人気ブログランキング |

そんなヴィオラが大好きです モーツァルト編

 前記事のことを考えているだけでは何も変わらないので、とにかく記事を書いてみることにする。
 私はヴィオラが大好きだ。渋く落ち着いた甘い音色、オーケストラでは目立たないが中音部を支える縁の下の力持ち的存在としての活躍…。とにかく大好きだ。そんなヴィオラの魅力を堪能できる曲を何回かに分けて紹介しようと思う。1回目はモーツァルトの「弦楽五重奏曲第4番 ト短調K.516」

 短調の曲が珍しいと言われるモーツァルト。その短調の中でも、ト短調はモーツァルトにとって深い意味を持っているのだそうだ。交響曲第40番や歌劇「魔笛」でもト短調が効果的に使われている。この弦楽五重奏曲第4番も、ト短調の曲のひとつ。弦楽四重奏にヴィオラを加え、ヴァイオリン2、ヴィオラ2、チェロの編成。この2本のヴィオラが大活躍するんだな、これが。

 第1楽章の、軽快だけど悲しげな旋律にまず心を奪われる。悲しさで心が荒れているようにも聴こえるのだけど、大げさには聴こえない。第2楽章のメヌエットもト短調。第3楽章は変ホ長調とはあるが、しっとりとどこかに陰が感じられる。第4楽章は再びト短調。哀愁に満ち溢れた歌が続くと思いきや、中間部からは長調の明るい軽快な歌。でもどこかに後ろめたさを感じる。不安があって、解決しそうなんだけれども心の中では迷っているような。ヴァイオリンの主旋律の隙間から聞こえるヴィオラがいい味出してる。

 と、曲のほとんどが短調の不思議な曲。この暗さと、しっとりとしたヴィオラの音色が上手く合っていて、モーツァルトはいい曲を書いたなぁと思う。ヴィオラだって活躍できる場がちゃんとあるんだと思わせてくれる。

 この曲には個人的な思い出がありまして、何年か前に辛いことがあった時何気なくCD店で買い(どんな曲かは知っていたのですが)、その時の気持ちにぴったりはまってしまった曲。この曲を聴いているとその時のことを思い出します。まだ、その時の気持ちに整理がついておらず、迷いや不安を感じながら今も聴いています。この曲を早くすっきりした気持ちで聴けるようになりたいと思う今日この頃です。

モーツァルト:弦楽五重奏曲第3番・第4番
スメタナ四重奏団/コロムビアミュージックエンタテインメント

 この曲のおすすめ演奏はスメタナ四重奏団の。その、何気なく買ったCDがこれです。第3番も、明るく朗らかないい曲ですよ。






*****

 話は変わって、訃報。
<訃報>ロストロポービッチさん80歳=チェリスト (毎日新聞)
チェロのロストロポービチ氏が死去(朝日新聞)
 そんな、信じられません…。指揮もチェロ演奏も好きでした。朝日の記事より引用
「氏の死去でバイオリンのオイストラフ、ピアノのリヒテルら、卓越した技量と強烈な個性で君臨した旧ソ連の巨匠演奏家の時代は幕を閉じた。」
この部分が何とも…。親友だったブリテンのヴァイオリン協奏曲をこれから聴こうかと思います。ご冥福をお祈りいたします。
by halca-kaukana057 | 2007-04-27 22:11 | 音楽

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31