人気ブログランキング |

2012年 06月 20日 ( 1 )

 1週間前、6月13日は小惑星探査機「はやぶさ(MUSES-C)」が地球に帰還してから2年。また、6月13日は「はやぶさの日」となりました
(ちなみに、宇宙関係の記念日では、4月12日がガガーリンの初飛行を記念して「世界宇宙飛行の日」、9月12日は毛利衛さんの日本人初シャトル搭乗を記念して「宇宙の日」。この日に関連して、子どもたちに宇宙に関心を持ってもらおうと宇宙をテーマにした絵画・作文コンクールも開催されています)。

 先日、NHKで放送された「サラメシ」にJAXA/宇宙科学研究所・ISASも登場。働く人々を支えるお昼ご飯を取材するこの番組。「はやぶさ2」のイオンエンジン開発担当者のお昼ご飯を取材。
NHK:サラメシ:これまでの放送

 初代「はやぶさ」で、深宇宙探査、小惑星往復飛行に欠かせない存在であることを示したイオンエンジン。しかし、「はやぶさ」では様々なトラブルがあり、あの手この手で切り抜けたものの、「はやぶさ2」では同じトラブルは許されない。初代「はやぶさ」はイオンエンジンで飛行し、小惑星のサンプルを採って地球に帰還する技術を実証する試験機。「はやぶさ2」が、小惑星探査の本番。初代「はやぶさ」の経験から、技術を改良したり、新たな方式にしたり。イオンエンジンも、中和器の改良や、トラブルは許されないけれど何かあった時に対処できるような手を仕組んでおいたり…現在も開発は進んでいます。そんなイオンエンジンの開発の合間のお昼ご飯。運転試験の合間に、30分だけ。でも、大事なお昼ご飯。腹が減っては戦…開発は出来ぬ。「はやぶさ2」が無事打ち上げられて、イオンエンジン稼動の時、この番組のことを思い出すかもしれません。

 6月13日は「はやぶさ」のことを思い出しつつも、思い出ばかりに浸っていられない。あのゴールから新しいスタートラインへ。どこまで先に進んだだろうか。もっと先へ、もっと遠くを見たい。更に先の「水平線」へ向かってゆきたい。勿論、自分自身も。(自分自身の進歩を振り返る日にもしたいなと思ってました)



 さて、日本は「はやぶさ2」の2年後の打ち上げに向かって邁進中…ですが、驚きのニュースが。
Togetter:嫦娥二号は静かに小惑星を目指していた
月探査情報ステーションブログ:12/06/17: 嫦娥2号、小惑星への探査を実施か

 中国の月探査機「嫦娥(じょうが)2号」。2010年打ち上げられ、その後月周回軌道に入り探査。ミッションを終えた後、ラグランジュポイントへ移動。「ラグランジュポイント」とは、天体力学で太陽と地球のように、大きな星の周りを小さな星が回っている軌道で、2つの天体との相対位置を変えずに回り続けられるような位置のこと。太陽と地球の場合、5つあるとされ、嫦娥2号はそのうちの月の外側にあるラグランジュ点2(L2)へ移動、留まっていました。このL2には、NASAの宇宙観測衛星「WMAP」もここにあります。また、「はやぶさ」も当初の予定では、地球へカプセルを投下した後、大気圏再突入はせずにこのL2を目指す予定もありました(トラブルで軌道変更のための燃料を失ってしまい、結局本体も大気圏再突入に変更されました)。

 月の探査を終え、エクストラミッションとしてL2へ移動するとは凄いな、新しいことをするための実験にするのかなと思っていたら…今度はそのL2を離れ、小惑星4179「トータティス」を目指すとのこと!来年1月に、小惑星とランデブー予定。まだ寿命がある、燃料も残っていることに驚くと同時に、月探査のエクストラミッションで小惑星探査まで目指してしまうなんて…!ただただ驚くばかりです。

 中国は先日有人宇宙船「神舟9号」を打ち上げ、既に打ち上げていた宇宙実験室「天宮1号」とのドッキングに成功。3人のクルーは現在、「天宮1号」で実験を行っているとのこと。独自の有人飛行も確立し、勢いがあるなぁ…凄いなぁ…と見ています。ちょっと羨ましい。そして、負けていられないとも思う。かつての国の威信をかけた米ソ宇宙開発レースのようなものとは違うと私は思っていますが、各国がそれぞれの技術・得意分野に磨きをかけて、有人飛行なり太陽系探査なり天体観測なりソーラーセイルなどの新技術の開発なり、まだまだ山積みの広大な宇宙の謎に挑んで欲しい。そう思っています。

 「はやぶさ2」のライバルはNASAの「オシリス・レックス」だと思っていたのですが、もしかすると新たなライバルが登場するかも…なんて…

 もたもたしている場合ではないようです。以前、JAXAが寄附を募るのを開始した記事を書きましたが、先日微力ながら寄附をしてきました。クレジットカードだけでなく、銀行振り込みでもできるようになりました。
JAXAに直接応援を
JAXA:寄附金
 ↑今年の4月から始まりましたが、4・5月で2000万円を突破してます!

 もちろん、今回だけではなく、継続的にしていきたいと思っています。直接応援を届けます。

 ちなみに、タイトルや本文で「水平線」と括弧書きにしたのは、勿論、この言葉を意識してです。
「高い塔を建ててみなければ、新たな水平線は見えてこない」
 (初代「はやぶさ」プロマネ・川口淳一郎先生)

by halca-kaukana057 | 2012-06-20 22:44 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)