人気ブログランキング |

2018年の夏は惑星祭り! 火星を見よう

 毎日暑い日が続いていますね。そんな日は、夜は夜風に当たって少しは涼しくなりたい…いや、夜になっても30度以上の地域もありますので、どうぞ熱中症、特に夜間の熱中症には気をつけてくださいね。
 厚くて眠れない…そんな時は、晴れていれば星空を観るのはいかがでしょう?今年の夏は、惑星祭りです!!

 まず、金星。日没の頃の西の空に明るく輝いています。「宵の明星」です。

 次に、木星。てんびん座に位置しています。この辺りには他にとても明るい星はないので、見つけやすいと思います。しいて言うと、西に傾いたおとめ座のスピカが近くにありますが、スピカは白。木星は黄色~オレンジ色をしています。双眼鏡や望遠鏡を向けると、4つのガリレオ衛星や、縞模様が見えますよ。日によって(時間によっても)、ガリレオ衛星の位置が違うので観察してみてください。
アストロアーツ:【特集】木星とガリレオ衛星 2018年

 次に土星。いて座に位置していています。望遠鏡を向けると、環っかが確認出来ると思います。ずっと観ていても飽きない星です。
アストロアーツ:【特集】環のある星 土星 2018年

 そして、今年の主役は火星。今年は大接近の年です。
アストロアーツ:【特集】火星大接近 2018年7月31日地球最接近
国立天文台:火星大接近2018

 火星は、2年2ヶ月ごとに地球に近づきます。しかし、お互い楕円の軌道(火星の方がより楕円軌道)をしているので、軌道の位置によっては、接近しているけれども離れている、とても近いところで接近する、という差が出てしまいます。小接近、中接近、大接近と分けて呼ばれています(天文学的な正式な名称ではありません)。前回の大接近は2003年8月27日の5576万km。次の大接近は2035年9月11日の5691万km。今年は、7月31日に5759万kmまで近づきます。
 一番近づくのは7月31日ですが、観測するのはこの日だけでなくても構いません。7月31日は、真夜中に火星が南中(南の空の一番高いところに見える)します。むしろ、8月後半になるともっと早い時間から火星が見え始めるので、お子さんも観察しやすいです。一日だけとは言わず、何度でも観察して、動きを追ったり、口径10cm程度の天体望遠鏡があれば火星の模様を確認してみてください。

 さて、私も観測しました。口径8cmのマイ天体望遠鏡。前回の2003年の時は持っていませんでした。有効活用する時が来た!私の望遠鏡とアイピースの組み合わせでの、倍率の最大値は約100倍。見てみましたが…薄雲もあったせいだろうか?赤い点にしか見えませんでした…。観察の際は、大気の揺らぎがあるので、根気よく観察していると模様が見えやすくなるといいますが、やっぱりわからなかった。私の望遠鏡では限界か。月の明るさもあっただろうか。それでも、火星はとても明るく、はっきりと赤く輝いていました。この夏は火星も楽しみたいと思います。

f0079085_22574977.jpg

明後日満月の月と火星。何かぼやけてる?何回撮ってもこんな画像でした。月のせい?

by halca-kaukana057 | 2018-07-26 23:01 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31