人気ブログランキング |

アリエッタはじめました

 ピアノ練習記録。

【ブルグミュラー25:タランテラ】
 この寒くて指が回らない季節に、こんな激しい曲を練習しています。冬向きの曲じゃないなぁ。なかなか速度をあげられず苦戦中。狂った感じを出すために、速度をあげたいのだが…。それと、この曲は脱力が出来てない=指の周りが堅いと弾きこなせない。以前思いついた脱力法もまだ不安定な状態。この脱力法をこの曲で試す…のはちょっと難しい。でも、やってみる。

 それと、困っているところがひとつ。
f0079085_2151396.jpg

第1主題から第2主題への受け渡しの部分。どう入ったらいいのやら…。間がうまくとれない。パッと手の位置を移動できず、いつも時間がかかってしまう。急ぐと確実に失敗する。落ち着いて間を空けると、何か違う……。困った部分です。

【グリーグ:アリエッタ】
 シベリウスが終わったところで、今度はグリーグ。グリーグイヤーもまだ終わっていません。弾くのは「抒情小曲集」の一番初めの曲「アリエッタ」。可愛らしい曲です。
f0079085_2155418.jpg

シューマン「見知らぬ国々」と同じような楽譜。でも、リズムが違う。今はソプラノ部分の歌を覚えこんでいる最中。バス部分も少しやってます。問題は真ん中アルト部分。ちょっとややこしそう…。

グリーグ全ピアノ作品演奏解釈
アイナル・ステーン・ノクレベルグ/音楽之友社


 練習の際、この本を参考にしています。グリーグのピアノ曲を、演奏する立場から解説した本。図書館から借りてきた。解釈・演奏のポイントが面白い。じっくり、キレイに歌いたい・歌わせたい。短い曲ですが、長い付き合いになりそうな気がします。グリーグの世界を堪能してきます。






 ちなみに、関係ないけど第九のコンサートに行ってきました。聴きながら思ったのは、ピアノはオーケストラの音を一人で再現できる長所はあるけれども、それを一人でやるのは本当に難しい。オケなら分担できるけど、ピアノは分担できない。一人で何役もやらなきゃいけない。今の私には、それはちょっと無理だ。でも、オケは無理でも、弦楽四重奏などの室内楽のイメージなら出来るかもしれない。オケで演奏する曲を室内楽でやってるのもあるし(例えば宮川彬良さんのアンサンブル・ベガとか)。まずはそれを目指そうと思う。

 第九コンサートの詳しい話はまた後日。アン・ベガの話が出たので一応書いておきますが、先日発売したアン・ベガCD聴いてます。本当に面白いです。その話もまた後日。
by halca-kaukana057 | 2007-12-09 22:06 | 奏でること・うたうこと

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31