クラシック音楽の最前線で BBC Proms(プロムス) ラスト・ナイト 2017 まとめ

 今年もNHK BSプレミアムで放送されました!(安堵) BBC Proms(プロムス)、最終日のお祭りコンサート「Last Night of the Proms 2017」.NHKでは「ラスト・ナイト・コンサート」と訳してますね。
 9月、生中継を聴いていましたが、映像で観ると違う!日本語訳が付いてありがたい。これは何だろう?とわからなかったことの謎も解けますし、情報も増えます。プロムス ラストナイトについて語らないと、今年のプロムスを聴き終えた気がしない。ということで感想を。

◇プロムス 公式サイト:BBC Proms:Prom 75: Last Night of the Proms 2017
・過去記事:BBC Proms(プロムス)2017 私選リストその4 [9月]


・ロッタ・ヴェンナコスキ:フラウンス (Flounce) (世界初演)
・コダーイ:ブダ城のテ・デウム(ブダヴァリ・テ・デウム)(プロムス初演)
・サー・マルコム・サージェント:強い嵐の日の印象(Impression on a Windy Day) op.9
・シベリウス:フィンランディア (合唱つき) op.26
・ワーグナー:「トリスタンとイゾルデ」 前奏曲、「愛の死」

・ジョン・アダムズ:歌劇「ザ・ガールズ・オブ・ザ・ゴールデン・ウェスト」より「ローラ・モンテスがスパイダーダンスを踊る」(Lola Montez Does the Spider Dance) (ロンドン初演)
・ガーシュウィン:ミュージカル「パードン・マイ・イングリッシュ」より「ローレライ」(The Lorelei)(ホルムズ:編曲)
・クルト・ワイル:ミュージカル「ハッピー・エンド」(Happy End)より 「スラバヤ・ジョニー」(Surabaya Johnny)
         ミュージカル「闇の女」(Lady in the Dark)より「ザ・ザーガ・オブ・ジェニー」(The Saga of Jenny)(ヘルゲ:編曲)

・ヘンリー・ウッド(編曲):イギリスの海の歌による幻想曲
 (小粋なアレトゥーザ / トム・ボウリング / ホーンパイプ / スコットランド民謡:エリスケイの恋歌(キャンベル:編曲) / アイルランド民謡:ダニーボーイ(マクグリン:編曲) / ウェールズ民謡:海辺には(グリン:編曲) / 見よ、勇者は帰る
・トマス・アーン(サージェント:編曲):ルール・ブリタニア
・エルガー:威風堂々第1番 ニ長調 「希望と栄光の国(Land of Hope and Glory)」
・パリー(エルガー:編曲):エルサレム
・アーサー・ブリス 編曲:イギリス国歌
・Auld Lang Syne

/ ニナ・シュテンメ(ソプラノ)
ルーシー・クロウ(ソプラノ)、クリスティン・ライス(メゾソプラノ)、ベン・ジョンソン(テノール)、ジョン・レリエ(バス)
BBCシンガーズ、BBCシンフォニーコーラス
サカリ・オラモ:指揮、BBC交響楽団


 今年も指揮はBBC響首席指揮者のサカリ・オラモ。2年連続3回目。もうラストナイト常連でしょうか。今年もいい感じに盛り上げて、沸かせて、聴かせてくれます。今年の歌手はスウェーデン出身のソプラノ、ニナ・シュテンメ(Nina Stemme スウェーデン語の発音だと「ステンメ」の方が近いらしい。実際、放送の発音を聴いてみても、「ステンメ」って言ってる)。ワーグナー歌いのステンメさん、十八番の「トリスタンとイゾルデ」より「愛の死」を歌います。力強く、響くソプラノ。とても素敵でした。「愛の死」を日本語訳歌詞を読みながら聴いていると、何ともせつない気持ちになります。ドレスも上品で素敵でした。
 第2部では打ってかわって、ガーシュウィンとクルト・ヴァイルのミュージカルナンバーを。3曲とも聴くのは初めて。クルト・ヴァイルの経歴も初めて知りました。とってもお洒落で、大人の恋愛や人生の喜怒哀楽を歌い上げるステンメさん。どの曲もドラマティック。感情をむき出しにして歌う箇所もあります。しかも、ミュージカルナンバーをPAのためのマイクなしで歌うなんてすごい。オペラ歌手がミュージカルナンバーを歌うのもいいなと思いました。オーケストラもノリノリの、いい音を出しています。「スラバヤ・ジョニー」では舞台の照明を落として、ムード満点。弦楽器が演奏しないから、という理由もあったみたいです。

 今年のラストナイトで、キーワードに思えるのが、まずフィンランド独立100年記念。今年のプロムスはロシア革命100年をテーマにしましたが、ロシア革命100年=フィンランド独立100年でもある。ロシア革命のゴタゴタの間に独立してしまったんです。1曲目の世界初演の新作は、フィンランドの女性作曲家・ロッタ・ヴェンナコスキ(Lotta Wennäkoski)の新曲。ヴェンナコスキさんはとても可愛らしい、北欧美人という雰囲気の女性。どんな曲を書くのかなと思ったら、結構尖ってる。弦も鋭く、キリキリとした音色を出します。途中、打楽器に木魚が使われているのに気づきました。しかも、打楽器のブラシで叩いてる。日本人作曲家が木魚を使うのは観たことがありますが、海外の作曲家が木魚を使っているのは初めて見た気がする。元々の使われ方に馴染んでいるので、海外の人が楽器として使うのを見ると、不思議な気持ちになります。
 第1部では、フィンランドの独立の象徴となった、シベリウス「フィンランディア」を「フィンランディア賛歌」の合唱つきで。最初のほうで、アクセントを強く演奏しているなと感じました。戦闘のテーマを経て、「フィンランディア賛歌」。とても美しい合唱です。歌詞も、スオミの夜が明けたと独立を高らかに歌うのが感動的。歌っているのはBBCシンフォニー・コーラス、BBCシンガーズ、イギリスの合唱団ですが、フィンランドの人々がフィンランド語の発音も完璧だとツイッターなどでコメントしていたのを見ました。フィンランド語の発音は難しいです。英語圏の人にとっても難しいと思うのですが、フィンランドの人々が感激するような歌を歌っているのは嬉しくなります。フィンランド人の指揮のオラモさんにとっても、「第2の国歌」「愛国歌」である「フィンランディア賛歌」最後の方、一緒に歌ってましたね。歌の間はずっと合唱団を映していたので、オケや指揮者の様子はなかなか映らなかったのですが、舞台上の巨大モニターが映った時、オラモさん、口をパクパクしてました。歌ってたんだと思います。独立100年の「第2の国歌」歌わずにはいられないよなぁ。いい演奏でした。

 今年のプロムス ラストナイト、もうひとつのキーワードは、初演、再演。1曲目の「Flounce」、2曲目のコダーイ「ブダ城のテ・デウム」、第2部のジョン・アダムズ「ローラ・モンテスがスパイダーダンスを踊る」これらは何らかの「初演」が付いています。驚いたのがコダーイの「ブダ城のテ・デウム」。プロムス初演。クラシックでも、プロムスで演奏したことがない曲があるのか!と驚きました。力強い合唱と、美しいソプラノソロが印象的な曲でした。これがプロムス初演とは…。ヘンリー・ウッドが始め、マルコム・サージェントが指揮し広まったプロムス。サージェントが指揮し初演した曲の解説がありましたが、その多さに驚きました。また、サージェントはもともとは作曲家として、ウッドの目に留まった。それが、「強い嵐の日の印象(Impression on a Windy Day)」この曲も、今年のを含めて6回しか演奏されていません。しかも戦後は今回と1954年だけ。ゴルフ場でインスピレーションを得たと言っていましたが、その説明の後で聴いてみると、確かに広いゴルフ場に吹く嵐を思わせます。ゴルフ場というのがイギリスらしい。
 オラモさんのスピーチにもありましたが、ウッドはクラシック音楽を身近に、とプロムスを始め、新しい曲をどんどんプログラムに組み込んだ。それをサージェントが指揮した。プロムスはクラシック音楽の最前線にあったという意味でいいと思います。勿論、今、現在も。ラストナイトだけでなく、8週間にわたる演奏会で、世界初演、イギリス初演、ロンドン初演、ヨーロッパ初演の作品はたくさんあります。初演だけなく、しばらく演奏されていない作品を再発掘し再演したり、歴史に埋もれて行方不明になっていた作品が見つかり演奏したり(今年のストラヴィンスキー「葬送の歌」のように)。こうやって、繋いで、歴史となっていく。これからも、プロムスはそんな役割を担う音楽祭であり続けると思うのです。
 という小難しい話をしたけど、今はラストナイトを存分に楽しもう!というオラモさんのスピーチはよかったです。今年のスピーチは「指揮者」について。マーラーはバンドマスター…wバスの車掌さんも「コンダクター」なんですね。バーミンガム時代に思いついたジョークだそうですが、ラストナイトという大舞台で披露できてよかったですねw演奏会で、讃えられ偉ぶるのは指揮者。演奏家、楽団員の手柄なのに!というところもよかった。もしかして、フィンランド放送響の楽団員時代に思ったことがあるんでしょうかオラモさん…。

 今年のラストナイトの放送でよかったと思うのは、解説ビデオが多かったこと。プロムス ラストナイトにまつわる謎や「お約束」、裏話。それらが解説されてよかったです。
 まず、生中継するヨーロッパ各地の放送局のアナウンサーたちのインタビュー。日本も昔は生中継していたのに…。登場したのは、北ドイツ放送、ラジオ・フランス、ブルガリア国営放送、ラジオ・フィンランド(と表記されていましたが、私にはYLEのほうが馴染み深い)。「とてもマネできない」「私の国じゃできない」という褒め言葉(?)を言われるラストナイト。ヘッドホンの音量が大きくて外したら、会場の歌声の方がもっと大きかったというのは印象的でした。すごい。
 次に、ロイヤル・アルバート・ホール特別ツアー。「総合文化大ホール」の予定だったんですね…それはちょっと…。あと、天井からぶら下がっている丸いもの、「マッシュルーム」と呼ばれているそうですが、これは地面と天井の間にあるというのが驚きでした。どんだけ大きいんだあのホールは…。一度は行ってみたくなります。
 そしてうれしかったのが、「イギリスの海の歌による幻想曲」の解説。今まで謎な部分もあったので、これはよかった。水兵の歌なんですね。かなしげなチェロソロが心に沁みる「トム・ボウリング」は、その水兵のトムさんが亡くなってしまった曲だったのか…。それはかなしい。でも、その後、「ホーンパイプ」で大騒ぎする。過去の映像を観ていると、過去の方が大はしゃぎしていたように見えます。今の方が大人しい?今年は、民謡メドレーは去年と違います。でも、「エリスケイの恋歌」「海辺には」どちらも恋を歌ったきれいな歌です。「ダニー・ボーイ」は毎年泣かせますね…。各野外会場との中継もよかった。だが、ロイヤル・アルバート・ホールに戻ってきて、今年は「ホーム・スウィート・ホーム」がなかった。オーボエさんの見せ所なのに。去年のオーボエさんとは違いましたが、好きな曲なのでちょっと残念。
 最後の「ルール・ブリタニア」。ステンメさんが、北欧神話のワルキューレの扮装をして歌います。ワーグナーの「指環」は北欧神話がモチーフ、ワーグナー歌いで、スウェーデン出身のステンメさんにはぴったりです。ステンメさんの力強い、高らかな歌が素晴らしかった。勇ましく堂々としていました。
 ちなみに、「ルール・ブリタニア」の歌詞と、北欧神話のワルキューレ…戦い、死後に向かうヴァルハラへ迎え入れる役割をするのがワルキューレだとヴァイキングたちが信じていたわけですが、イングランドはそのヴァイキングに支配されていた(クヌート王はキリスト教でしたが)。気づいてしまった…どうなんだこれ…。まぁ、大昔の話だし…。北欧神話というよりは、ワーグナーの楽劇に出てくるワルキューレだと思えば…。
 指揮者がフィンランドで、ソプラノソロはスウェーデン。北欧な「ルール・ブリタニア」でもありました。今年の会場には、スウェーデン国旗が多く目立ちました。皆さんステンメさんの応援ですね。スウェーデン国旗の横でフィンランド国旗も振られて、北欧隣同士仲良しなシーンもありました。

 語っても語りつくせないラストナイト。その他、気づいたところを。
・テレビ放送の案内役のケィティ・ダーハムさん。毎年お馴染みの方です。話しているダーハムさんの後ろを、リボンやカラーテープが落ちていき、その度に笑ってしまうダーハムさん。最後にはクラッカーの紙テープが髪に…。ラストナイトのノリだから笑って許せます。
・第2部になると、恒例なのが、トランペットさんたちが蝶ネクタイを国旗カラーに変えるのと、指揮台のデコレーション。その指揮台に、今年亡くなった前首席指揮者・イルジー・ビエロフラーヴェクさんのお写真が…!「トム・ボウリング」の際、そのビエロフラーヴェクさんのお写真が映ったのですが、ビエロフラーヴェクさんを追悼しているかのようでした。
・第1部と第2部を見比べて、あれ?と気づいたのが、オラモさんも衣装が違う。第1部は白の刺繍入りのベストとタイ。第2部は黒の蝶ネクタイ。第2部でステンメさんのミュージカルメドレーがありましたが、その雰囲気に、黒の蝶ネクタイがぴったりだと感じました。ちなみに、左胸につけていた勲章は大英帝国勲章 OBE。バーミンガム市交響楽団の音楽監督時代、イギリス音楽への貢献で2009年に授与されました。キラキラ光る勲章がきれいでした。
・第2部、コンマス(イギリスでは「リーダー」)のブライアントさんの椅子に風船がつけてありました。
・そのブライアントさん、「ホーンパイプ」のソロで、「007」のテーマ曲を混ぜて弾いてましたw会場の笑いがwブライアントさん、少しニヤリと笑っているようでしたw
・毎年、気になっているのが、「We ♥ BBC」の垂れ幕。毎年同じ人なんだろうか。
・今年は日の丸も多かった気がします。現地に住んでいる日本人の方なのか、日本から聴きに行っている方なのか。いいなぁ。
・気になった楽団員さん。コールアングレの女性。水色のキラキラしたドレスと、水色のネイル。弦楽器奏者はネイルはできない(ですよね?)。管楽器奏者だからこそのお洒落が、目立って素敵でした。
・BBC響は女性楽団員が多い!トロンボーンと、ファゴットの方が気になりました。あと、コントラバスにも多い。
・オラモさんのスピーチで、今年のプロムスで女性指揮者が7人登場した、とありました。7人。数えてみた。
 ・Jessica Cottis(Prom11,12)
 ・シャン・ジャン(张弦) (Prom21)
 ・Karen Kamensek (Prom41)
 ・Sofi Jeannin (Prom48)
 ・ミルガ・グラジニーテ=ティーラ Mirga Gražinytė-Tyla (Prom50)
 ・ Sian Edwards (Proms at ... Wilton's Music Hall)
 ・カリーナ・カネラキス Karina Canellakis (Prom70)
 以上、7名です。常連のマリン・オールソップさんは今年は出てません。スザンナ・マルッキさんもまた出てほしいなぁ。
・今年は、「トム・ボウリング」のところでBBC radio3のロゴ入りのハンカチはありませんでした。
・今年もフルートの日本人楽団員、向井さんは大活躍です。お隣のフルート首席さんの口ひげが、まさにイギリス紳士という感じでした。
・「威風堂々第1番「希望と栄光の国(Land of Hope and Glory)」」、「エルサレム」、今年も盛り上がります。ブリス編曲のイギリス国歌はかっこよかったのですが、短いですね。イギリス国歌は立って演奏するBBC響です。
・最後の、今年のプロムスのハイライトを流すのはよかった。うまくまとめています。主役はバーミンガム市響のミルガ・グラジニーテ=ティーラさんでしょうか。Prom57に出演した、ジャズピアニストの上原ひろみさん(公式サイトでは「Hiromi」表記)も登場しましたね。このハイライトを観ると、プロムスの音楽の幅の広さを実感します。クラシックだけじゃない。毎年オンデマンドを溜めてしまい、なかなかクラシック以外のジャンルを聴けないのですが、私も幅を広げていけたらと思います。
・Auld Lang Syneは、2015年からオーケストラ伴奏つきです。2015年からです(その2015年のラストナイトを、NHKは放送しなかった…!)「蛍の光」と邦題になっていましたが、ラストナイトで歌う「Auld Lang Syne」は「蛍の光」とは違う。朝の連ドラ「マッサン」でも、「Auld Lang Syne」と「蛍の光」は違う、ってやってたじゃないですか!NHKなのに!去年は「昔なじみ」と訳してました。こっちのほうがしっくり来る。

 とは言いましたが…来年も放送をお願いします!NHKさん!

BBCによるラストナイトまとめがあるので、こちらもどうぞ。
BBC Proms : Last Night of the Proms: Video coverage
BBC Proms : Last Night of the Proms: The biggest moments

 BBC Radio3では、年末年始にプロムスの再放送をします。ラストナイトは大晦日。グリニッジ標準時で年越しの時間。年越しの時間、「Auld Lang Syne」です。他にも聴き逃したPromがあればもう一度!
BBC Proms : Proms winter repeats
BBC radio3 : Proms 2017 Repeats : Prom 75: Last Night of the Proms



 最後に、これを。オラモさんとBBC響が、来年2018年、3月、来日します!
東芝グランドコンサート2018 オフィシャルサイト
 待ってましたよ!プログラムも、オラモさんとBBC響の十八番を持ってきた感じがします。私もチケット取りました。

・去年のラストナイトまとめ:一緒に音楽を楽しもう Proms(プロムス)2016 ラスト・ナイト・コンサート
[PR]
by halca-kaukana057 | 2017-12-23 23:26 | 音楽


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る


ブログランキングならblogram


はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ到着!!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測中!

最新の記事

秘密の花園 /『秘密の花園..
at 2018-07-16 22:57
夏の宇宙ゼリー ローソンのリ..
at 2018-07-11 22:09
BBC Proms (プロム..
at 2018-07-10 21:41
ウドウロク
at 2018-07-06 23:07
獣の奏者 外伝 刹那
at 2018-07-03 22:05
無伴奏ソナタ [新訳版]
at 2018-06-30 21:49
はじめまして、リュウグウ 「..
at 2018-06-29 22:14
これがフィンランドの香り? ..
at 2018-06-23 21:07
わたしを離さないで
at 2018-06-16 22:04
6月の宵の三日月と金星
at 2018-06-16 21:04

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
more...

検索