人気ブログランキング |

あの物語をもう一度 「電脳コイル」GYAO!で配信中

 「Eテレ・NHK教育テレビ」タグを再び使うとは思わなかった(今観ているのは「昆虫すごいぜ!」ぐらい)。

 2007年にEテレ(教育テレビ)で放送されたアニメ「電脳コイル」。私にとってとても思い入れのある、大好きなアニメです。その「電脳コイル」が、現在GYAO!で配信中。アマゾンプライムでも観られるようなのですが、入っていないのでGYAOで(アマゾンプライムでは、「ヴィンランド・サガ」も配信中。テレビ放送ではカットされたシーンもあるようで…)
GYAO!:電脳コイル

 現在、4話と5話を配信中。もっと早く記事を書こうと思ったが今になってしまった。配信は1話から観ました。

 2007年…もう10年以上も前なのか。コイルの世界のような電脳メガネはまだ出てこないが、スマートフォンやタブレットでARを使えばそれがそこにあるかのように見える。最近話題になっているという、Googleでネコなど動物名を検索すると、ARでその動物が現れて目の前にいるかのような体験ができる(私のスマートフォンは古くて対応していなかった)。これは電脳ペットに似ている。ポケモンGOもARと位置情報を使った、コイルの電脳世界に近いものだ。Googleマップで地図を表示すると、たまに古い情報が更新されずに残っているものもある。これは「古い空間」か?(最終回の記録を読むとそうじゃないらしい…覚えていない。もう一度見直します)当時、メタバグやキラバグ、電脳アイテム、イリーガルなどのことがよく理解できなかったところもあるが、今のスマートフォンで考えると理解しやすい。メガばあが作るお札などの電脳アイテムはアプリみたいなもの?メタバグなども実際はプログラミング言語なんだろうな。道具として可視化できるようにしたのが面白い。

 そういう技術面もだが、ヤサコやイサコたちの友情、人間関係をもう一度見直したい。台詞や仕草に、今だから気づける新しい発見もあるかもしれない。技術面と同じくらい、人間関係や想いの方向も複雑に絡み合っている。この物語には痛みが伴う。心の痛みを伴ってでも人とコミュニケーションすることについて何度も考えた。2007年とは置かれている環境も変わり、人間関係についての経験や考え方も変わったと思う。今、このアニメを観て、私はコミュニケーションについてどう考えるのか。それを見届けたい。

 純粋にエンターテイメントとして、アニメとしての面白さを楽しむだけでも勿論このアニメは面白い。個性的なキャラクターたちと、電脳世界で大冒険するのもワクワクする。4話のバトルシーンや、ヒゲの回は最高だったなぁ。クビナガの回もよかった。

 そしてこのアニメで、池田綾子さんの歌に出会えました。「プリズム」「空の欠片」どちらも大好きで、毎回、OPとEDは飛ばせません。

 嬉しい再会です。毎回観るのが楽しみです。GYAOで観ているアニメがいくつもあって大変です…。
by halca-kaukana057 | 2019-09-30 22:10 | Eテレ・NHK教育テレビ

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30