人気ブログランキング |

モーツァルトの協奏曲

 モーツァルトは結構好きだ。しかし、ピアノソナタや室内楽ばっかりでオペラや交響曲などオーケストラものはほとんど聴いていない。相変わらず偏った聴き方をしているなぁ…。それじゃあんまりだと思って、協奏曲から聴いてみることした。でも、数が多い。どれから聴いたらいいか分からない…。ええい、何となく目に付いたものを聴いてしまえと図書館から借りてきた。

 まずピアノ協奏曲。



「20世紀の偉大なるピアニストたち~ヴィルヘルム・ケンプ2」の中から「ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488」(フェルディナント・ライトナー指揮バンベルク交響楽団)

 ケンプは結構お気に入りのピアニスト。素朴な演奏が和むんだよなぁ。このCDに入っているバッハの「主よ、人の望みの喜びよ」と「目覚めよ、と呼ぶ声が聞こえ」がいい。モノラル録音はあまり聴き慣れていないのだけど、それが素朴さをさらに高めている感じがして気にならない。この曲も和む。第3楽章のはつらつとした感じもいい。買うならこっちの27番とのカップリングでどうぞ。私も欲しい。





今度は木管楽器の協奏曲。

「クラリネット協奏曲イ長調K.622」(クラリネット:ジャック・ブライマー)、「オーボエ協奏曲ハ長調K.314」(オーボエ:ニール・ブラック)、「バズーン協奏曲変ロ長調K.191」(バズーン:マイケル・チャップマン)(サー・ネヴィル・マリナー指揮アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ、Philips)

 木管楽器ののんびりとした音とメロディーが合う合う。クラリネット協奏曲は結構はまりやすい曲らしいが私もはまった。これは聴き込んだら楽しいぞ。元々はバセットクラリネットという普通のクラリネットとは違うクラリネットで演奏されていたため、現在のクラリネットで演奏すると結構大変らしい。バセットクラリネットでの録音もあるそうなので是非聴き比べてみたい。

 漫画「のだめカンタービレ」でも演奏されたオーボエ協奏曲。のだめは「ピンク色のモーツァルト」と言っていたけれども私にはよくわからなかった…。これも聴きこむ必要あり。そのうち「ピンク色」の演奏にめぐり会えるか?

 どちらかと言うとバズーン協奏曲の方が私の好み。普段はあまり表舞台に出てこないバズーン(ファゴット)のソロ演奏を堪能できる。とはいえファゴットの音色が元々好きというだけの理由なのだが。

 図書館で借りた程度なので今日はこの辺で。ピアノソナタでもそうなんだが、モーツァルトははまるとどこまでもずるずる引き込まれてしまう。聴き易いのもある。モーツァルトイヤーで皆騒いでいるのはそのせいなんだろうか…?
by halca-kaukana057 | 2006-06-05 21:52 | 音楽

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31