人気ブログランキング |

ラハティ シベリウス音楽祭2019 まとめ

 今年も、9月5日から8日まで、ラハティのシベリウスホールでシベリウス音楽祭(Sibelius Festival/Lahden Sibelius-festivaali)が開催されました。ラハティでシベリウス音楽祭が始まったのは2000年のこと。今年で20回目です。ホストオーケストラのラハティ交響楽団と、今年はロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団がゲスト。ストックホルム・フィルは交響曲第7番をシベリウス自身の指揮で世界初演したオーケストラです。

Sinfonia Lahti : SIBELIUS FESTIVAL 5.-8.9.2019

 演奏会の録音は、現在フィンランドYLEのラジオでストックホルム・フィル回がオンデマンド配信中。そのうち、ラハティ響の演奏会の録画を公開しているサイト Classic live で映像が公開されると思います。公開されたらまた追記します。
 では、今年のプログラムを。

◇9/5 Thu 05.09. at 19.00 Sibeliustalo KULLERVO
 ・お前に勇気があるか op.31-2
 ・渡し守の花嫁たち op.33
 ・火の起源 op.32
 ・クレルヴォ(クッレルヴォ)(交響曲) op.7
  / マルユッタ・テッポネン Marjukka Tepponen (ソプラノ)、トンミ・ハカラ Tommi Hakala(バリトン)、ポリテク合唱団
   ディーマ・スロボデニューク:指揮、ラハティ交響楽団

 初日から「クレルヴォ」。いいなぁ。早く聴きたいなぁ。前半の「お前に勇気があるか」「渡し守の花嫁」は男声合唱とオーケストラの作品。「火の起源」はカレワラからの作品で、バリトン独唱と男声合唱、オーケストラの作品。「火の起源」と「クレルヴォ」が一緒のプログラムというのがとても魅力的。

◇9/6 Fri 06.09. at 19.00 Sibeliustalo SYMPHONIES 5, 6 & 7
 ・交響曲第5番 変ホ長調 op.82
 ・交響曲第6番 op.104
 ・交響曲第7番 op.105
  /トーマス・ダウスゴー:指揮、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団

 ◇YLEでのラジオ放送オンデマンド:YLE Areena Radio : Konsertteja : Lahden Sibelius-festivaali: Tukholman kuninkaallinen filharmoninen orkesteri
 放送後30日間聴けます。「○○pv」が残り日数。

 2日目は後期交響曲を3作品。一度でいいから、一気に生で聴いてみたい…。ちなみに、指揮のダウスゴーさんはプロムスで5番の1915年初稿を指揮しましたが、シベリウス音楽祭では1919年版現行版です。

◇9/7 Sat 07.09. at 17.00 Sibeliustalo SIBELIUS´S SONGS
 ・吟遊詩人 op.64
 ・アリオーソ op.3
 ・春はいそぎ過ぎゆく op.13-4
 ・もはや私は尋ねなかった op.17-1
 ・3月の雪の上のダイヤモンド op.36-6
 ・秋の夕べ op.38-1
 ・夜の騎行と日の出 op.55
 ・エン・サガ op.9
  / カリタ・マッティラ(ソプラノ)、ディーマ・スロボデニューク:指揮、ラハティ交響楽団

 3日目は管弦楽伴奏の歌曲の回。フィンランドの名ソプラノ、マッティラさんが歌います。聴いたことのないものも。シベリウスは歌曲やピアノ曲を数多く作曲していて、まだ全部把握できてない。もっと聴きたいなと思います。
 この回。「吟遊詩人」「夜の騎行と日の出」「エン・サガ」が入っているのが嬉しい。この3曲が同じ演奏会で聴けるなんて。

◇9/8 Sun 08.09. at 11.30 Sibeliustalo SIBELIUS ON A SUNDAY MORNING Choral and organ works by Sibelius
 ・イントラーダ op111a
 ・6つの歌 op.18 より
   1.失われた声/3.舟の旅/6.わたしの心の歌/4.島の火
 ・つぐみのように慌ただしく JS129
 ・祖国に JS98a
 ・ラカスタヴァ(愛する人) JS160c
 ・葬送曲 op.111b
 ・夢 JS64
 ・嘆くことなく JS69
 ・空気中に立ち昇る JS213
 ・1897年ヘルシンキ大学祝典のためのカンタータ JS106 より
   1.われらスオミの若者/3.Tää valon nuori vartiasto (These Young Guardians of Light)/10.Soi kiitokseksi Luojan (We Praise Thee, our Creator)/12.Oi Lempi, sun valtas ääretön on (O Love, Your Realm is Limitless)
 ・Herr Du Bist Ein Fels (Lord, You Are A Rock)
 ・フィンランディア賛歌
  / セッポ・ムルト Seppo Murto:指揮、オルガン、ドミナンテ合唱団、フォルケ・グラスベック:ピアノ

 最終日は合唱とオルガン作品。JS106はその後作品23として残りましたが、JS106は失われてしまいました。カレヴィ・アホが補完しており、BISのシベリウス全集にも入っています。この回、マニアックです。これでこそラハティのシベリウス音楽祭。


by halca-kaukana057 | 2019-09-11 22:55 | 音楽

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31