人気ブログランキング |

ここが難しい

 前回の記事を書いて、ピアノをもっと真面目にやろうと練習している。現在練習しているのはブルグミュラー「シュタイヤー舞曲(スティリアの女)」、シューマン・ユーゲントアルバムより「楽しき農夫」。似たような感じの曲だけれども、「楽しき農夫」は左手がメロディーになっていて面白い。で、練習していると当然弾きにくいところ、必ずつまづく所が出てくる。その点について覚え書き。

<シュタイヤー舞曲>
f0079085_20373170.jpg

 はじめ「長い」と感じていたが、同じところの繰り返しばかりなので見た目ほど面倒ではない。スタッカートの軽快な音を出すのが苦手なので、そこがヤマになりそう。この写真の上の段、装飾符が付いている「ミ♯ファミー」が弾きにくい。装飾符がきれいに出ない。あと、下の段の「レ♯ドド↑ラ↓ラ♯ファ シソシシ」も何故だか弾きにくい。「シソシシ」のリズムが取れなくてしばらく困ってた。
 この曲、「クインテット」でも演奏されている(CDには入っていないけど)。表現はそのアレンジも参考にしよう。


<楽しき農夫>
f0079085_20453949.jpg

 右手の和音が大変。特にメロディーとなる音を抑えつつ和音を弾くのが。あまりこういうのに慣れていないので辛い。写真の部分がまさにそれ。始めは指が届かなくて困った。今は何とか届くけどやはり弾きづらい。右手と指は同じなのに。特に「ファ♭シレファレドー」の二度目のファ、右手で押さえていた鍵盤を左手で押さえることになるところ。手がごっちゃになる。

 どちらも両手は始めたばかり。まずはとにかく弾いて指に覚えさせること。
by halca-kaukana057 | 2006-06-14 20:53 | 奏でること・うたうこと

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31