人気ブログランキング |

バロック音楽が分からない

 みなみさんのリクエストで、ペツォールト(J.S.バッハの作と言われていたが、実際はペツォールトのもの)の「メヌエット ト長調 BWV,Anh114」を録音しました。「クインテット」では4拍子に編曲された「ラヴァーズコンチェルト」として演奏されています。


ピアノ名曲120選 初級編
/音楽之友社








楽譜は音楽の友社「ピアノ名曲120選初級編」のものを使いました。また、オマケでキーボードを使ってハープシコード風、オルガン風のバージョンも録音。


 録音は録音置き場ブログへどうぞ。
ペツォールト (伝 J.S.バッハ):メヌエット ト長調 BWV Anh.II/114





 
 弾いてみて感じたのは、バロック音楽をどう弾いていいのか分からないこと。私はこれまでロマン派編重でやってきたわけだが、バロック音楽は曲想がはっきりしておらず、楽譜の装飾符の指示も楽譜によって大きく異なる。演奏者によっても異なる。だから、その曲が何を表しているのか分からず、どう弾いたらいいのかも分からない。この録音も、これでいいのかと思っている。もっとスタッカートを効かせた方がいいのかとか。今回はレガート気味に弾いてみた。旋律の流れを重視したかったから。バロックを弾くには、独学じゃ無理なんだろうと思っている。対位法を勉強するしかないのか・・・?(大学時代にとった楽典の授業では、さすがに対位法はやらなかった。音楽専門ではなかったので)

 あと、この曲はト短調のメヌエットと対になっており、楽譜の解説によるとト長調を弾いた後続けてト短調を弾き、また続けてト長調に戻ると書いてあった。ト短調はもう少し練習することにして、今度はその解説どおりに弾いてみようと思います。

ペツォールトに関する解説はウィキペディアでどうぞ。
by halca-kaukana057 | 2007-01-28 21:31 | 奏でること・うたうこと

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31