人気ブログランキング |

ふたりのスカルラッティ

 フィンランドYLEの、フィンランド放送響の演奏会のオンデマンド配信を聴きました。
YLE Areena Audio : Konsertteja : RSO:n konsertissa kotimainen kantaesitys ja Griegin pianokonsertto
 (YLEのラジオのオンデマンドのページのデザインが大きく変わっていました。昨日までは古いデザイン、今日アクセスしたら新しいデザインだった。配信期間は「あと何日」の表示がなくなったのが不便。)

 9月27日の演奏会、曲目は、
 ・イルッカ・ハンモ Ilkka Hammo:On the Horizon(世界初演)
 ・グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 op.16
 ・ニールセン:交響曲第5番 op.50
  / エフゲニー・スドビン Yevgeny Sudbin (ピアノ)、ハンヌ・リントゥ:指揮、フィンランド放送交響楽団

 スドビンさんは以前から気になっているピアニスト。音がくっきりと鮮やか、第1楽章の静かなところや第2楽章でもやさしいけれども優雅。大好きなニールセン5番もよかった。聴き所のスネアもまさに機関銃のような切れのある音だったし、それぞれの楽器が入り交じる不安な和音、その不安が吹き飛んだような弦の表現を楽しめた。
 おや?と思ったのがスドビンさんのアンコール(52分ごろから)。ちなみに、私はソリストアンコールに惹かれることがよくある。しかも、海外ネットラジオだとサイトにはアンコール曲の記述がないことが多い。あまり知らない作曲家、聴いたことがない作品をどうやって探して見つけるか。見つけた時は本当に嬉しい。今回のアンコールだが、バッハ?いや、バッハじゃない。誰の何という作品だろう…調べてみたら、ドメニコ・スカルラッティのソナタ ロ短調 K.197だった。先日来日した時もこの曲がアンコールだったらしい。哀愁たっぷりのしっとりとした、やさしい音のアンダンテ。スドビンさんはドメニコ・スカルラッティのアルバムを2枚出していて、その第2集に入っています。以前からドメニコ・スカルラッティの鍵盤作品は好きだった。シンプルな、ストレートな音づかいが好きだ。
 しかし曲が多すぎて覚えられない…。もっと聴いてみたい。

 スカルラッティという作曲家、と聞くと、鍵盤の人はドメニコ、声楽の人はアレッサンドロと答えると思う(と書いたがアレッサンドロの鍵盤作品は「プレ・インベンション」に収録されている)。私はドメニコを先に覚えて、その後声楽を始めて、「イタリア歌曲集 1」の中にアレッサンドロ・スカルラッティの名前を見つけて、ここにもスカルラッティ?と思った。アレッサンドロはドメニコの父、2人は親子だったのだ。

 「イタリア歌曲集」を歌っていくと、アレッサンドロの作品に惹かれる。「Sento nel core(私は心に感じる)」「O cessate di piagarmi(私を傷つけるのをやめるか)」、そして「Se tu della mia morte(貴女が私の死の栄光を)」といった短調の曲に惹かれる(ただ単に短調好きだからだろうか)。「Se tu della mia morte」は特に好きだ。途中、曲調が変わるところがある。その辺りの語るような歌い方が好きだ。第2集以降でアレッサンドロの作品を歌ったことはまだないが、「Consolati e spera!(気を取り直して希望を抱け)」はオペラのシーンがイメージできるような歌い口調。第3集の「Toglietemi la vita ancor(私の命も奪ってください)」は短い曲だけれどもドラマティック。「Caldo sangue(熱い血潮よ)」も荘厳さを感じる短調。

 ドメニコの作品も、どちらかというと短調の方が好きだ。親子に通じるものがあるのかもしれない。
by halca-kaukana057 | 2019-10-15 22:37 | 音楽

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30