人気ブログランキング |

"柵"の中で気付いたこと

先日の「クラシック音楽の、入り口に立つ人たちへ」の記事を書いて少し後悔している。自分の視野考えの狭さを思い知って、実は落ち込んでいる。でも一人で鬱々としていてもどうしようもないので、頭を整理するためにもそのことについて書こうと思う。


私はいつももっと視野の広い、柔軟な考えを持ちたいと思っている。考えの違う人に出会っても、その考えをじっくり聞いて理解したい、理解できなくても認めたいと思っている。だが、この通り頑固で我が強く素直じゃないので思った通りうまくはいかない。結局自分の考えの柵の中から出ようとしなかった。これまでは柵の板の間から物事を見ていただけだったことにようやく気がついた。情けない限りだ。


何かを表現したい、主張したい願望と違う考えも受け入れたい理想が矛盾して葛藤している。好きなものについて書く、語るのは楽しい。でも同時にすごく難しいことだとも思う。好きなものを主張するだけでは、物足りないのではと感じる。誰かとその面白さを共有したり、違う考えに感心したり、意見を言い合ったり。そうしているうちに私自身の考え方も変化してゆく。進化・深化する過程を楽しみたい。その一方でこの考えは変えたくない、貫き通したい信念があって、それが柵だとしたら結局ずっと柵の中じゃないか。ますます混乱してきた。


答えは出ない。柵は何時まで経ってもこのままかもしれない。柵の外に出るのが怖いのだとしたら、私は自分自身の無知を怖れていると思う。知らないことばかりで、それに気づくのが怖い。Web上であれ現実であれ世界は広い。呆れる程広く、深く、空高い。時には柵の中に戻ってもいいから、誰かと話し、歩き続けるしかないんだ。恥と落胆と共に。






クリスマスイブだというのにこんな記事を書く私は終わってる…。明日はもっとクリスマス気分で何か書こう。
by halca-kaukana057 | 2006-12-24 23:54 | 日常/考えたこと

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31