人気ブログランキング |

「バルカロール」で辿り着いた「歌」

 梅雨で鬱陶しいお天気ですが、心は爽やかにピアノ練習記録です。

【ブルグミュラー25】
◇22:バルカロール(舟歌)
 前回の譜読み間違いを直し、最後の仕上げ。曲と曲の情景の流れ、立体感、歌うことに重点を置いて練習。持っているエッシェンバッハ演奏のCDや、ネット上にある音源を聴くと速いなと感じる。ゆったりのんびりとした雰囲気を出したかったので、楽譜の指定速度よりも遅めに。また、ペダルによる左手伴奏の伸ばし方・質感・広がりをどうするかで結構悩む。ペダルを使いながら、ああじゃないこうじゃないと試行錯誤。しかし、そうやって録音していると、「どう演奏するか」「表現すること」だけを意識してしまい、何のために演奏しているのかわからなくなってしまった。曲の情景や流れを表現することも大事だけど、それを表現するにはまず「歌う」ことが大事なんじゃないか。ベネチアのゴンドラの船頭さんのように、船に乗っているお客さんを楽しませつつ、自分も歌うことを楽しむように。ということで、開き直って歌うことに集中。

バルカロール 録音第4版
*この他にも2回録音してみた。


 いつも録音する時は、人前で弾いている訳でもないのにとても緊張する。手に汗をかいてしまうぐらい。この演奏の前にも録音していたのだが、やっぱり緊張して手に汗をかいていた。しかし、この録音の時はあまり緊張せず、気持ちよく演奏できた。「歌う」ことを意識して、考えていた演奏が出来るかどうかという心配をしなくなったせいだろうか。カラオケであれ、ピアノであれ、「歌う」ことは楽しい。快い。「歌う」たのしさを、この「バルカロール」で実感できた。いい経験になた曲です。さすがブルグミュラー。
 ブルグは23番「再会(帰途)」に進みます。「クインテット」でも「スティリアの女」と共に演奏されています。聴いても、楽譜を見ても、非常に難しそうな曲。でも、中盤の左手低音をずっしりと奏でてみたい。今度は録音してから譜読み間違いに気付く、なんてことがないように注意して譜読みしよう。


【クリーガー:メヌエット(「プレ・インベンション」35番)】
 ようやくバロックの曲の流れ・指使いに慣れてきた。小学生の頃弾いたのに、なかなかミスタッチを減らせず。小学生の時はどう弾いていたんだろう…細かいことは完全に忘れてしまった。
 楽譜を見て、おやと思った部分。
f0079085_2119595.jpg

 ABA形式のこの曲。第1主題はmfで。第2主題はp.
f0079085_21203957.jpg

 しかし、そのあと第1主題に戻ると、mfではなくmpになっている。ただ第1主題を反復しているわけではない。イ短調であるところからもシンプルで優しく、控えめな曲であることが伺えるが、ちょっとしたひねりを味わえる。
クリーガー:メヌエット ピアノ録音置き場ブログへ。ver.1と、ver.1.2です。

 あとから録音を冷静に聴いてみると、A部分ととA'部分の対比をあまり出せていないことに気がついた。タッチをまだまだ改善できるということか。ペダルなしの場合、ここが難しい。
 バロックは低音部がただの伴奏になっていないところが好きだ。この「メヌエット」は一旦終了して、このまま「プレ・インベンション」を続けよう。…でも、もう一度録音したい。すると思う。


[追記080628]
 またしても譜読み間違いが…。22小節目、左手の「ミーレド」のレを抜かしていました。
よって訂正を兼ねた再録音。
クリーガー:メヌエット 録音ピアノ録音置き場ブログへ。第2回録音です。

 かすかに雑音が入ってます。レをひとつ入れただけでも印象が変わる。さすがにここまで譜読み間違いばっかりやっていると落ち込みます。次の曲では間違えないように、慎重に丁寧に読むこと。ただなぞっているだけでは駄目だ。
 ちなみに、「プレ・インヴェンション」次は28番、レオポルト・モーツァルトの「ブレ」にします。
[追記ここまで]


【グリーグ:アリエッタ】
 ペダリングを考えながら練習中。仕上げ段階に入っています。どういうイメージで演奏したいかがまだまとまらない。CDやYouTubeなどでの演奏を聴くと、皆それぞれ。ゆったりとテンポを揺らしながら演奏していたり、テンポはあまり揺らさずさらりと演奏していたり。「アリエッタ」とは「小さなアリア」。この曲も「歌う」ことを意識した曲か。まだまだ悩む。


【ベートーヴェン:エリーゼのために(リベンジ)】
 まだ録音できる状態ではない。苦手箇所を部分練習。苦手箇所は以前と全く変わっていない。進歩していないということか…。
by halca-kaukana057 | 2008-06-19 21:40 | 奏でること・うたうこと

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31