人気ブログランキング |

読んだ本メモ

 とりわけ取り上げて書くほどでもないけど、これまでに読んだ本をメモしておきます。

 まずフィンランド関係。
「旅の指さし会話帳35 フィンランド」(青木エリナ、情報センター出版局、2002)
 フィンランド語を手軽に学べる本。イラストが多くわかりやすいです。フィンランド語をかじる程度なら十分使えますが、もうちょっと勉強したい人には不十分。でも、結構面白い本です。ちなみにこのシリーズ、いろいろな国の言葉が出ているのですが北朝鮮があるのには驚いた。北朝鮮って旅行に行けるのか?

 「フィンランド語は猫の言葉」(稲垣美晴、文化出版局、1981)
 日本から見ればマイナーなフィンランド語。現在は色々な本も出て学びやすくなってきたけれども、やっぱりあまり知られていない。そんなフィンランドへ1970年代に留学した著者の奮闘記。フィンランド語の難しさや北欧の暮らしが生き生きと書かれています。若干古いですが。

「トコトンやさしい宇宙ロケットの本」(的川泰宣、日刊工業新聞社、2002)
 タイトルのとおり、宇宙ロケットの仕組みがわかりやすく解説してある本。さすがは的川さん、説明がうまい。燃料のことからエンジンのこと、ロケットの飛ばし方とようやく理解できました。ただ、飛ぶ方向を制御するジャイロのことだけはよくわからなかった…。でも、このことを思い出しながらロケットの打ち上げを見たら面白そう。

「オケピ!」(三谷幸喜、白水社)
 ミュージカル「オケピ!」の脚本です。ミュージカル版を観たかったのですが、どこを探してもビデオもDVDも無い。あったとしても、ビデオ鑑賞の習慣の無い私は見ない可能性が高い。オーケストラピットの個性的な音楽家たちの人間模様がコミカルに書かれていて面白いです。個人的にはハープにイライラし、ヴィオラに同情。ピアノ役が小日向文世さんではまり役。

以上。
by halca-kaukana057 | 2005-09-27 20:17 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31