人気ブログランキング |

さて、このブログはどこへ行く

 面白い記事を見つけて、ちょっと考えた。

「あんたジャージでどこ行くの:けなすリスク<ほめるリスク」
「304 Not Modified:ブロガーとして満足感をどこに感じるか」

 私はブログに関して困っていることが二つある。ひとつは「リンク集を作れないこと」、ふたつめは「情報交換できる読者が少ないこと」。

 まず一つ目。上の「けなすリスク<ほめるリスク」に関係する。誰かが誰かのブログを絶賛する。そこを読んでいた第三者が「自分は誉められなかった」と落胆する。別に人によって評価は様々だからしょうがない。でも、やっぱり誉められたい。自分が読んでいるブログの著者(読んでなかったとしても)が、自分のブログを読んでいて面白いと評価してほしい。人の評価ばっかり気にして何になる…と言いたいところだが、私は気にしてしまう。だから時々、「人の評価なんてどうでもいいよ。ブログなんて…」と思うときもある。大人気ないとは思うのだけれども、そう思ってしまうのである。

 そのことに関連して、私はそういう評価を気にして未だリンク集を作っていない。いつもコメントしてくださっている方やオススメのブログをリンクしたいとは思うのだが、リンクするブログ・しないブログの線引きをどうするかで困ってしまっている。リンク集に入れなかったブログの管理人さんたちはやっぱりいい思いしないだろうな…とか、一部のブログを特別扱いすることによって閉鎖された雰囲気のブログになってしまうのではないのだろうかと考える。私のブログが扱う範囲はかなり広い(かなり偏ってはいるが)。だからいろいろな人に対応したい。でも、リンク集を作って「ここのブログはこのブログと仲がいい」と見て分かるようになることが、初めて訪れた人やリンクされなかったブログの管理人さん等に嫌な思いをさせるのではないかと思う。私自身、時々訪れるブログや関係あるテーマのブログで、このブログがリンクされていないことが分かるとがっかりすることがある。(※決してリンクを貼って欲しいという意味ではありません。リンクするかどうかを判断するのは、すべて管理人さんの権限であってこっちからお願いするものでは無いと考えます。ただ単に私ががっかりした、それだけこと。特定のブログのことを指しているのではありません。)だから、人に同じ思いをさせたくない。よってリンク集を作れない。


 2つ目の「ブロガーとしての満足感をどこに感じるか」。ブログを始めて1年以上。嬉しいこともあれば辛いこともあった。ブログでこんなことをしたい、という目標は特に設定していない。自分が面白いと思ったこと、興味を持ったことを調べて考えて文章にする。思うことをすんなり言葉に出来た時の嬉しさはたまらないし、だんだんコメントやトラックバックも増えてきたことも嬉しい。でも、不満に思うことは嬉しいと思うこと以上だ。アクセス数はなかなか伸びないし、はてなブックマークのブクマも増えない。コメントされるカテゴリに偏りがある(例えばピアノ関連は多いのに、本やフィンランド関連は少ないとか)。こんな変にテーマ範囲の広いブログだから仕方ないよなぁ…と思いつつもやっぱり不満。似たようなテーマのブログにコメントし、あちこちにping飛ばすなどの努力もまだ実らない。言葉や表現に豊かな文章を書きたいと思ってもなかなか上達しない。別にアクセス数やコメント・トラックバック、はてブされた数なんて気にしない。自分が満足できればそれでいいんだ!と言い切れるなら言い切りたい。「はてブされた数=いい文章」ではないと論議もされている。それに対して同意する自分と、満足できない自分がいる。


 こんなことを書いてみたものの、結局結論は出ない。リンク集はきっとしばらくの間は作れないだろうし、このブログもこぢんまりとした弱小過疎ブログであることには変わりない。満足は出来ないけれども、このままでいいような気もする。半年後、1年後…とブログを続けていく中で何を見つけられるだろうか。この2点に関しても答えは出るだろうか。迷いながらブログを続けていくのも有りかもしれない。
by halca-kaukana057 | 2006-09-15 23:19 | 日常/考えたこと

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31