人気ブログランキング |

2006年 11月 23日 ( 2 )

牧場の少女カトリ 6


「牧場の少女カトリ」感想の続き。DVD6巻。



【第22話:春を待ちながら】
 ペッカが兄のいるクウセラ屋敷に向かう日がやって来た。牧場でペッカと別れるカトリ。カトリはペッカの後ろ姿を見て、母と別れたあの日のことを思い出し一人泣く。
 フィンランドに冬がやって来た。雪も降り出した。長い冬がやってきたのだ。牧場での仕事がなくなるので、カトリはグニンラおばあさんに教えてもらいながら糸紡ぎを学ぶ。なかなか筋がいいとグニンラおばあさんは誉める。外から帰ってきたテームはグニンラおばあさんのお話をせがむ。グニンラおばあさんはたくさんのお話を知っていて、また語るのが上手いのだ。家の中で過ごすことが多い冬には、グニンラおばあさんのような人が必要なのだ。
 夜、グニンラおばあさんはある家畜番の少女の話をはじめる。

<感想箇条書き>
・冬のフィンランド。葉を落とした白樺が美しい。
・ペッカとカトリの別れのシーン。それほど深刻な別れではないが、カトリには母との思い出がある。
・外から帰ってきたテームが一言。「熱いコーヒーをくれ」。さすがコーヒー消費量世界一のフィンランド。以前麦を刈るシーンでもウッラがハンナに「皆に熱いコーヒーを出して」と言っていた。昔からフィンランド人はコーヒー大好きなのか。
・夜、家の中で作業をする屋敷の皆。そこへ現れた小人…トントゥだ!そのトントゥの気配に気づき、首をかしげるテーム。表情がいい。
・グニンラおばあさんのお話…フィンランド版「鶴の恩返し」?
・美しくなった家畜番の少女が「ルパン三世・カリオストロの城」のお姫様に似ている。
・娘と王子様のシーンはフィンランドというよりドイツっぽい。




【第23話:熊と牛はどちらが強いか】
 羊の毛が染めあがった。カトリはシロの毛糸を受け取り感激する。カトリは織物もマスターしていた。
 グニンラおばあさんの話もそろそろ尽きてきた夜、アベルが吠えている。不審に思ったテームとビヒトリが見回りに行くと、なんと熊の足跡が牛小屋のそばにあった。心配になってウスコとカトリも見に行くが、そこでテームは熊と遭遇する。急いで家の中に非難する。熊はすでに冬眠から覚めたようだ。
 日が出ている時間が長くなり、だんだん雪も解けフィンランドに遅い春がやって来た。グニンラおばあさんもライッコラ屋敷を去ることになる。カトリは涙を流しおばあさんに別れを告げる。そのグニンラおばあさんが帰る途中、熊を森の中で見かける。ライッコラ屋敷の近所でも熊が牛を襲った。危険なのでカトリが牛を牧場へ連れて行くことは出来ない。もしこのまま熊が出続ければ、家畜番はカトリのような子どもではなく大人を雇わなければならない。カトリは不安になる。
 一週間して熊が見かけられなくなると、カトリは牛を牧場へ連れてゆくことを許された。だが、昼食後別の屋敷の家畜番が牛たちを急いで連れて帰るところに出くわした。熊が出たので屋敷に帰ることにしたのだ。カトリも急いで牛を連れて帰るが、その途中で熊に遭う。熊に追いかけられるカトリ。

<感想箇条書き>
・冬のシーンが短すぎませんか。冬はすることがあまり無いので見せ場が無いからだろうが、冬のフィンランドこそ見ものなのに。
・でも北国の春は良い。
・熊のおかげで仕事を辞めさせられる危機に直面したカトリ。どうなるんだ。
・熊に襲われるシーン。とにかく恐ろしい。そこへ熊に体当たりした牛のクロ。BGMはやっぱり「フィンランディア」闘争のテーマ。フィンランドはこんな力強く、美しく、ドラマティックな音楽を第2の国家に出来て幸せだ。




【第24話:出会いと別れ】
 熊に襲われたカトリを助けた牛のクロ。頭突きで熊を殺してしまった。クロは少し傷を負っただけで無事だった。カトリはクロに感謝する。
 熊に襲われたことで、牛の放牧は大人が付くことになった。カトリの仕事がなくなったのだ。考えたカトリは祖父の所に帰って相談してくることに決めた。それはライッコラ屋敷を辞めるのと同じだった。テームは他の屋敷でもカトリが雇われやすいように、職業証明書を書いてくれた。勤勉なカトリの仕事振りと人間性を褒め称えるものだった。ウッラはカトリに大切なハンカチを餞別として渡し、別れを嘆く。羊のシロはテームが買い取った。
 帰途、カトリは偶然ペッカに遭う。カトリの話を聞いて、ペッカはクウセラ屋敷に来ないかと誘う。クウセラ屋敷の主人はドイツに戦争に行っているため、ペッカの兄が全て任されているのだそうだ。すぐ来ないかとペッカに誘われるが、断って後で訪ねることにすると言い、ペッカと別れる。
 途中の村のいじめっ子を恐れて、カトリは全速力で村を駆け抜ける。しかし転んでしまったカトリは村にいたエミリアに傷を見てもらう。エミリアは看護婦で、途中までカトリ道をと共にする。エミリアの話を聞いたカトリは、エミリアのようになりたいと憧れを抱く。

<感想箇条書き>
・クロ強すぎる。カトリに一番可愛がられていたから、その愛情に応えたのだろうか。
・カトリとライッコラ家の別れ。皆いい人だったなぁ。特にテームが。
・いじめっこはカトリにとってトラウマのようだ。
・エミリアさん素敵。今後まだ何らかの形で出てきそうだ。
・エミリアさん曰く「ヘルシンキには女性の医者が何人もいる」20世紀初頭での話。さすが真の男女平等を実現した北欧諸国。



【第25話:島での出来事】
 家に帰って来たカトリ。祖父母はたいそう驚き喜んだ。カトリは母と別れた道を見て、母のことを思い出す。ドイツに行った母の消息はつかめていないままだ。母に会いたいとカトリは涙を流す。
 翌日、カトリは牛を放牧しながら再び働きに出ることを決めた。その頃、祖父は畑で胸を病んでいた。カトリが稼いできたお金を使って医者に行けば良いというが、祖父はきかない。やはり祖父母のためにもカトリは働きに出ることを決めた。ペッカが働くクウセラ屋敷に行くことを決めたのだ。
 学校から帰ってきてからマルティはカトリを訪ねる。カトリが釣りをしたいというので、二人はボートをこいで湖に出る。魚が釣れた後、かつて2人が雨宿りをするために上陸した島に行く。島には煙が見える。不審に思った2人がその煙を目指して歩くと、なんとあのハンナと泥棒がいたのだった。

<感想箇条書き>
・老いてゆく祖父母を見るとやりきれなくなる。
・父に頼んでカトリを学校に通わせようと言うマルティ。カトリはそれを断る。人に養ってもらいたくは無いと。たくましい。
・そんなカトリも釣りだけは苦手なのでした。
・またハンナか。懲りない奴だ。
by halca-kaukana057 | 2006-11-23 21:47 | フィンランド・Suomi/北欧

牧場の少女カトリ 5


 「牧場の少女カトリ」の感想続き。今回はDVD5巻感想。



【第18話:二つの火事】
 ライッコラ屋敷で以前働いていたというハンナは、家事を担当した。朝一番に起きたハンナはカトリたちを起こす。アベルを追い払おうとしたハンナは、アベルを蹴ってしまう。ハンナに噛み付いたアベル。ハンナは手にもっていたランプをわらの上に落としてしまい、わらが燃え始める。火事はぼやで済んだが、ハンナは何もしていないのにアベルが噛んだと言い張る。だが、アベルがとても利口であることを知っているテーム他ライッコラ屋敷の皆はアベルが何もしないのに噛み付くはずがないと言い、信じてくれないと嘆き、テームはあきれ返る。
 カトリは麦の刈り入れの手伝いをしている。そこへウッラとハンナが昼食を持ってくる。ハンナに対してうなるアベル。カトリは麦の刈り入れの後、牛と羊を連れて帰る仕事が残っている。カトリが帰ってくる頃には皆夕食を済ませていた。カトリは一人で夕食を食べようとするが、アベルのご飯がない。ハンナに聞くと忘れたと言う。カトリはハンナがアベルに意地悪をしていると察する。
 夕食後、サウナ小屋に明かりがついている。ウッラとアンネリがサウナ小屋で麻を乾燥させ、茎から繊維をとっているのだった。それを糸にして、冬になると織物にするのだ。麻を繊維にするところを見るのは初めてのカトリ。寝る前に「カレヴァラ」を読もうとするが眠いので寝ることにする。そしてカトリは明日が自分の10歳の誕生日であることを思い出す。
 寝静まった頃、何か物音がする。ペッカが働くペンティラ屋敷が火事になったのだ。

<感想箇条書き>
・冒頭から騒動を巻き起こすハンナ。犬嫌いなのか?
・アベルを信頼しきっているライッコラ屋敷の人々。確かに、今までの活躍ぶりをみると信頼せずにはいられない。
・サウナ小屋で作業するとなると、その間サウナには入れないのだろうか。サウナに入れないなんて、サウナ命のフィンランド人には耐え切れないことじゃないのか?
・ペンティラ屋敷の火事。ペッカの運命やいかに。



【第19話:隣どうし】
 カトリが牛を連れて帰ってくると、すでに牛舎に牛が6頭いる。ペンティラ屋敷の牛をライッコラ屋敷で預かることになったのだ。さらに、ペッカもライッコラ屋敷に寝泊りすることになったのだ。ペッカはカトリの隣の部屋に寝ることになった。火事の片づけで疲れていて眠いペッカだが、カトリがまだ起きていると聞いて動揺する。カトリとなるべく一緒にいたいのだ。だが、あまりにもふらふらしているペッカはやっぱり寝ることにする。
 ペッカが寝た後、カトリは麻の作業を手伝う。それはカトリにとって興味深いものだった。一方ハンナはアベルにお肉を食べさせようとする。疑って食べようとしないアベルだったが、食欲にはかなわない。肉に口をつけた瞬間、ハンナはアベルに水をかけてしまう。
 ペンティラ屋敷の6頭の牛は、ライッコラ家で買い取るつもりのようだ。他の牛も売るようだ。牛がいなくなってしまえば、家畜番の仕事はなくなる。ペッカはテンピラ屋敷を辞めることになるかもしれない。そう察したカトリはペッカと一緒に暮らせるのがうれしかったが複雑な気持ちだった。

<感想箇条書き>
・ペッカ、カトリに急接近。
・ハンナはどんどん本性を見せ始める。あまり頭が良いとは思えない。
・麻の作業を手伝うカトリ。カトリにとっては、全てのことが勉強なのです。



【第20話:来た人と去る人】
 テームの使いでテームのいとこの家から帰る途中、カトリはいじめっこに囲まれる。そこを助けてくれたのは馬車に乗ったおばあさんだった。そのおばあさんはグニンラおばあさん。冬の間ライッコラ屋敷に住んで、糸紡ぎや織物を教えてくれるのだ。かねてからグニンラおばあさんのうわさを聞いていたカトリは、いろいろ教えてもらえるのでとても嬉しかった。グニンラおばあさんを歓迎するライッコラ屋敷の人々だが、ハンナだけは歓迎しない。どうやらハンナの過去を捕まれてしまっているようだ。
 明日は羊の毛を刈り取る予定だ。しかし、ペンティラ屋敷では羊の毛が盗まれ、それをテームとウスコがうわさしていた。カトリとペッカが帰ってくると、テームはペンティラ屋敷の牛を買い取ったことを告げる。仕事が無くなったと落胆するペッカだが、ペンティラの主人からテームはペッカをライッコラ屋敷に寝泊りさせるよう頼まれていた。まだ一緒にいられると分かると、二人は喜ぶ。

<感想箇条書き>
・またいじめっこか。あんな可愛いカトリをいじめるなんて。
・ハンナの秘密を握るグニンラおばあさん。二人の緊張した関係はなかなかの見もの。
・麻の作業の手伝いに巻き込まれてしまったペッカ。本当に嫌々そうだ。あまりにも嫌いな作業なのか、とにかく雑である。笑える。
・羊の毛泥棒のスパイだったハンナ。ハンナは相当グニンラおばあさんを警戒しているようだ。



【第21話:アベルが狙われた】
 羊の毛を刈る日がやってきた。ペッカは4日間だけライッコラ屋敷の仕事を手伝うことになった。毛を刈った後、作業小屋の鍵について話し合うテームとビヒトリ。その会話をハンナは黙って聞いていた。
 カトリと一緒にいられる時間が短いことを悟ったペッカは元気が無い。カトリはテームにペッカを雇ってくれるように頼んでみると言う。それでペッカは元気を取り戻す。
 翌日、羊の毛泥棒が入る予定の日になった。仕事が終わるとカトリはペッカを雇ってくれるようにテームに頼む。だが、テームは雇えないと言う。ペッカを雇うためにはカトリを辞めさせる必要があるのだ。すっかり元気を無くしてしまったペッカ。麻の作業も無いので落胆して部屋に戻る。その頃、ハンナはこっそり作業小屋の鍵を開けていた。鍵が無いことに気づいたグニンラおばあさん。ハンナは床に落ちていたように見せかけて、鍵を元に戻す。そしてアベルに毒入り肉を食べさせようとする。勿論口もつけようとしないアベル。無理に食べさせようとしたハンナは、再びアベルに噛みつかれてしまう。そこでハンナはテームに頼んで、アベルを綱でつないでおくことにする。グニンラおばあさんはこっそりカトリに綱をほどいてあげてから寝るようにカトリに言う。
 そして皆が寝静まった頃、泥棒たちがライッコラ屋敷にやって来た…。

<感想箇条書き>
・毛を刈られてしまった羊を見て同情する(?)アベル。そのアベルの毛を刈ってしまうぞと追いかけるカトリ。ほほえましい2人。アベルは必死だろうが。
・ペッカを雇ってくれるように、一生懸命テームを説得する2人。そこでテームが一言「君が一番気に入ったのは、カトリじゃないのかい?」顔を赤らめる2人。…ペッカとカトリの仲は公認済み?というより相思相愛?マルティは…?(マルティはカトリと遠い親戚なので、いけない恋なのかもしれない…)
・やっぱりハンナは頭が悪い。犬のほうが賢いのに…。
・グニンラおばあさんは老賢者に決定。
by halca-kaukana057 | 2006-11-23 21:34 | フィンランド・Suomi/北欧

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)