人気ブログランキング |

寝ぼけ署長

 久々に山本周五郎を。

寝ぼけ署長
山本 周五郎/新潮社・新潮文庫

 とある地方都市の警察署の署長に就任した五道三省。彼はいつも署長室の椅子でぐうぐう寝てばかりいたため、「寝ぼけ署長」というあだ名を付けられていた。のん気で頼りないと思われていた署長。しかし、署長の側にいた者は語る。署長がどんな人間で、どんな仕事をしていたのかを。




 「寝ぼけ署長」なんて可愛らしいタイトル。だからのん気でおかしな警察署長と、その平和な日々を描いた作品かと思いきや大違い。山本周五郎唯一の探偵ものであり、山本周五郎だからこそ書ける作品だった。普段探偵もの・推理・ミステリーの類は読まないので、読みながら謎解きはせずに、とにかく物語を読んでみた。タイトルに反してとてもスピード感があって、キレがある。この作品で、街の人々や新聞記者たちは次第に署長のファンになって行くのだが、私も「寝ぼけ署長」のファンになってしまった。

 署長による爽快かつ温かい謎解きを読みながら、署長の犯罪や罪、人間に対する考え方に考えさせられることが多かった。人間が何故犯罪を犯すのか、犯してしまったのか。署長はその原因をしっかりと見つめている。目の前では「犯罪」が起こっている。でも、"何故"起こってしまったのか。犯人は、起こさざるを得ない状況にいたのかもしれない。事件の謎と共に、関わった人間の内面まで鋭く、温かく見つめる署長の人間に対する姿勢に、語り手であり署長の秘書的存在である「私」と共に頭が下がる思いだった。

 署長は、事件・犯罪、それから人間を目先のことだけでは考えないのだなと感じた。目の前にあるものや、現在と近い未来のことだけで考えない。目の前には無いもの、隠れて見えないもの、遠い未来のこと。そういうものを見通して、事件に立ち向かっていったのだと。作中の人々が事件を起こす際、必ず何かの理由があった。抱えている問題があって、それを何とか打破したくて事件を思いついた。その問題を解決して思い描く未来を迎えたいと思う一方で、そこに至る為の過程に大きな壁が存在する。その壁を壊すことだけを考えて、事件を起こす。その事件を起こした際の、どうしようもない感情をわかっているからこそ、署長は出来るだけ事件を起訴させない方法をとったのだろう。勿論、極悪人に対しては容赦しない。特に社会的弱者を経済的・身分的に追い詰める者は特に。ちょっと違うけど、「遠山の金さん」や「水戸黄門」を見ている気分。現代版「金さん」「水戸黄門」と言えるかも。


 やっぱり山本周五郎はいいなぁ。
by halca-kaukana057 | 2007-12-23 21:59 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31