人気ブログランキング |

2007年 03月 27日 ( 2 )

せきれいの月面三段跳び

 ピアノ演奏録音、どんどん行きます。

【ツェルニー100番】
HPのツェルニー100番ページへ
 7番。ツェルニーって苦手かもしれない。10番まではやると言ったのに、かなり不安になってきました。こんな練習ばっかりだと、確かに嫌になるかもしれない。恐るべしツェルニー。次の8番も難しい。本当に10番まではバイエル程度なのか?嘘ついてる?それとも、私の腕がダメダメなだけ…?

【ブルグミュラー25】
 どちらもHPのブルグ25ページへ

○11:せきれい
 なんとかリベンジ。一応あの速さについて行けるようになりました。微妙に滑ってる部分とか、強弱が甘いが。もう1回リベンジしますか?
 とりあえずどんな演奏にしたかったのか書いておく。以前はスタッカートを意識しすぎて伸ばすところをちゃんと伸ばしていなかったのだが、それに合わせてぴょーん、ぴょーんとスタッカートで音が跳ね、少しの間空中で漂っているような感じを出したかった。陸上の三段跳びか、月面でジャンプしているような(分かりにくい比喩で申し訳ない)。そろそろ北国にも春がやってきた。セキレイは、我が家の庭にもよくやってくる。もう少しすればチョコチョコと歩く可愛い姿が見られるだろう。そんな可愛いセキレイをイメージできたかどうか。

○16:小さな嘆き(甘い嘆き)
 ブルグミュラー短調キャンペーン第3弾。これまでの記事でも書いたとおり、弱音で内省的な前半と、我慢していた悲しみが抑えられなくなりそうな後半部分。
 ちょっと速かったかしら?前半はよかったんだけど、後半のヤマのフォルテが意外と出ない。2回目の録音をどうしようか…。(理由は「続きを読む」に)


 さて、やる曲も終わったので、いよいよシベリウス「即興曲 作品5-6」に取り掛かります。さあ、やってやろうじゃないかシベリウス大先生!グリーグ「アリエッタ(抒情小品集より)」も弾きたいので、なんとか没後50年メモリアルイヤーの今年のうちに完成させたい。

続きを読む
by halca-kaukana057 | 2007-03-27 20:48 | 奏でること・うたうこと
 ようやく「星のパイロット」シリーズを読みきった。第3作「ハイ・フロンティア」と第4作「ブルー・プラネット」、2冊まとめて感想。



「星のパイロット3 ハイ・フロンティア」
(笹本祐一、朝日ソノラマ文庫、1999)

 彗星争奪レースに勝ったスペース・プランニング社は、カイロン物産の劉建と賭けていた超音速大型航空機ヴァルキリーを獲得、美紀たちはそのテストフライトをしていた。しかし、そのテストフライト中に正体不明の戦闘機からミサイル攻撃を受ける。何とか逃れたものの、その後も攻撃が続き、それは宇宙開発産業全体に及んでいた。劉建はそれが謎の巨大経済団体によるものであることを突き止める。謎の団体の意図とは?

 宇宙開発産業の利権を狙う者との戦いがメイン。あまり宇宙空間に出てません。その、軌道上で美紀やチャンたちが決行したある作戦の部分が一番面白かった。チャン大活躍。第2作ではよく分からない存在だった劉建も大活躍。今後まだまだ絡んできそうな人。
 ハッキングに関するあたりはよく分からず。

*****



「星のパイロット4 ブルー・プラネット」
(笹本祐一、朝日ソノラマ文庫、2000)

 老朽化のため、ハッブル宇宙望遠鏡がその役目を終えた。美紀たちはその回収のミッションへ。その時、管制室にいたマリオは、スウと太陽系外地球型惑星の話をしている。
 その後、スウは宇宙軍が極秘で打ち上げ、運用しているらしい地球型惑星発見衛星のデータを持ってくる。それは勿論国家機密で、スウは犯罪を犯すのを覚悟してマリオにそのデータを見て欲しいと頼んだのだ。マリオは会社のパラボラアンテナを使って、その衛星に信号を送ってみることにする。届いたデータの中に、何があるのか…。

 太陽系外の、地球のような人類が住めそうな惑星探しが柱となる第4作。話の全体でスウが大活躍です。美紀はどこ行った?ってぐらいのレベルで。
 その秘密の軍事衛星にハッキングをかけるシーンや、そのハッキングのおかげでJPLが軍に占拠されてしまうシーンとか、ドキドキするシーンが多くオモシロイ。スウが最後にある発表をするシーンも。後半、ひとり奮闘するスウがなんともたくましい。宇宙を飛んでいるわけではありませんが、天文学上の大発見をしようと広大な宇宙に立ち向かう(小柄な)女の子が活躍する物語って、本当にいいですね。


 以上、「ロケットガール」シリーズから始まった宇宙SFライトノベルスペシャルはここにて終了。たっぷり宇宙を堪能できました。「ロケガ」はアニメも好評放送中。4月には第4弾「魔法使いとランデヴー」も発売予定。続編が出ますよ!!
 宇宙SFと言えば、漫画「MOONLIGHT MILE」もアニメ放送開始。「プラネテス」&「ふたつのスピカ」以来の宇宙SFアニメ化花盛りですな。結構結構。
by halca-kaukana057 | 2007-03-27 18:03 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)