のタイミングで起こります。皆既中、太陽の光は地球で全部遮られてしまうわけではなく、地球の大気がレンズのような役割をして、太陽光は屈折して進み、月に届きます。光の成分のうち、青い光は波長が短いため、大気に散乱されてほとんど月まで届きません。波長の長い赤い光は大気で散乱されにくく月まで届き、月をほんのりと照らします。それが、皆既中の赤黒い「赤銅(しゃくどう)色」。

 ちなみに、月の満ち欠けと月食はどう違うのか。満ち欠けは、月の位置によって月に太陽の光が当たる面と当たらない面が変わってきます。それを地球から見ると、太陽の光が当たっている面は明るく照らされ、当たっていない面は暗く見えません(ただ、「地球照」といって、三日月の頃は地球が反射した太陽の光が月に届いて、うっすらと明るく見えます)。これが満ち欠け。
 月食は、満月の位置で、月が地球の影の中に入り覆われる現象。部分的だと部分月食。地球の影の中にすっぽり入ると皆既月食になります。

 さて、今回の皆既月食は、皆既の時間は12分。前回2014年10月8日の皆既月食は、皆既の時間は1時間程度。その前2011年12月10日も、約1時間ありました。今回は12分。何故こんなに短いのか。
 上記リンク先の解説にもありますが、月が地球の影のどの辺りを通過するかで変わってきます。地球の影の真ん中を通過すれば、皆既の時間は長くなります。しかし、今回は影の端っこの辺り。そのため、短くなってしまったのです…。

 12分。時間との勝負です。観測、観察の準備は万端の状態で望みましょう。12分と時間が限られるので、どこで、どのように観測するか。前もって決めておきましょう。下調べをしっかりと。皆既の時間は20時54分~21時6分とそんなに遅い時間ではありませんが、やはり夜なので安全面には注意して下さい。忘れ物などをして、慌てて走ったりすると危険です。安全のためにも、今回は特に準備をしっかりと!心に余裕を持って、集中して観測しましょう!

 関東以南では桜との共演も見所です。お花見しながらの観望も楽しそう。皆既月食は日食メガネも必要ない、望遠鏡が無くても肉眼で楽しめる。皆でわいわいとお花見しながら、皆で一緒に観られます。
 当地は桜はまだあと1ヶ月はかかります…。月だけ観ます…。

 問題はお天気。全国的に芳しくありません…。雨マークがずらりと並んでいます…。天気予報が当たらないことを願います。

 あと、こんな企画もあります。
Vixen:皆既月食ライトダウン
 企業・団体向けですが、月食中、屋外看板やネオンを消して、光害の少ない暗い空で、月食と星の明かりを楽しもうという呼びかけです。
 一般家庭でも、支障が無ければ、12分間、部屋の明かりを消して、赤銅色の月と星空を楽しむのもいいと思います。ほのかな月と、星空をより楽しめると思います。

 まずは、晴れることを祈りましょう!!
by halca-kaukana057 | 2015-03-30 22:17 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31