人気ブログランキング |

幸せのクラリネット

 今朝の「クインテット・プチ」のコンサート曲は「トルコ行進曲」(モーツァルト)。この曲のクラリネットパートを聴くと、いつも幸せな気分になれる。「クラリネット・ポルカ」も同じく。クラリネットって、なんて幸せな音が出る楽器なんだと、にんまりしてしまう。

 もし、ピアノ以外の楽器を弾く機会があるのなら、私はクラリネットかヴィオラを弾きたいとずっと思っている。中~低音域の楽器がもともと好きなのだが、クラリネットに関してはどう考えてもフラットさんの影響が大きい。ヒゲ面のでっぷり中年で、片耳ピアスに低音の声なのにオネエ言葉。魚を盗んだ猫に対してぶち切れて追いかける一方で、カボチャの馬車や白馬の王子様、サンタクロースを夢見るロマンチストで、後輩に楽譜を汚されたり棚を頭の上に落とされたりと不運な目に遭いやすいどうしようもないフラットさん。でも、あのクラリネットの朗らかで柔らかい、優しい音はそんなどうしようもないフラットさんを一瞬にして「イイ男」にしてしまっている。フラットさんのクラリネットを聴くたびに、クラリネットの魅力にどんどんはまっていってしまっている。


 オーケストラでのクラリネットは、同じ木管楽器ならフルートやオーボエの陰に隠れてちょっと目立たない。でも、ここぞという時にはあの魅力的な音を伸び伸びと出してくれる。クラリネット協奏曲もモーツァルトのだけじゃなくていくつもあるし、吹奏楽や室内楽では存在感が大きい。ジャズだってこなしてしまう。明るい音色だけじゃなく、ブラームスのクラリネット五重奏曲のような暗い音色も得意。フラットさんが歌う「友だちはクラリネット」では、そんなクラリネットのオールラウンドな活躍ぶりを堂々と語っている。

 人を幸せな気持ちにすることの出来る音色。それはクラリネットだけじゃなく、他の楽器でも出来る。だが、あののんびりと温かい音色に、やっぱりクラリネットっていいな~と思ってしまう。


*****

 そうそう、クインテット新DVDが3月23日に発売されます。
「クインテット ゆかいな5人の音楽家:なに!これ!」
オリジナル曲とドラマ中心。観た事のない新作(発売までに放送されるのだろう)も。
「クインテット ゆかいな5人の音楽家:収穫祭」
こちらはコンサートとアリアさんの「楽器の話」中心。「スティリアの女・帰途」に「金婚式」、「鉄道メドレー」も入ってる。楽器の話もクラリネット、マンドリン、ハープの3本。これは楽しみだ。

Trackback for:
「クインテット大好き!:「クインテット」新DVD、3月23日発売!」
 今回もジャケットは宗誠二郎さんのイラストなのですが、本当に可愛い。個展情報も。
by halca-kaukana057 | 2007-01-19 21:38 | Eテレ・NHK教育テレビ

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31