人気ブログランキング |

2014年 10月 25日 ( 2 )

 昨日に引き続き、今日も国際宇宙ステーション・ISSが見ごろです。お天気もよく、今日も星見日和。

 西の空から昇ってきたISS。今日は高くまで昇ったので、長い時間観られました。観ながら、いつものようにコンパクトデジカメで撮影。はっきりと明るいISSの輝きに魅入っていました。そして、東の空に沈みながら減光し見えなくなりました。

 さて、撮れたかな…と確認したら…あれ、うまく撮れてない。最初の西の空から昇ってきたあたりは途中で切れている。何とかまともなのが、東の空に向かい減光していくこれ。
f0079085_224316100.jpg

 最後が切れてしまっている…。しかも、減光しているいいところで!ISS撮影は難しいなぁ。
 このISSは、ペガススの四辺形を抜け、減光しながら下に向かっています。画像右には、「三ツ矢サイダー」のマークに似ているみずがめ座の4つの星も写っています。
 昨日は春の星座とともに撮れましたが、今日は秋の星座とともに撮れました。残念構図ですが…。ISSは何度観ても、何度撮っても、同じものにならないのが面白く、奥が深いです。

*****

 さて、今、太陽には地球の直径の10倍という大きな黒点が出ています。日食グラス(日食メガネ)でも観られるということで、観てみました。太陽に黒いほくろのような点がはっきりと見えました。残念ながら画像は今日は撮れず。明日チャレンジできたらチャレンジしてみます。
アストロアーツ:太陽に巨大黒点が出現中
宇宙天気情報センター(NICT):黒点情報

 2009年、2012年の日食の時、使った日食グラスは保存してありますか?こんな黒点観察でも使えます。観測する際は、日食観測と同じように、必ず日食グラス越しで観ること絶対に、肉眼や双眼鏡・望遠鏡で直接見ないでください。日食グラスを使っても、長時間連続の観測は眼を傷める危険性があります。短時間、休み休み観察しましょう。もし、疲れや何らかの異変を感じたら、すぐにやめましょう。お子さんが観察する際は、必ず太陽観察の注意を理解した大人の人と一緒に。お子さんにも注意を説明しましょう。
 黒点を観測する時は、安全第一で!
by halca-kaukana057 | 2014-10-25 23:06 | 宇宙・天文
 いつもの切手と特印です。特印が私の日常の中にある、身近なものになっています。

 今回の切手は、「伝統工芸品シリーズ」。日本各地の工芸品を切手にしているシリーズです。
日本郵便:特殊切手「伝統的工芸品シリーズ 第3集」の発行
 昨日発行でした。

・以前のシリーズ(私のブログ記事はありません)
特殊切手「伝統的工芸品シリーズ 第1集」の発行
特殊切手「伝統的工芸品シリーズ 第2集」の発行

 第2集は後で買ったのですが、第1集は買えず。惜しいものを逃がした…。

f0079085_2228538.jpg

 ということで、特印。切手は三重の「伊勢形紙」にしました。どれを使おうかかなり迷いました。各1枚しかないし…。

 この切手の図案になっている伝統工芸品は、観たことあるものから全く知らないものまであります。私の地元のもの、いつも見慣れているものもあります。どれも、その地域で作られ、使われてきたもの。日常で身近に使えるものもあれば、高級で和室の床の間に飾ってありそうなものも。どちらにしろ、その地域の産業を、文化を、生活を支えてきた。そんな各地の伝統工芸品が切手になる…共通点を感じます。メールやSNSが主流になっていますが、手紙やハガキは廃れていない。寧ろ見直されている。切手は私たちの生活の身近なところにある。その切手に、各地域で身近にある伝統工芸品が。これからも、どちらも私たちの生活の中にあり、そばにある存在なんだなと思います。
by halca-kaukana057 | 2014-10-25 22:37 | 興味を持ったものいろいろ

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)