人気ブログランキング |

ブルグミュラー「バラード」を深読みしてみる+α

 ブルグミュラー短調キャンペーン第1弾「バラード」、アップしてみます。でも、後日録音第2弾を録りたい。まだ詰めが甘い。ついでに、この「バラード」楽譜を読んでみた(いつものように深読み気味)。
ブルクミュラー25「バラード」を読む
 演奏はこちらへ:ピアノ録音置き場ブログ:ブルクミュラー25「バラード」


 さらに、全パート演奏でもまだまだ危なっかしいシューマン「見知らぬ国ぐに」→シューマンのページへどうぞ(上から2つ目の録音です)
 第1主題のみ録音してみた。高音部のメロディーが薄いのが特に危なっかしい。第2主題はさらに危なっかしいのでまた今度。ところで先日、「子供の情景・演奏の手引き」なる本を入手。読んでみると結構面白い。

 あと、もう1冊これも入手。
「NHKスーパーピアノレッスン・ロマン派を弾く」。番組が終わった今頃ですが…。ダルベルト氏による楽譜に書き込まれた解説が面白い。シューマン「謝肉祭」は楽譜を見ないとわからないことがある。それだけでも十分面白い。


*****


 話は変わって、今、ピアノに関して考えていることがある。それはもっと練習曲にも取り組んだ方がいいのではないかということ。シューマンを弾いていても、ブルクミュラーや「金婚式」を弾いていても苦手な部分が出てくるとすぐにダメになる。それに、練習曲としてのブルグミュラーは確かにいい教材だけれども、ロマン派なのでそれ以前の古典派には対応していない。そのうちモーツァルトやベートーヴェンも弾きたいし、バッハにも挑戦したい。でも、それにはブルグだけでは足りないかもしれない。

 ということでツェルニー100番練習曲をやってみることにしました。早速楽譜も入手。CDも捜索中。ただ、100曲もあるので、どこから手をつけたら良いか分からない状態なのだが…。既に黄信号?後は放置気味のハノン。「金婚式」は保留にしておいて、「見知らぬ国ぐに」が一段落したら練習曲に集中してみよう。ブルグミュラーは続けます。
by halca-kaukana057 | 2006-12-12 22:16 | 奏でること・うたうこと

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30